• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 明治薬科大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 渡辺 圭さん(薬学部 薬学科/薬剤師)

私立大学/東京

メイジヤッカダイガク

患者さん一人ひとりに最適な医療を提供したいです

先輩の仕事紹介

治療に直接関わる薬剤師という仕事。責任の大きさと同じくらい、喜びも大きいです

薬剤師
薬学部 薬学科 卒/2015年卒
渡辺 圭さん

この仕事の魅力・やりがい

日本医科大学付属病院で、薬剤師として勤務しています。普段は、入院している患者さんに対して処方された薬の説明をすることはもちろん、医師や看護師からの薬に関するさまざまな相談にも対応しています。患者さんが薬をしっかり飲むためのアドバイスを行ったり、ときには患者さんとの面談や検査値などから薬剤の提案を行ったりしています。私たち薬剤師の意見は、治療に直接反映されるので、責任はとても大きいです。そうした責任の大きさと比例するように、患者さんが無事に元気になっていく様子を見届けられる喜びはその分大きいです。患者さんの退院する姿を見ると「頑張ってよかった」と、とてもうれしく思います。

この分野・仕事を選んだきっかけ

小さい頃、アトピーを持っていて常に薬がそばにあるような生活でした。体がかゆいときに塗り薬や飲み薬を使って症状が改善して「薬ってすごい!」と驚いたことが今の仕事を選んだ最初のきっかけ。そこから薬に興味を持ちはじめて、高校生のときに病院薬剤師の仕事の存在を知り、治療に関わることを仕事にしたいと思いました。大学4年次までは漠然と「病院薬剤師になりたい」と思っていたのですが、5年次に受けた実習で出会った薬剤師の先生の服薬指導、他職種との連携、そして何より患者さんを元気にするための知識・行動の全てに衝撃を受けました。「自分も先生のような薬剤師になりたい」と思い、未来の薬剤師像が明確になったんです。

学校で学んだこと・学生時代

在学中で一番印象に残っているのは5年次の実習。実務実習とコース特別実習・演習を合わせて長期にわたって同じ病院で学びました。患者さんの疾患や状況によって「薬の効果に限らない多様な知識」が求められることを実感できました。授業で学んだ知識はもちろん、実習で“経験した知識”は決して忘れません。また、長い実習期間で患者さんへの対応力も身につきました。今、働くうえで大切にしているのは「わかりやすく丁寧に患者さんへ薬の説明をする」ということ。こうした薬剤師としての基本的な姿勢も、大学の実習で学んだことです。これからも薬の専門職として、患者さんだけでなく他の専門職からも信頼される薬剤師を目指して頑張ります!

渡辺 圭さん

日本医科大学付属病院勤務 薬剤部所属/薬学部 薬学科 卒/2015年卒/現在は病院で薬剤師として活躍する渡辺さん。就職後も、新たに資格を取得するなど、日々勉強は欠かせないという。そんな彼が高校生へのメッセージを語ってくれた。「薬学科は在学期間が6年間と、一般的な学科に比べて長いです。でも、その分得られることも非常に多く、大学で学んだことがそのまま社会で活きると思います。本学はそれぞれの専門に特化した『コース』があるので、長期の実習ができるため、より多くの知識が身につけられ、経験を積むことができるのも魅力の一つ。高校生のみなさんが、大学の後輩として社会で活躍する姿を見られることを楽しみにしています!」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

明治薬科大学(私立大学/東京)