• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 國學院大學
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 黒須 祐介さん(経済学部 経済学科/金融機関販売・営業)

私立大学/東京・神奈川

コクガクインダイガク

先輩の仕事紹介

国境を越えダイナミックに動く金融業界。タフなマインドで、可能性を切り拓く!

金融機関販売・営業
経済学部 経済学科/2012年3月卒
黒須 祐介さん

この仕事の魅力・やりがい

金融マーケットは1日24時間、1年365日、スピーディかつダイナミックに世界中のあらゆる都市で動き続けています。そのような金融業界の最前線にあこがれて、証券会社への就職を決めました。現在はデットシンジケーション部に所属し、地方自治体や企業が財政・事業資金を調達するための債券発行のお手伝いをしています。デットシンジケーション部の主な業務は、発行体と投資家の間に立って調整し、債券発行のアレンジを行うこと。さらに投資家の動向を精緻に把握し、これから発行する債券がいくらなら投資家は買ってくれるのか、市場のビッグイベントなどにも常に目を配りながら、それを正確によむのが私たちの大切なミッションです。

学校で学んだこと・学生時代

大学で何を学びたいのか。そう考えてまず頭に浮かんだのが「世の中のしくみ」を知ることでした。そこで社会を動かす血液といえる「お金の流れ」を学ぶために、経済学部に進みました。大学では関心の赴くまま、マクロ経済学や日本経済史、ベンチャービジネス、簿記と幅広く学びました。國學院の経済学部は3学科間の垣根が低いことから、経済学科の学生も経営学科の人気授業などを取ることができます。1年次から一つに絞るのではなく、4年間かけて多彩な知にふれて自らの伸びしろを広げ、進むべき道を見極められるのです。このような下地はすぐにつくれるものではありません。社会人になった今だからこそ、学生時代の学びの大切さを実感します。

豊かな教養力は、社会に出てからこそ活きてきます

これからかなえたい夢・目標

私自身は、自らを伸ばしていくことに貪欲なタイプです。その姿勢は学生時代から一貫して変わりません。そこで入社後4年半、都内支店で営業業務を経験したのち、成長するための次のステップとして現部署への異動を希望しました。ここであれば金融のプロフェッショナルとしてさらに高い専門性を身に付けることができると考えたのです。同僚や上司はもちろん、お取引先のご担当者様も金融を熟知している環境で、越えるべきハードルは数多くあります。しかし、ここで経験を積んでスキルを磨くことは、自己成長できる絶好のチャンスであると捉えています。金融業界という巨大なフィールドで、さらに自身の力を試していきたいですね。

金融のプロとして、さらにスキルアップをめざします

黒須 祐介さん

みずほ証券 シンジケーション本部 デットシンジケーション部 アソシエイト/経済学部 経済学科/2012年3月卒/大学時代は3年次から日本経済史のゼミナールに所属し、日本の保険制度の成り立ちを研究した黒須さん。「ゼミに入ったのは、専門性を高めたかったのはもちろん、サークルに入っていなかったのでゼミで仲間をつくりたかったんです」と、語ります。ゼミ長も務めたことから、ゼミ生たちをまとめ、グループでプロジェクトを成し遂げたのも有意義な経験になったそう。「國學院には学生のやる気に応えてくれる充実の環境があります。このよさを活かし、皆さんも自分の可能性をどんどん広げてください」と、アドバイスをくれました。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
國學院大學(私立大学/東京・神奈川)