• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 北海道
  • 北海道科学大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 保健医療学部
  • 義肢装具学科

私立大学/北海道

ホッカイドウカガクダイガク

義肢装具学科

定員数:
50人

高性能な義肢・装具開発に不可欠な工学の知識を学び、幅広い分野で活躍できる義肢装具士を目指します

学べる学問
  • 医学

    理論と実践を通して病気の予防・治療法を研究する

    人間の命と健康を守るため、基礎医学、臨床医学、病院実習などを通してその知識と技術を学ぶ。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

目指せる仕事
  • 義肢装具士

    全国にたった5000人。義手・義足づくりの専門家

    義肢装具士は、病気や事故で手足を失った人や身体に障がいがある人のために、人工の手足や補助道具を製作する専門家です。義肢装具を製作するための専門知識や技術だけでなく、医学やリハビリテーションに関する知識、コミュニケーション能力も磨き続けることが必要な仕事です。義肢装具士になるには、専門の養成施設で学び、国家資格を取得しなければなりません。義肢装具士の養成施設は全国にわずか10校のみ(2017年5月現在)となっています。資格保有者も約5000名とまだまだ発展途上の業界ですが、義肢装具の技術発展は著しく、それらを扱うことのできる高度な知識をもった義肢装具士の需要は増加しています。海外やスポーツの現場など、活躍のフィールドも年々広がりつつあります。

初年度納入金:2019年度納入金(参考) 165万円 

学科の特長

学ぶ内容

一人ひとりのニーズに対応できる最新の工学と医学の知識を兼ね備えた義肢装具士を育成
手足の代わりとなる最新の義肢や、低下した身体機能を補う装具を作る義肢装具士を育成します。細かいニーズに的確に対応できる最新の工学・医学知識と、臨床現場での問題解決能力の修得、さらにチーム医療のための各専門職との協調を学び、義肢装具士の国家資格取得を目指します。

カリキュラム

国家資格に対応した科目と最新の義肢・装具開発に必要な工学分野科目も充実
「義肢装具士(PO)」の国家資格に対応したカリキュラムで構成されています。近年はコンピュータを使った義肢ができるなど、POにも工学の知識が不可欠です。本学科では、機械工学や電子工学、制御工学など、高性能な義肢・装具の開発に必要とされる工学知識を広範に学ぶことができます。

授業

実際の麻痺患者さんに対して装具を設計・製作し、その効果を検証する「装具学実習IV」
下肢麻痺患者さんの協力のもと、現在使用している装具での歩き方を評価させていただき、より良い歩き方の可能性を検討し、装具を設計・製作します。評価には動作解析装置を用い、歩き方や装具の効果を客観的に捉えます。科学的な思考をもとに課題を解決できる義肢装具士の育成を目指す、本学科の代表的な科目の一つです。

先生

理想的な義肢・装具の設計について研究する昆先生
装具学、品質管理学などを研究する昆先生は、義肢・装具がもたらす心身への影響をデータ収集し、最適な義肢・装具の設計に活かす実験を重ねています。ゼミでは、運動学的見地から身体にかかる疲労や負荷の低減を目指した膝装具の研究にも力を入れ、2018年7月の学会で昆先生やゼミ卒業生が研究成果を発表しました。

卒業後

4年制大学ならではの多彩な進路
4年制ならではの教育を反映し、進路も多彩です。卒業生は、病院などの医療機関や義肢・装具製作施設、医療機器メーカー、福祉機器メーカーなどに就職しています。さらに本学科では大学院進学の選択もでき、修了後は医療・福祉機器の研究・開発や、義肢装具士を育成する指導者の道にも進んでいます。

施設・設備

義肢装具士としての実践力を養う充実した施設・設備
本学科の実習室や演習室には、三次元動作計測装置(モーションキャプチャー)、筋電計、代謝測定装置、足圧分布計測器など、全国有数の設備が揃っています。工学部、保健医療学部各学科とのコラボレーションで、総合大学ならではのカリキュラムのもと、実践力が養われる充実した実習を行うことができます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 義肢装具士<国>

義肢・装具製作技能士(2級)
義肢・装具製作技能士(1級)(卒業後、実務経験4年もしくは2級取得後2年で受験資格を取得)

目標とする資格

    • 介護職員初任者研修修了者 (2級/旧ホームヘルパー) 、
    • 福祉用具専門相談員 、
    • IT パスポート試験<国> 、
    • 基本情報技術者試験<国> 、
    • 福祉住環境コーディネーター検定試験(R)

    福祉用具プランナー

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職希望者数27名、就職者数27名 )

主な就職先/内定先

    高田義肢製作所、POライフ、馬場義肢製作所、新和グループ 、 エンパイアー、シュリット、プロントコーポレーション 、 有薗製作所、舟木義肢、洛北義肢、エイジェック 、 エヌ・オー・ティー、武内義肢製作所、佐々木義肢製作所 、 青森日東義肢製作所、シラック・ジャパン、日本義肢製作所 、 P.O.イノベーション、DMM.com OVERRIDE、田村義肢製作所 、 北海道警察(嘗察官)、社会福祉法人札親会 ほか

※ 2018年3月卒業生実績

入試・出願

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒006-8585 北海道札幌市手稲区前田7条15丁目4-1
フリーダイヤル 0120-248-059
nyushi@hus.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
北海道札幌市手稲区前田7条15丁目4-1 「手稲」駅からバス 約9分 北海道科学大学前 下車 すぐ
「手稲」駅から徒歩 25分
「宮の沢」駅からバス 約25分 北海道科学大学前 下車 すぐ
「手稲」駅からタクシー 5分

地図

 

路線案内


北海道科学大学(私立大学/北海道)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る