• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 埼玉
  • 獨協大学

私立大学/埼玉

ドッキョウダイガク

獨協大学の風景

徹底した英語教育と、学部・学科の枠を超えた知識の習得で、国内外で活躍する国際人に

外国語教育、国際交流(留学)、少人数教育が特色。全学生が4年間一つのキャンパスで学ぶ「オールインキャンパス」は、学部・学科の枠を超えた人との交流、幅広い知識の習得が可能な教育環境です。

獨協大学の特長

獨協大学の特長1

“語学の獨協”は独自のプログラムで国際人を育成。語学をツールに国際社会を切り拓く

「国際社会で活躍するために必要な教育を全学生に」をコンセプトに、全学科で英語を効果的に身につけられるプログラムを用意。●Point1 実力に合わせたレベル編成/TOEIC(R) LISTENING AND READING TESTスコアを参考に習熟度別の少人数クラスで授業を実施。●Point2 4つのスキル別に開講/リーディング・リスニング・ライティング・スピーキングの4つのスキル別に科目を設定。●Point3 豊富な選択科目/基礎文法、発音、資格英語、コンテスト英語、e-ラーニング等多くの科目があり、レベルや興味に合わせて英語力をUP。●Point4 TOEIC(R) LISTENING AND READING TESTが実証する効果/多くの学生が入学時に比べてスコアを上げ英語力を伸ばしています。

獨協大学の特長2

留学はもちろんのこと、キャンパス内外で留学生と交流するためのイベントを数多く開催

獨協大学は、真の国際人を育成するためさまざまな国際交流活動に取り組んでいます。その代表が留学制度。1年間を基本とした「長期留学制度」と、4~5週間の「短期留学制度」があります。長期留学には主に交換留学と認定留学の2つの留学制度があり、どちらでも留学期間中は本学または留学先のどちらか一方の授業料が全額免除されます。さらに、奨学金も支給されます。また、キャンパス内外で、留学生と交流するためのイベントを数多く開催。国際交流フェスティバル「草加国際村一番地」、日本語で話そうパーティーや、留学生との日帰りバスツアー等の留学生との交流も充実しています。

獨協大学の特長3

キャリアセンターが、一人ひとりの「夢」実現をきめ細かにサポート

獨協大学の学生は学業に励む姿勢と、積極的な就職活動があいまって高い就職実績を上げています。キャリアセンターでは、「就職力」が身につけられるように、インターンシップ、業界研究セミナー、履歴書・エントリーシート添削講座、筆記試験対策、書類の書き方、面接対策など実践に即した講座、セミナー、ガイダンスを多数開講しています。また、卒業生約9万人の就職先をデータベース化し、学生が検索できるようにシステムを構築しています。OB・OG(卒業生)訪問を積極的に受け入れてくれる卒業生が多く、そのネットワークが獨協大生の就職活動を支えています。

右へ
左へ
獨協大学の特長1

“語学の獨協”は独自のプログラムで国際人を育成。語学をツールに国際社会を切り拓く

「国際社会で活躍するために必要な教育を全学生に」をコンセプトに、全学科で英語を効果的に身につけられるプログラムを用意。●Point1 実力に合わせたレベル編成/TOEIC(R) LISTENING AND READING TESTスコアを参考に習熟度別の少人数クラスで授業を実施。●Point2 4つのスキル別に開講/リーディング・リスニング・ライティング・スピーキングの4つのスキル別に科目を設定。●Point3 豊富な選択科目/基礎文法、発音、資格英語、コンテスト英語、e-ラーニング等多くの科目があり、レベルや興味に合わせて英語力をUP。●Point4 TOEIC(R) LISTENING AND READING TESTが実証する効果/多くの学生が入学時に比べてスコアを上げ英語力を伸ばしています。

