• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 愛知
  • 名古屋経済大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 法学部

私立大学/愛知

ナゴヤケイザイダイガク

法学部

基礎学力、法学基礎力、社会人基礎力。3つの基礎力を鍛え、法的視点で問題を解決する能力を磨く

学べる学問
  • 法学

    法律の解釈や運用のしかたを学ぶ

    国家と国家、個人と個人の利害の対立や意見の不一致を調整するためのルールである法の精神を体系的に学び、法の役立て方を追求する。

  • 政治・政策学

    行政・都市・民族・外交・産業など多方面から政治のあり方を考える

    政治学では、理論と実例研究を通して国際社会や国家、地域社会などの政治現象を研究する。政策学は、フィールドワークを基礎にした問題発見・解決型の社会科学。

  • 総合政策学

    学問分野の枠を超え、現代の社会問題解決に向けて研究する

    複雑化・国際化した現代社会の課題を解決するための政策立案・遂行に向けて、学問の枠を超えて研究し、問題の解決手法を探る。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 警察官

    日々の防犯活動と、事件・事故の迅速な解決が要。人々の生活と安全を守る

    社会の治安を守るために、個人の生命や身体、財産を保護し、犯罪の予防や鎮圧、捜査、被疑者の逮捕、交通の取り締まりなどを行う。警察官には、巡査、巡査長、巡査部長、警部補、警部、警視、警視正、警視長、警視監、警視総監といった階級がある。

  • 消防士

    火災や災害の現場で人命を守り、防災にも努める

    火災から人命、財産を守るとともに火災、水難、地震などの災害による被害を極力軽減し、予防にも力を注ぐ。建設物の防災上の安全確保の検査、ガソリンスタンドなどの危険物施設の許可行政、危険物取扱者に対する指導などもその仕事の一つ。

  • 刑務官

    服役中の人たちの生活指導や職業訓練に当たる

    刑務所や少年刑務所、拘置所などで、収容されている人たちに生活指導を行ったり、職業訓練指導を行う。施設の管理や保安・警備なども仕事の一つだ。

  • 入国審査官

    国際空港などで、不法入国などがないよう管理する

    全国の入国管理局や空港などで、入国審査を行う。外国からの不法入国者やパスポートの不備、ビザの有無などチェック管理や、法律に反する荷物の持ち込みなどを防ぐ監視役。

  • 弁護士

    高度な法律知識で、依頼人の権利を守る

    裁判所の法廷において、代理人または弁護人として、依頼人の法律上の権利や利益を守り、国家権力による人権侵害から守る仕事。また、法律相談や契約書・遺言書などの法律文書の作成を始め、示談交渉などあらゆる法律事務処理を行う。

  • 検察官

    犯罪に訴えを起こすことができる唯一の職業

    刑事事件が起きたとき、警察官が捜査を進めますが、行われた犯罪に対して裁判所に正しい法律の適用を求めることができるのは検察官にのみ許された仕事です。被疑者を裁判にかけることはその人の一生を左右する可能性があるため、正義感だけでなく強い責任感が求められます。検察官になるには、最難関の国家試験である司法試験に合格する必要があります。

  • 裁判官

    法秩序を維持し、人権を守る司法の番人

    最高裁、高裁、地裁、家裁、簡易裁判所など全国にある裁判所で、民事、刑事、行政、家庭、少年など訴訟事件を審理し、事実を認定したうえで、法律を適用し、判決を下す。国民の権利擁護と、法秩序を維持するのが職務。

  • 司法書士

    市民の権利を守る法的手続きの専門家

    依頼人に代わって、裁判所や検察庁、法務局などに提出する書類を作成し、手続きを行う。不動産や商業上の登記手続きを行う場合もある。将来独立して、事務所を開設することも可能。

bug fix
初年度納入金:2019年度納入金(参考) 125万9010円 
bug fix

募集学科・コース

ビジネス法学科

学部の特長

学ぶ内容

物事の問題点を、法学的な視点から解明する力を養う
買い物や物の貸し借りを「契約」として捉えるなど、身近な物事から法学への理解を促します。法的な視点から物事の問題点を見出し解明する力、そして結論を出し、相手に理解させる伝達力の修得を目指します。

カリキュラム

法学に関する充実した専門科目がある
法学の基礎となる科目、さらに外国語や情報科目も広く学び、今後の学びの土台となる教養を1年次に身につけます。2年次は主要な法律の基礎を学びます。法律を専門的に学ぶのが3年次。充実した専門科目を開講していて、目指す進路や取得したい資格に合わせて、思う存分に学ぶことができます。4年次は学習の総仕上げ。就職や大学院進学など、法律の専門知識を深めながら将来の進路を定めます。

授業

基礎学力、法学基礎力、社会人基礎力。3つの基礎力を鍛える
法学のほか経済学や経営学の基礎も丁寧に学び、応用力を鍛えることで経済活動や企業経営を規律する法律の役割を理解して、対応する力を身につけます。

資格

資格取得をサポートする多様な講座を開講
授業として公務員試験や宅地建物取引士【国】資格取得の対策講座が開講されているほか、学内のキャリアセンターでも行政書士【国】試験やファイナンシャル・プランナー【AFP・CFP(R)】(3級)試験など、様々な試験対策講座が開講されています。そのため予備校に通うことなく、各種試験の合格を目指すことができます。

学部のプロフィール

3学部が連携した専門共通基礎科目で社会全体を理解する
経済学、経営学、法学。すべて社会科学に分類される学問です。本学では3学部が連携して、3学部の学問の基礎をすべての学生が専門共通基礎科目として学びます。3学部が連携してカリキュラムを作ることで、所属する学部の専門分野だけを学ぶよりも、社会全体を理解しやすく、その後の就職試験や公務員試験にもスムーズにつながるのです。

目指せる仕事

問い合わせ先・所在地

〒484-8504 愛知県犬山市内久保61-1  
TEL:0568-67-0624(入試広報部)

所在地 アクセス 地図・路線案内
犬山キャンパス : 愛知県犬山市内久保61-1 「田県神社前」駅から無料スクールバス 5分
「田県神社前」駅から徒歩 15分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

名古屋経済大学(私立大学/愛知)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る