• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 名古屋経済大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 経営学部

私立大学/愛知

ナゴヤケイザイダイガク

経営学部

企業経営に関する基礎知識の修得を目標とした学びが充実。基本を学び、社会に貢献できる人材を育てる。

学べる学問
  • 総合政策学

    学問分野の枠を超え、現代の社会問題解決に向けて研究する

    複雑化・国際化した現代社会の課題を解決するための政策立案・遂行に向けて、学問の枠を超えて研究し、問題の解決手法を探る。

  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 商学

    企業活動を客観的に評価するための理論と実践を学ぶ

    商学は、物を売り買いする、いわゆる商売(ビジネス)や企業の経営について学ぶ学問です。この学問に固有の理論や分析方法はなく、経済学や心理学、社会学といった学問分野の理論を応用して研究を進めます。いわば、さまざまな学問の詰め合わせ的な性質を持った学問といえるでしょう。

  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • 観光学

    文化交流やビジネスの側面を持つ観光の研究を通じて、観光業で必要とされる知識や技術を学ぶ

    観光地計画・観光事業経営・観光文化などの分野がある。観光の理論から、ホテル業、旅行業などの実務的な知識も学べる。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。「コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問」というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。情報学の知識や技術をもった人材へのニーズはさらに高まっていくに違いありません。就職などの将来性は、安定しているといえます。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 国税専門官

    調査・指導で適正な納税を促す

    適正な納税額が申告されているか調査・検査を行う国税調査官、納期限までに納付されていない税金の催促や滞納処分を行う国税徴収官、悪質な脱税嫌疑者の家宅捜査など強制捜査を行い告発する国税査察官に分かれる。納税者の正しい申告についての指導も行う。

  • 自衛官

    日本の領土と国民を守り、国際社会の平和を担うプロ集団

    自衛官は、日本の領土、領海、領空を守ることを使命とした職業です。外部勢力から国を守る防衛、大規模災害などの事態への対処、国連平和協力活動(PKO)に代表される国際貢献がおもな任務です。防衛省の実動組織としての自衛隊には、陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊の3つの組織があり、自衛官を志す人は、いずれかを志望先として選択することになります。高校卒業後の進路には、自衛隊の中核となる一般曹候補生、2年または3年の期間限定で勤務する自衛官候補生があります。さらに防衛省には、幹部自衛官を養成する機関があり、国家公務員の業務として学業に臨むコースもあります。

  • 会社経営者

    会社の業績、戦略判断、すべてに関して最終判断と責任を負う

    会社が活動を行う上での、事業戦略、資金対策、取引先対応、社員管理などあらゆる問題について、次の方向を示したり難しい決断を下したりする最高責任者。大企業以外では営業活動の第一線で活躍していることも少なくない。

  • ショップ・店オーナー・経営者

    ショップの所有者兼店長。自分のアイデアをフルに生かして店を経営する

    自分の資金で店舗物件を借り、商品をそろえるため、開店したショップは自分の所有物(個人事業主)になる。オーナーであると同時に店長として店舗に立つ人が多い。業務内容は普通の店長と変わらないが、仕入れでも内装でも自分のアイデアを自由に実現しやすいのが魅力。経理や資金繰りなど経営面の責任は重大。

  • スーパーバイザー

    店舗ごとの状況を把握し、売上げ対策をアドバイス。店長の経営コンサルタント的存在

    コンビニや飲食店など、店舗をチェーン展開している会社の本部社員。複数の店舗を受け持って、商品の品揃えや従業員教育、販売促進策などを店長にアドバイスし、売上げアップをサポートする。ほかに、テレフォンコールセンターでオペレーターたちを管理する仕事も、同じ職種名が使われるので注意。

  • ファイナンシャルプランナー

    相談者の生活設計をサポートする“お金の専門家”

    ファイナンシャルプランナー(FP)は、相談者が希望するライフプラン(生涯生活設計)を実現するための、さまざまな計画や解決方法の提案といったコンサルティングを行う“お金の専門家”です。家族構成や資産状況などのデータを収集・分析したうえで、貯蓄計画、投資計画、保険・保障対策、相続対策などをプランニングし、豊かな生活を実現できるようにサポートします。「ファイナンシャル・プランニング技能検定」は国家検定に認定されており、3~1級試験の合格者は「ファイナンシャル・プランニング技能士」と称することができます。

