• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 埼玉
  • 獨協大学
  • ブログインフォ一覧

獨協大学のブログ・インフォ

  • 2018年06月26日 12:50

    BLOG


    外国語教育研究所(通称:AMANO外国語研究所)では、2018年度第1回研究例会を開催します。

    日 時:2018年6月27日(水)17:45〜18:45

    場 所:天野貞祐記念館4階 外国語教育研究所 会議室B

    発表者:本橋 エレン 研究員
        (外国語学部英語学科 専任講師)

    内 容:More Than English: A Japanese University Empowerment Pilot Program for Local Immigrant Children


    教員、学生、一般の方、どなたでもご参加いただけます。

    問い合わせは、下記アドレスまで御願い致します。
    gaikokugo●stf.dokkyo.ac.jp
    ( ● を @ に置き換えて送信願います)


    http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail_j/id/8356/

  • 2018年06月26日 11:00

    BLOG


    災害時に想定される避難者支援の一環として、その各種検証のため「炊出し及び防災備蓄品配布訓練」を以下の要領で実施します。



    実施者 :防災対策職員ワーキンググループおよび、総務課・施設事業課

    対象者:本学学生、本学教職員

    実施場所:中央棟奥中庭

    日  時:2018年6月28日(木)10:00〜14:00【雨天時は翌週7月5日(木)に順延】

         (炊出し及び備蓄品の配布は11:45〜13:15を予定)

    ※雨天延期の場合は、実施当日の9時15分までに、当掲示板でその旨をアナウンスします。  

    炊出し内容:

       1)アルファ米キット2箱100人分

         (水調理バージョン+お湯調理バージョンを各50人分用意)

       2)豚汁3箱90人分



    ※当日は上記炊出し品に加えて、賞味期限が近づいている缶詰の有効活用のため、併せて配布します。   



    本学の防災備蓄品を実際に使用しますので、この機会に是非、お立ち寄りください。




    http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail_j/id/8352/

  • 2018年06月19日 11:30

    BLOG


    同窓会主催・キャリアセンター後援のワークショップを以下の通り開催します。
    海外での働き方に関心のある方、インターンシップや就職活動に備えワークショップを体験したい方は、この機会にぜひご参加ください。

    テーマ:「海外で働くということ」

    日時:6月26日(火)17:00〜19:00
    会場:A-306教室
    講師:中村民佳氏(1986年 法律学科卒業)
       ケイラインロジスティックス株式会社 第2営業部長
    対象:本学学生(全学年対象)
    申込方法:キャリアセンター内の台帳に必要事項を記入

    【講師プロフィール】
    在学中は、フライングディスク同好会「WAFT!」に所属。団体戦全国優勝、日本選抜メンバーとして、世界大会3位に入賞する等、活躍する。卒業後は、川崎航空サービス株式会社に入社。香港、シカゴ、シンガポール、ニューヨーク等、海外現地法人に20年間勤務する。シンガポール勤務時代に、物流倉庫を展開し、輸送のみならず在庫管理、ITを駆使した総合物流ソリューションを構築。現在は、海上貨物を中心とした営業活動を行っている。

    【内容】
    第一部:トークショー
    (1)海外駐在で自分を磨こう
     「商習慣・生活文化・人文化・食文化をとことん楽しめ!」

    (2)会社で足跡を残そう
     「自身の会社生活で振り返ることが出来る仕事に積極的に参加しよう!」

    第二部:ワークショップ(グループ型プレゼンテーション)
    トークショーのテーマを踏まえたうえで、
    「どんな国に行きたいか」「それは何故か」「そこで何をしたいのか」
    「そこでは何を得られるのか」を議論し、結果をプレゼンするグループワーク。


    http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail_j/id/8332/

  • 2018年06月15日 02:30

    BLOG

    http://www.dokkyo.ac.jp/kokuse/kokuse11_j.html

    http://www.dokkyo.ac.jp/kokuse/kokuse11_j.html

  • 2018年06月12日 03:00

    BLOG


    〜環境と開発を両立させて、持続可能な社会を創る〜

     国際環境経済学科・環境共生研究所は、「EARTH WEEK DOKKYO 2018」を開催します。このイベントは、国際社会を取り巻く環境や本学のエコキャンパス推進の方針を受けて、地球環境保全に関する啓蒙活動を実施し、キャンパスライフを見直して一人ひとりに何ができるかを考えて行動に移すきっかけにしたいと思っています。ぜひご参加ください。

    ※イベントは随時更新します。


    http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail_j/id/7528/

  • 2018年06月07日 02:00

    BLOG


    英語学科では7月2日(月)、国際ツーリズム講演会を開催します。

    講師は、ANA自社養成パイロットとして採用されたパイロット、英語学科出身の梅本雄三郎さん(2011年卒)です。

    現在、大型旅客機B777型機の副操縦士として勤務しており、長距離の国際線(ニューヨーク、ロサンゼルス、フランクフルトなど)を担当しています。

    講演会では、パイロットでしか語れない「エアラインの世界」を披露して頂きます。

    テーマ:「コックピットからみたエアラインの世界」



    英語学科では、いままでにもANAとJAL(日本航空)のCA・客室乗務員、豪華客船「飛鳥II」のホテル・スタッフ、外資系有名ホテル、さらに旅行エージェント大手のJTB(ジェイティービー)の関係者をキャンパスにお招きして、国際ツーリズムに関するトークを実施してきました。



