• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 京都
  • 佛教大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 中川 裕斗さん(教育学部 教育学科/中学校教諭)

先輩の仕事紹介

38人の生徒と毎日話をする。1年目の私がこれだけはやると決めたこと

中学校教諭
教育学部 教育学科/2016年卒
中川 裕斗さん

この仕事の魅力・やりがい

中学校の教師になって1年目。2年生のクラス担任も任されています。私は年齢が近いからこそ、生徒たちにとってお兄さんのような存在でいたいと思っています。しかし、生徒たちが発するいろんなシグナルに気づけるのは、毎日接している担任だからこそ。2年目は少し余裕ができると思うので、佛教大学で学んだことをもっと生徒たちに伝えていけたら最高です。

学校で学んだこと・学生時代

ゼミの先生からは「最初から全部完璧にできなくていい。自分ができることを1年間続けなさい」と教えられました。中学校の先生になった私が、この先生の教えを守って実行しているのは、担任するクラスの38人の生徒全員と毎日と話をすること。毎日生徒たちと話していると、ちょっとした変化にもすぐ気づくようになりました。そんなちょっとした手応えを感じるたび、ゼミの先生の言葉の重さを実感しています。

分野選びの視点・アドバイス

教員免許状や諸資格を取得する学生が多いことも、佛教大学の大きな特徴のひとつ。どの学部を卒業しても、教員免許を取得することができます(※)。文系の学部でも私のように数学の先生(中学校・高等学校)になりたいなら、数学の教員免許も取得できますよ。 ※保健医療技術学部を除く

中川 裕斗さん

京都市立中学校 数学科 教諭/教育学部 教育学科/2016年卒/教育学科で取得した免許/小学校教諭一種免許状、中学校教諭一種免許状(数学)、高等学校教諭一種免許状(数学)

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
佛教大学(私立大学/京都)