  • 公認会計士

    企業の財政状況を、第三者の立場で公正に監査する

    売上げや利益、財政状況を公表するために企業が毎年行わなければならない決算の際、社内の経理・会計部門が作成した財務諸表や税額などを、第三者の立場で公正にチェックし、内容を証明する仕事。

  • 税理士

    納税の手助けをする仕事

    個人や企業の依頼に応じて、所得税、法人税、消費税、事業税、固定資産税など税務署に申告したり納税手続きを取る際の代行。また、会計帳簿の記帳や決算書の作成、その他の会計関係の指導や相談にも携わる。最近では、各社業務の合理化が図られているため、仕事の範囲や経営や財務の相談など税務処理以外にも広がってきている。

bug fix
初年度納入金:2019年度納入金(参考) 125万9010円 
bug fix

募集学科・コース

経営学科

学部の特長

学ぶ内容

企業経営に関する基礎知識の修得を目標とした科目を設け、基礎教育を充実させています
経営学の基本を身につけ、ビジネス社会はもちろん広く社会に貢献できる人材を育てることを教育目標にしているので、専門知識の修得だけにとどまらず、大学祭での模擬店経営を通して経営の実践を学ぶなど、企業経営の現場で活躍できる人材を育てる学びの場になっています。

カリキュラム

現実社会とリンクさせて経営学を学ぶ
社会科学の基礎を固めるのが1年次。人間の社会活動を理解するために必要な社会科学全般の基礎を学びます。
そして経営学の初歩を学び始めるのが2年次。こうして1、2年次に固めた基礎をベースとして、経営学を集中的に学習するのが3年次です。現実社会とリンクさせながら理解を深めることも特長です。これまでの学習成果を生かして、個々の学びを深めるのが4年次。興味があるテーマを選択して卒業研究を仕上げます。

授業

経営資源である「ヒト、モノ、カネ、情報」について理解する
経営学部で学ぶことのポイントに挙げられることが経営資源について理解を深めるということです。企業で働く人材であるヒト、企業が生産、販売する商品やサービスといったモノ、経営資源であるカネ、さらに情報についても学びます。企業を維持、存続させるために、これら経営資源を効率的、効果的にマネジメントする手法を身につけます。

実習

体験型プロジェクトやアクティブ科目で実践力を鍛える
体験型プロジェクトでは、地域の企業や行政と連携して現場を体験しながら学びます。教員からの一方通行な授業ではなく、学生自ら考え積極的に活動しながら学ぶアクティブ科目も充実。知識だけではなく実践力も鍛えることで、社会に出てから役立つ人材になることを目指します。

ゼミ

1年次から4年次まで少人数ゼミナールを開講しています
4年間を通して学生10名程度で構成する少人数ゼミナールを開講します。すべての学生が所属するゼミナールでは、基礎から応用、専門分野に至るまで教員がきめ細やかな指導を行います。初めて学ぶ分野もスムーズに理解でき、着実にステップアップができます。

学部のプロフィール

3学部が連携した専門共通基礎科目で社会全体を理解する
経済学、経営学、法学。すべて社会科学に分類される学問です。本学では3学部が連携して、3学部の学問の基礎をすべての学生が専門共通基礎科目として学びます。3学部が連携してカリキュラムを作ることで、所属する学部の専門分野だけを学ぶよりも、社会全体を理解しやすく、その後の就職試験や公務員試験にもスムーズにつながるのです。

問い合わせ先・所在地

〒484-8504 愛知県犬山市内久保61-1  
TEL:0568-67-0624(入試広報部)

所在地 アクセス 地図・路線案内
犬山キャンパス : 愛知県犬山市内久保61-1 「田県神社前」駅から無料スクールバス 5分
「田県神社前」駅から徒歩 15分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

名古屋経済大学(私立大学/愛知)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る