獨協大学の特長2

留学はもちろんのこと、キャンパス内外で留学生と交流するためのイベントを数多く開催

獨協大学は、真の国際人を育成するためさまざまな国際交流活動に取り組んでいます。その代表が留学制度。1年間を基本とした「長期留学制度」と、4~5週間の「短期留学制度」があります。長期留学には主に交換留学と認定留学の2つの留学制度があり、どちらでも留学期間中は本学または留学先のどちらか一方の授業料が全額免除されます。さらに、奨学金も支給されます。また、キャンパス内外で、留学生と交流するためのイベントを数多く開催。国際交流フェスティバル「草加国際村一番地」、日本語で話そうパーティーや、留学生との日帰りバスツアー等の留学生との交流も充実しています。

獨協大学の特長3

キャリアセンターが、一人ひとりの「夢」実現をきめ細かにサポート

獨協大学の学生は学業に励む姿勢と、積極的な就職活動があいまって高い就職実績を上げています。キャリアセンターでは、「就職力」が身につけられるように、インターンシップ、業界研究セミナー、履歴書・エントリーシート添削講座、筆記試験対策、書類の書き方、面接対策など実践に即した講座、セミナー、ガイダンスを多数開講しています。また、卒業生約9万人の就職先をデータベース化し、学生が検索できるようにシステムを構築しています。OB・OG(卒業生)訪問を積極的に受け入れてくれる卒業生が多く、そのネットワークが獨協大生の就職活動を支えています。

右へ
左へ
獨協大学の特長1

“語学の獨協”は独自のプログラムで国際人を育成。語学をツールに国際社会を切り拓く

「国際社会で活躍するために必要な教育を全学生に」をコンセプトに、全学科で英語を効果的に身につけられるプログラムを用意。●Point1 実力に合わせたレベル編成/TOEIC(R) LISTENING AND READING TESTスコアを参考に習熟度別の少人数クラスで授業を実施。●Point2 4つのスキル別に開講/リーディング・リスニング・ライティング・スピーキングの4つのスキル別に科目を設定。●Point3 豊富な選択科目/基礎文法、発音、資格英語、コンテスト英語、e-ラーニング等多くの科目があり、レベルや興味に合わせて英語力をUP。●Point4 TOEIC(R) LISTENING AND READING TESTが実証する効果/多くの学生が入学時に比べてスコアを上げ英語力を伸ばしています。

獨協大学の特長2

留学はもちろんのこと、キャンパス内外で留学生と交流するためのイベントを数多く開催

獨協大学は、真の国際人を育成するためさまざまな国際交流活動に取り組んでいます。その代表が留学制度。1年間を基本とした「長期留学制度」と、4~5週間の「短期留学制度」があります。長期留学には主に交換留学と認定留学の2つの留学制度があり、どちらでも留学期間中は本学または留学先のどちらか一方の授業料が全額免除されます。さらに、奨学金も支給されます。また、キャンパス内外で、留学生と交流するためのイベントを数多く開催。国際交流フェスティバル「草加国際村一番地」、日本語で話そうパーティーや、留学生との日帰りバスツアー等の留学生との交流も充実しています。

獨協大学の特長3

キャリアセンターが、一人ひとりの「夢」実現をきめ細かにサポート

獨協大学の学生は学業に励む姿勢と、積極的な就職活動があいまって高い就職実績を上げています。キャリアセンターでは、「就職力」が身につけられるように、インターンシップ、業界研究セミナー、履歴書・エントリーシート添削講座、筆記試験対策、書類の書き方、面接対策など実践に即した講座、セミナー、ガイダンスを多数開講しています。また、卒業生約9万人の就職先をデータベース化し、学生が検索できるようにシステムを構築しています。OB・OG(卒業生)訪問を積極的に受け入れてくれる卒業生が多く、そのネットワークが獨協大生の就職活動を支えています。

右へ
左へ

獨協大学の学部・学科・コース

獨協大学の入試情報

下記は全学部の入試情報をもとに表出しております。

入試情報を見る

合格難易度

獨協大学の学費(初年度納入金)

