• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 立教大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 伊藤 健人さん(コミュニティ福祉学部 福祉学科/商品管理・生産管理)

私立大学/東京・埼玉

リッキョウダイガク

興味あることを追求し、行動に移すのが自分のスタイル

先輩の仕事紹介

中南米の新規事業を担当。会社の成長戦略を担っていることに責任とやりがいを感じます

商品管理・生産管理
コミュニティ福祉学部福祉学科/2015年3月卒
伊藤 健人さん

この仕事の魅力・やりがい

現在は、海外事業本部で北米と中南米を担当しています。北米では、「じゃがビー」の生地の安定供給と品質管理、工場で使う機械部品の輸出入に携わり、中南米では、新規事業の立ち上げを行っています。入社前は、海外事業に華やかなイメージを持っていましたが、実際はサポート業務など地道な仕事が中心。しかし、その仕事は現地の工場を安定稼働させるための大切な業務です。機械部品が届かなければ、取引先を含め大勢の人々に影響を与えることとなり、責任の大きさを感じます。海外事業の拡大は、当社の成長戦略における最重要課題です。市場開拓につながる事業で幅広い業務を任され、多くの人と共に進める仕事に、やりがいを実感しています。

学校で学んだこと・学生時代

立教大学に入学した理由の一つが、学部を問わず履修できる「全学共通科目」でした。1年次から新座と池袋の2つのキャンパスを行き来し、好きな科目を履修。主体的に学びを組み立てられる仕組みは、興味の幅が広い自分に適していました。学生時代は勉学の他に、外資系ホテルでのアルバイトに励みました。一流ホテルを利用する成功者の共通点を知り、また、一流の接客を学びたいと考え、ホテルの人事部に電話。ホテルスクールの学生や転職希望の社会人と共に面接を受け、採用されました。ホテルで働く中で、目標となる人と知り合うこともできました。自ら考え、行動し、新しい環境に身を置くことで成長できた学生時代は、充実度120%でした。

留学時代の仲間とは、今も連絡をとりあっています

この分野・仕事を選んだきっかけ

大学3年次には、アメリカに語学留学。立教の協定大学と、自分で探した大学の2校で、約1年間学びました。きっかけは、ホテルでアルバイトをした際に英語力の必要性を感じたこと。留学経験を将来の仕事に活かすことも考慮しました。カルビーに入社を決めたのは、海外展開に力を入れており、会社の成長と共に自身も成長できると考えたからです。知名度に比べて売上高が大きいとは言えず、その分成長の可能性や伸びしろも感じました。また現在、上司の許可を得て、英語力とビジネススキル向上のため、ビジネススクールに通っています。“自ら手を挙げて行動する”、今の積極的な自分の姿勢は、立教での学生生活で培うことができました。

海外の売上比率を30%以上にするのが、当社の目標です

伊藤 健人さん

カルビー株式会社 海外事業本部第一部米州グループ 勤務/コミュニティ福祉学部福祉学科/2015年3月卒/高校までは、主体的に取り組むほうではなかったという伊藤さん。転機は高校3年のとき。「高校最後の文化祭で演劇の主役に立候補し、演じきったことが自信になりました」。立教大学に入学後は、興味を持ったことに積極的に挑戦。ホテルでのアルバイトや留学を経験し、充実した学生時代を送る。「やらないで、後悔したくなかったからです」。趣味はスクーバダイビング。「家族で楽しんで、10年以上の経験があります」。アメリカ留学時代には、現地の人々と交流を図るためトレーニングジムに通った。「将来、個人経営のジムを立ち上げるのが夢です」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
立教大学(私立大学/東京・埼玉)