• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 和光大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 牧野 沙也加さん(表現学部 総合文化学科/WEBデザイナー・クリエイター)

私立大学/東京

ワコウダイガク

見る人の視点に立って考えることを心がけています

先輩の仕事紹介

とにかく好きで夢中になれることは、とことん究める!それが今の仕事につながってます

WEBデザイナー・クリエイター
表現学部 総合文化学科/2014年3月卒
牧野 沙也加さん

この仕事の魅力・やりがい

靴の中敷きなどの部品を作る会社で、主にネットショッピング業務を担当。WEBページを制作したり、営業活動に使う説明資料を作っています。仕事をするうえで心がけているのは、「わかりやすさ」「伝わりやすさ」。見る人の視点に立って、どうすれば相手に見てもらえるか、理解してもらえるかを考えることで、自然とアイデアも生まれます。例えば、文字は真っ黒ではなく、少し淡くした方が読みやすいとか、画像を際立たせるために周りを淡い色に加工したりなど、自分なりに工夫しているんです。以前、商品の流通を動画で表現した資料を作成したんです。社長から「イメージしやすくて、すごく分かりやすい!」と言われて、うれしかったですね。

学校で学んだこと・学生時代

大学の授業は楽しくてためになるものばかり。ゼミは中国文学を専攻しました。ただ文学作品を学ぶだけでなく、ゼミの先生が年に何度も中国に行かれて、実際に見てきた「今」の中国について話してくださいました。リアルタイムなお話で興味深かったですね。また「留学生サポーター」として、和光大学に留学しているたくさんの外国人留学生と、登山や餅つきなどのイベントを通して、楽しく交流できました。日本に比べると外国の方って、自分の意見をはっきり言う方が多いです。日本では「ワガママだと思われるかも」って遠慮しがちですけど、自分の意見をきちんと主張したうえで、人の意見も尊重することは大切だなって、思えるようになりました。

大学時代の思い出がたくさんつまった教室

分野選びの視点・アドバイス

「なんでこんなに好きなんだろう」とか、「ずっとやってても飽きない!」と思うくらい好きなことが見つかったら、それをとことん究めてください!私にとっては、それがまさに今の仕事につながっているんです。高校の頃からWEBページの編集・デザインとか、動画や画像の編集が好きで、夢中で取り組んでいるうちに、「もっと究めたい!」って思うようになりました。就職してからも、会社の方に、「パソコン作業が好きで、こんなことができます」ってお話しした結果、WEBデザインの仕事を任せてもらえるようになったんです。学生時代、たくさんのことを経験するなかで、「これだ!」と思えるものに出会えたら、ぜひ大事に育てていってください。

WEBに掲載する商品の写真も自分で撮影するんですよ!

【やっていて楽しい】を大事に働く先輩のインタビュー動画をチェック!

 

牧野 沙也加さん

靴関連製品メーカー勤務/表現学部 総合文化学科/2014年3月卒/東京都立深沢高校出身/進学に悩んでいるとき高校の先生に「大学を楽しみたいなら和光」と勧められて入学。「間違いなかった!」と牧野さん。「裏方の仕事が好きなので」メーカーへの就職を希望していたという。今の会社との出会いは、就職活動中に、たまたま会社のホームページが閉鎖されていたことだったとか。「リニューアル中だったんですけど、なんでこんな大事な時期にって(笑)。それからホームページのことが気になって、リニューアルされたあとも、『自分ならこういう風にするのに』とか。なんでこんなに気になるんだろうって思ってましたが…やっぱり好きだからですね」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
和光大学(私立大学/東京)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路