<2020年度納入金>全学科共通 135万2800円

獨協大学の就職・資格

卒業後の進路データ (2018年3月卒業生実績)

卒業者数1,909名
就職者数1,679名
就職率88.0%(就職者数/卒業者数)
進学者数26名

就職支援

年次に合わせたプログラムから、個別のカウンセリングまで、さまざまな形で「満足できる就職」をサポート

1・2年次では自己を見つめ将来の夢を描く手助けとなる授業や講座を多数開講しています。3年次より就職ガイダンス、面接講座、各種セミナー等を開催。実践型の支援講座が充実しています。また、キャリアセンターは窓口相談、PCの利用、準備から内定に至るまでの先輩たちの就職活動を具体的にまとめた『就職活動体験記』等の資料の閲覧など、学年を問わず気軽に利用できる場となっています。各年次に合ったプログラムを展開しつつ、学生一人ひとりに合わせたカウンセリングも実施。「満足できる就職」ができるよう強力なサポート体制が整っており、卒業生の90%以上が就職先に対して満足したというアンケート結果が得られています。

獨協大学の問い合わせ先・所在地・アクセス

入試課

〒340-8585 埼玉県草加市学園町1-1
TEL:048-946-1900 (入試課直通)

所在地 アクセス 地図・路線案内
埼玉県草加市学園町1-1 東京メトロ日比谷線・半蔵門線直通 東武スカイツリーライン「獨協大学前」〈草加松原〉駅西口より徒歩 5分

地図

 

路線案内

獨協大学のブログ・インフォ

  • 2019年11月14日 11:30 BLOG

    本学が所在する埼玉県は、ドイツ・ブランデンブルグ州と姉妹提携20周年を迎えました。 この節目に、日本とドイツ両国の概況と国際社会における日独関係の重要性を踏まえ、地方政府が果たすべき役割を考えるシンポジウムを埼玉県、ブランデンブルグ州、本学との共催で開催いたします。 どなたでも参加いただけます。この機会に日独関係を考えてみませんか? なお、本シンポジウムは定員300名の申込制となります。 詳細は埼玉県ホームページをご確認ください。

    http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail_j/id/9358/

  • 2019年11月12日 09:40 BLOG

    <体育祭 〜スポーツフェスティバル〜> ・日程 2019年12月15日(日) ・時間 9:15受付開始     16:30頃終了 ・会場 人工芝グラウンド、35周年記念アリーナ ・主催 体育会本部 ・協賛 獨協大学同窓会、獨協大学同窓会・樅柳会など ・コンセプト 「ONE TEAM」 ・主な種目 王様ドッジボール、30人31脚         しっぽとり、大縄跳び         綱引き、選抜リレー ・参加対象 獨協大学の学部生(要事前申し込み) ・参加に関するお問い合わせ先  体育会本部企画局  Mail)dokkyospofes@gmail.com  または直接体育会本部窓口までお越しください。  (学生センター3階、月〜金曜日 12:50〜13:20) ▼体育会本部企画局長 伊澤直弥(法2年)のコメント 獨協大学の体育祭は、体育会本部が主催するイベントになってから6年目を迎えました。より大規模なイベントとなっていくよう、体育会所属団体のみならず、一般の学生の参加をお待ちしております。だれでも楽しめるような企画を用意していますので、興味のある方は是非ご参加ください。 

