• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 國學院大學
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 関 愛華さん(人間開発学部 健康体育学科/体育教師)

私立大学/東京・神奈川

コクガクインダイガク

先輩の仕事紹介

教職への道を問いつづけた4年間を経て、生徒たちと向き合う現場の手応えを実感!

体育教師
人間開発学部 健康体育学科/2017年3月卒
関 愛華さん

この仕事の魅力・やりがい

まだまだ未熟な自分が、「先生」という責任ある立場になっていいのかな。確かな自信を持てないまま、学生時代は教員をめざしていました。しかし教壇に立つ今、現場で日々、試行錯誤を繰り返しながらも、教職という道に進んで本当によかったと実感しています。そう考えられるようになったのも、毎日接する生徒一人ひとりが心底かわいく思えて仕方ないから。すべてが完ぺきとはいかず、ときに失敗もしてしまう私を、生徒たちは「先生も意外と弱みを見せてくれるね」と温かく受け入れてくれます。そんな生徒たちの気持ちがとても嬉しくもあり、そしてこれから私自身が教師としてさらに成長するための、大きなパワーの源になっています。

学校で学んだこと・学生時代

人間開発学部の魅力をあげるとしたら、キャンパス全体にあふれるアットホームな雰囲気と団結力です。「大学の先生」と聞くと少し遠い存在のイメージがあるかもしれませんが、人間開発学部では先生との距離が近いのです。日頃から気軽に相談にのってくれた上、教員採用試験の対策でも先生方が細かに指導してくれました。そのおかげで本番直前まで実技や面接の練習に打ち込み、自信をもって本試験に臨むことができました。また、教職をめざす中では心が折れそうな時もあります。しかし、同じ目標を持つ学部の仲間たちと一緒に頑張れたので、本当に心強かったです。「先生になる」という夢を実現できたのも、この学びの環境が大きかったですね。

大学4年次は、教育実習や採用試験、卒業論文と、忙しくも濃密な1年でした。

これからかなえたい夢・目標

教員になると1年目から生徒と向き合い、毎日が「本番」の連続となります。そこで皆さんにオススメしたいのが、学生時代に「教職ボランティア」や「教職インターンシップ」を通じて数多くの現場を経験し、どう対応するのか、どう教えるのかなど、教師としての引き出しを一つでも多く持つことです。私は2年次から中学校の特別支援学級で教育ボランティアに参加しました。当初は児童への接し方も分からないレベルからのスタートでしたが、現場の先生方が働く姿にふれ、アドバイスも頂いたことで、現場だからこそ得られる多様な知識や技術を学ぶことができました。今後もこの引き出しをさらに多く増やし、厚みある教師として成長していきたいです。

教職をめざす皆さんは学生時代にたくさん現場を経験して、一つでも多くの引き出しを増やしてください!

関 愛華さん

武蔵村山市立第一中学校/人間開発学部 健康体育学科/2017年3月卒/高校時代の恩師であるソフトボール部コーチとの出会いをきっかけに、教職を志した関さん。教える時、ほめる時、叱る時、それぞれにメリハリある恩師の姿に教師という仕事の魅力を感じたと振り返ります。中学校に着任した1年目は、3年生の副担任と男子硬式テニス部の顧問を担当。受け持つ3年生のクラスが、中学校生活でラストとなる運動会において、見事な逆転優勝を飾った際は本当に嬉しかったそうです。「國學院での4年間は、悩みながらもそれを導いてくれるよい先生方や友人たちに恵まれましたね」。教師として大きな一歩を踏み出した関さんは、そう笑顔で話してくれました。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
國學院大學(私立大学/東京・神奈川)