    http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail_j/id/8288/

  • 2018年06月07日 01:10

    BLOG


    英語学科では7月2日(月)、国際ツーリズム講演会を開催します。

    講師は、ANA自社養成パイロットして採用されたパイロット、英語学科出身の梅本雄三郎さん(2011年卒)です。

    現在、大型旅客機B777型機の副操縦士として勤務しており、長距離の国際線(ニューヨーク、ロサンゼルス、フランクフルトなど)を担当しています。

    講演会では、パイロットでしか語れない「エアラインの世界」を披露して頂きます。

    テーマ:「コックピットからみたエアラインの世界」



    英語学科では、いままでにもANAとJAL(日本航空)のCA・客室乗務員、豪華客船「飛鳥II」のホテル・スタッフ、外資系有名ホテル、さらに旅行エージェント大手のJTB(ジェイティービー)の関係者をキャンパスにお招きして、国際ツーリズムに関するトークを実施してきました。



    http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail_j/id/8288/

  • 2018年06月06日 01:40

    BLOG


    6月17日(日)、草加市国際交流協会と本学共催による第15回国際交流フェスティバル「草加市国際村一番地」が、本学キャンパスで行われます。
    本イベントは草加市に住む外国籍市民と一般の市民・本学学生が交流し、お互いの文化の違いについて理解を深めることを目的として毎年行っています。
    国際色豊かなキャンパスで、一緒に国際交流しませんか?
    どなたでも参加できますので、ぜひお誘い合わせの上、ご来場ください。

    ■テーマ
    「手をつなぐまちづくり in SOKA」

    ■主なプログラム
     ・世界の音楽とダンス
      …世界のフォークダンス、ポリネシアンダンス、よさこい鳴子踊り
     ・世界の食べ物
      …12カ国の食べ物を楽しめます。
     ・世界の衣装と文化体験
      …世界の民族衣装を着てプロカメラマンに撮影をしてもらえます(有料)
     ・Space Dokkyo Univ.
      …ゼミやサークルの発表、フェアトレード商品の販売、民族問題を扱ったトークイベント等
     ・ワールド・バザール
      …7カ国の民芸品を販売
     ・ワールド・ランゲージ
      …獨協大学に来ている留学生が、自国の言葉や文化について紹介します。
      






    http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail_j/id/6663/

  • 2018年05月28日 11:20

    BLOG


    【シリア難民の状況】
     7年目に入った紛争により避難を余儀なくされたシリア人は2人に1人以上と推定されています。シリアと国境を接する人口600万人の小国レバノンに避難している難民・避難民は150万人ともいわれ、レバノン政府が公立学校への受け入れを進めているものの、学齢期の子どもおよそ25万人が就学できていません。
     「アドラ・ジャパン」のレバノン事業では、教育に焦点をあてた支援、啓発活動を展開しています。


    【国際NGO/認定NPO ADRA JAPANとは】
     途上国や災害被災地域において緊急支援や開発支援を行っています。世界120か国のADRA支部と連携し、人種・宗教・政治の区別なく、自然災害や紛争の被災者、医療を必要としている人々、教育をうけられない女性や子どもに自立を助ける活動を行っています。


    ◇登壇者 前川龍太 事業部マネージャー
     大学では政治理論およびジェンダー・スタディーズを専攻。在学中からADRA Japan にボランティアとして携わり、卒業と同時に職員となった。これまでフィリピンの台風被災者支援やネパールの医療チーム派遣事業、東日本大震災や熊本地震の被災者支援事業、ジンバブエの水・衛生事業などに従事。ジンバブエには2年半滞在経験あり。

    ◇登壇者 伊東彩 事業部海外事業課プログラムオフィサー
     大学卒業後、ケニアで活動するNGOに就職。現地駐在員としておよそ2年半、小学校でのHIV/AIDS教育や地域保健に関する活動に従事。その後2015年にADRA Japanに入職、2015年6月から2017年10月まで、シリア難民に対する教育支援事業の現地責任者としてレバノンに駐在。現在は東京本部に勤務し、レバノン、ミャンマーの教育支援事業を担当。


    http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail_j/id/8271/

  • 2018年05月28日 11:10

    BLOG


     チェンバロ製作家の島口孝仁氏をお迎えして、チェンバロの説明と実演を行います(IV限のゼミでもチェンバロ実演等を行います)。
     本講座は、一般の方もご覧いただけます。ぜひご参加ください。

    【演奏予定曲目】
    ・ペッツォルトChristian Petzold (1677-1733) :メヌエット ト長調、ト短調

    フランスの音楽
    ・ルイ・クープラン Louis Couperin (ca. 1626-1661):前奏曲 ハ長調(プレリュード・ノン・ムジュレ)
    ・フランソワ・クープラン Francois Couperin (1668-1733) :前奏曲 ハ長調
    ・デュフリ Jacques Duphly (1715-1789):三美神Les Graces

    バッハ Johann Sebastian Bach (1685-1750) のチェンバロ音楽
    ・平均律クラヴィーア曲集第1巻 より 第1番 ハ長調(BWV 846、前奏曲とフーガ)
    ・パルティータ第4番 ニ長調(BWV 828)より 第1曲序曲 
    ・前奏曲、フーガとアレグロ 変ホ長調(BWV 998)Es-Dur

    バッハより後のドイツの音楽
    ・J.C. バッハ Johann Christian Bach (1735-1782) :ソナタ ト長調(Op. 5-3)
    ・ヘスラー Johann Wilhelm Haessler (1747-1822):ソナタ イ短調

    ・バッハ:ゴルトベルク変奏曲(BWV 988)より アリア

    ※文字化けを防ぐため、本文中の一部の文字をAからZまでのアルファベットで代替しています。






    http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail_j/id/8270/

学校トップに戻る
獨協大学/ブログインフォ一覧