    http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail_j/id/9346/

  • 2019年11月11日 17:10 BLOG

     2009年4月に獨協大学外国語学部に創設された交流文化学科は、本年3月で10周年を迎えました。  「語学の獨協」の伝統に根ざして、「英語プラス1(ワン)」の習得と「ツーリズム/トランスナショナル文化/グローバル社会」の学修を目指してきた本学科は、独自の「交流文化」を日々紡いでおります。  このたび、学科創設10周年を祝して「記念式典」を開催し、これまでの本学科の歩みをふりかえるとともに、本学科で学ばれた卒業生と現在学ばれている在学生が一堂に会し、交流文化学科の過去・現在・未来について自由に語らう会を、企画しました。  関係者の皆様のご参加をお待ちしております。 〇記念式典 日時 2019年11月16日(土)13:30〜14:45 会場 獨協大学天野貞祐記念館3階 大講堂 (1)挨拶 犬井正 獨協大学長 (2)基調講演 高橋雄一郎教授 (3)パネルディスカッション 司会:鈴木涼太郎教授 パネリスト:木原涼子さん(3期生)、石野隆美さん(4期生)、殿岡夢さん(5期生) 〇茶話会 日時 同日 15:00〜16:30 会場 獨協大学35周年学生会館2階 学生食堂 会費 1,000円 ※在学生も参加するためアルコール類はご用意せず、軽食とソフトドリンクをご用意いたします。 *問い合わせ先:交流文化学科創設10周年記念事業実行委員会(中央棟6階、共同研究室) dotts10th@dokkyo.ac.jp までご連絡ください。 (メール送信の際には、@(全角)を@(半角)として送信願います)

    http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail_j/id/9344/

  • 2019年11月11日 11:40 BLOG

    英語学科では11月20日(水)、「国際ツーリズム・キャリア講演会」を開催します。キャリアセンター後援。 JRといえば、いまや電車はもちろん、ツアー、ホテル、キャッシュレス・クレカ事業など、幅広くてがける複合企業体。JR東日本に勤務する卒業生、若月拓郎さんをお迎えして、知られざる鉄道会社のお仕事についてうかがいます。 若月拓郎さん(2015年度英語学科卒・安井ゼミ)は、卒後JR東日本に入社。当初、宇都宮駅に勤務し日本語・英語での案内等をした後、現在は、車掌として乗車されています。 在学生とのフリートークの時間もあります。 司会進行は、英語学科の工藤和宏先生が担当します。

    http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail_j/id/9341/

  • 2019年11月02日 09:30 BLOG

     11/2(土)、天野貞祐記念館大講堂で「第6回 伝右川再生会議2019」を開催します。 <概要> 【日時】 11月2日(土)(雄飛祭開催期間中)12:00〜13:30 (11:30開場) 【場所】 獨協大学天野貞祐記念館3階大講堂 【内容】 学長講演      パネルディスカッション 【主催】 国際環境経済学科、環境共生研究所 【運営】 「伝右川再生会議」運営スタッフ 【備考】 入場料無料、事前申し込み不要 <川の生きもの物調査のご案内>  伝右川再生会議終了後、学生センター北側の親水護岸に場所を移して、川の生きもの調査を実施します。小学生も参加できますので、奮ってご参加ください。

    http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail_j/id/9325/

獨協大学(私立大学/埼玉)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • 駒澤大学

    全国からの学生が交わる都心のキャンパス。社会に活かせる人格を身につける。

  • 文教大学

    『育ての、文教。』次代が求める人材、リーダーを輩出しています

  • 大東文化大学

    アジアから世界へ!「教養+専門+グローバル」の3つの力と、主体性と実践力を育成

  • 帝京大学

    10学部32学科の幅広いフィールドで、「自分流」の未来を見つける

  • 国士舘大学

    学生一人ひとりの「夢を見つける」「夢をかなえる」を応援します

  • 國學院大學

    もっと日本を。もっと世界へ。

  • 学習院大学

    学ぶ力は、未来を拓く。

  • 専修大学

    就職に強い専修大学。ビジョンは「社会知性の開発」。未来社会へ貢献する人材を育成!

  • 東海大学

    文理融合の理念の基、海外留学制度、他分野も学べる履修制度、キャンパス間留学制度

  • 亜細亜大学

    多様な夢に挑み、アジアの未来に飛躍する創造的人材を育成

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる