• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 宝塚大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 田中 美涼さん(東京メディア芸術学部/制作進行管理)

私立大学/大阪・東京・兵庫

タカラヅカダイガク

先輩の仕事紹介

進行管理であり“話し相手”。そんな縁の下の力持ちとして、クリエイターを支えたい

制作進行管理
ゲーム領域/2016年卒
田中 美涼さん

この仕事の魅力・やりがい

キャラクターデザイナーと背景デザイナーで構成されているチームの制作進行管理を担当しています。多いときでは10作品が同時に進行しているので、その全てにおいてスケジュールを把握することはもちろん、他チームと連携を取ることも欠かせません。その中で心がけているのは、円滑な進行かどうかのチェックはもちろんのこと、スタッフ一人ひとりが気持ちよく作業できるようにすること。だからこそ、メンバーとはしっかりコミュニケーションを取るようにしています。作業に行き詰ったり悩みがあったりしたときは、一人で抱え込まずに打ち明けてもらえる存在でありたい。縁の下の力持ちとして、クリエイターと作品を支えていきたいです。

学校で学んだこと・学生時代

授業では、ゲーム業界で活躍している講師がゲーム開発における一連の流れを教えてくれますし、「これを作りたい」が実現しやすい環境だったと思います。加えて、私を大きく成長させてくれたのは学内イベントの運営に関わったこと。特に東京ゲームショウは1年から先輩のサポートをしながら参加し、4年次は自分達が主体となって出展しました。ゲームのクオリティはもちろん、ブースの見せ方やデザインといったところまで自分達で考えるため、仲間とのコミュニケーションは非常に重要。そこでの“どうやったら相手に伝わるか?” “全員で考えを共有するには?”と試行錯誤した経験は、多職種が関わる今の仕事に大きく役立っています。

担当チームとの会議。進行や問題点についてヒアリング

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校までパソコンが苦手だった私。ゲーム制作を通してPCの操作やクリエイティブなソフトを覚えたいと考えました。とはいえ、デザイナータイプでもないし、企画を思いつくわけでもない。そんな私に、先生が早い段階で「田中は制作進行管理に向いているんじゃないか?」とアドバイスをしてくださりました。少人数の授業が多く、先生が一人ひとりの適性を見てくれているからこそ。おかげで就職活動は制作進行に絞って取り組み、現在の会社に就職が叶いました。映像やゲームを作る上では欠かせないMayaやUnityといったソフトの操作は一通り把握しているので、クリエイターとのコミュニケーションにもつながっていますね。

社内・社外のデザイナーの特徴を把握して作業を分担

田中 美涼さん

株式会社デジタル・フロンティア/ゲーム領域/2016年卒/大学時代は学祭の実行委員長、自治委員、東京ゲームショウの実行委員など、様々な学内イベントに関わり、リーダー的なまとめ役として手腕を発揮。大学教授のアドバイスで進行管理の職種に的を絞って就職活動を行い、見事現在の会社に就職。アセットチームコーディネーターとしてプロジェクトクトのスケジュール管理、人員配置、他チームとの連携などに関わっている。趣味は舞台鑑賞。月に一回は好きな劇団の公演に足を運ぶことでリフレッシュできるという。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

宝塚大学(私立大学/大阪・東京・兵庫)