• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 愛知
  • 名古屋外国語大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 梅村 玲於さん(外国語学部/グローバルバイヤー)

交渉には言語を含めた相手国への理解が欠かせません。

先輩の仕事紹介

「部品のための部品」を、世界から調達しています。

グローバルバイヤー
外国語学部 中国語学科/2015年3月卒
梅村 玲於さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

国内外の自動車メーカーに製品を供給する部品メーカーで、エンジン回りの「部品をつくるための部品」を世界中のサプライヤーから調達しています。ただ単に値段の安い取引先を探すのなら話は簡単ですが、我々がめざすのは品質向上が大前提でのコスト削減。求める技術力を満たすサプライヤーを厳選し、合理的に原価を下げられる方法を一緒に考えます。例えば完成までに4工程が必要な部品を、3工程でできる方法を検討し、当社の技術部や設計部に提案することもあります。こうしたすり合わせを重ねて、よりよい製品をより安く世界に供給し、豊かなクルマ社会をつくること。それが私の仕事の使命であり、原動力になっています。

業界ココだけ話!

国内外の多くのサプライヤーとかかわる調達の仕事。メールや電話で商談を進める担当者もいますが、私は直接会って話をすることにこだわっています。なぜなら、私が担当する中国では、とりわけ担当者同士の信頼関係が重視されるから。本格的な商談に入る前に、中国語で趣味や家族のことなどを話すと一気に距離が縮まり、交渉も上手くまとまるのです。この姿勢の大切さは、在学中にした中国留学で学びました。限られた時間を悔いなく過ごしたかった私は、留学中に中国人向けの宿舎で暮らしたり、野球の国際大会に出場したりと、現地でさまざまな「直談判」を試みてそれらを実現させました。その経験が今の仕事に大いに役立っています。

学校で学んだこと・学生時代

名古屋外大には学生の挑戦を後押ししてくれる風土があります。私の場合は、留学に加え、課外活動でもハンドボール部の創設や大学のイベントスタッフなどを通して、多くのつながりができました。人がつながることで大きな力が生まれ、個人も成長できる。その楽しさを学べたから、会社でも部署を超えた野球チームを創設しました。純粋に楽しむことが目的だったのですが、今まで以上に他部署間でのコミュニケーションがとれ、業務にもいい影響が出ています。信頼できる仲間に囲まれながら、今後も調達の業務を通して素材や工法から取引先の経営状況までを広く学び、その後はグローバル営業の部門で、当社の製品を世界に売り込むのが目標です。

梅村 玲於さん

アイシン精機株式会社勤務※2021年4月にアイシン・エィ・ダブリュと経営統合予定です/外国語学部 中国語学科/2015年3月卒/「大学はチャレンジの場」ととらえ、0から学べる中国語学科に入学。半年間の留学を経て、目標のHSK5級も取得。留学中は現地の野球連盟に所属して国際大会に出場したほか、現地の学生と有名な歌唱大会にも参加。また名古屋外大でも自ら創設したハンドボール部の部長としてメンバーをまとめ、数々の大会に出場するなど、課外活動も全力で楽しんだ梅村さん。就職活動ではこうした経験で培った「努力を結果につなげる」姿勢にこだわり、大学が開催する面接やSPIの講座をフル活用して、現在に至る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
名古屋外国語大学(私立大学/愛知)
RECRUIT