• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 大阪
  • 宝塚大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 香川 萌音さん(看護学部 看護学科/看護師)

先輩の仕事紹介

退院していく患児の姿や、「ありがとう」の言葉がいちばんのやりがいです

看護師
宝塚大学 看護学部/2019年卒
香川 萌音さん

この仕事の魅力・やりがい

小児系診療科の看護師として、患児の看護や家族への心理的サポート、退院後の指導を行なってます。患児や家族の方に「ありがとう」と感謝された時や、無事に完治して退院する姿を見ると、とても嬉しくやりがいを感じます。長期間の治療は、子ども本人はもちろん家族の不安はとても大きいものです。子どもたちやその家族の思いに耳を傾け、なるべくその子の個性に応じた看護ができるように努めています。処置や検査前には、絵やおもちゃなどでこれから何をするのかを年齢に応じて分かりやすく説明し、苦痛な処置を頑張れた時は、シール表を作成したりビーズやブロックのパーツを渡したりなど、視覚的にも評価できるように工夫しています。

学校で学んだこと・学生時代

看護実習では、患者さんとのコミュニケーションを積極的に行い、たくさんの情報を得ることや信頼関係を築くように心がけていました。患者さんとの関わり方に悩んでいた際に、どの先生もとても親身になって話を聞いてくださり、いつでも相談にのってくれたことが記憶に残っています。担当した患者さんから、「貴方がいてくれてよかったです」と言っていただき、看護師になりたいとより強く思いました。また、本学は芸術系学部を擁する大学ならではの取り組みとして、看護教育に「芸術」を取り入れています。小児診療科で働いているため、子どもたちとのコミュニケーションとして絵を描くことが多く、在学中に学んだ芸術の学びが役に立ってます。

アクセスがよく卒業後も気軽に図書館を利用できます

分野選びの視点・アドバイス

大学選びは、自分の目で大学の雰囲気を確かめたり、実際に通っている先輩から話を聞くことをお勧めします。先輩の学校生活を知ることで、入学後のイメージを具体的に持つことができます。宝塚大学は先生方と学生の距離がとても近く、疑問や不安に思うことをなんでも相談しやすい環境です。私も先生方へさまざまな相談をして、アドバイスを頂きながら学んでいました。また、キャンパスが大阪の中心地である梅田にあり、気軽にアクセスできるため、卒業後も先生へ仕事の悩みなどを相談しに訪れる卒業生も多くいます。きめ細かなサポートのもと看護師をめざしたい方は、ぜひオープンキャンパスなどで宝塚大学に訪れてみてください。

病院もIT化が進んでおり、看護師もPCスキルは必須です

香川 萌音さん

大阪市立総合医療センター/宝塚大学 看護学部/2019年卒/小児神経・血液腫瘍内科の看護師として働く香川萌音さん。同じく看護師をしていた祖母が、患者のために精一杯働く姿に影響を受け、同じ道を歩むことを決意。宝塚大学に入学した。勤務先である大阪市立総合医療センターには、教育体制が整っていたことや、大阪府で唯一の小児がん拠点病院の総合病院であり、小児看護について深く広く関わることができる環境に惹かれて就職した。これからの目標を訪ねると、「さまざまな経験を積み、あらゆる側面から患児の状態をしっかりと観察し、子どもや家族がその人らしく生活していけるような看護が行えるようになりたいです」と語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

宝塚大学(私立大学/大阪・東京・兵庫)