• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 愛知
  • 愛知みずほ短期大学
  • 在校生レポート一覧
  • 水谷 姫佳里(生活学科食物栄養専攻)

在学生の学校紹介レポート

右へ
左へ

栄養士を目指す学生が調理実習の様子やアットホームな学科の雰囲気を紹介

栄養士や栄養教諭を目指すことができる生活学科 食物栄養専攻。基礎から学べる授業はもちろん、先生と生徒の距離が近く進路などの相談をしやすい環境が整っている学科の魅力について、学生に紹介してもらいました。

食物栄養を学ぶ
生活学科食物栄養専攻
(2020年入学)
水谷 姫佳里
  • 保育栄養士 志望
子どもの大切な成長期を支える栄養士を目指して

丁寧な指導で料理の大切な基礎が身に付く調理実習

調理実習では道具の正しい使い方など基礎からしっかりと学びます。鍋でお米を炊く方法から始まり、前期は和食を、後期は中華を中心に実習を行います。華やかな盛り付けが求められる和食では包丁の細かい技術を習得。中華では肉まんを作るときに使うせいろや、炒め物を作るときに使う大きな中華鍋など、調理道具に慣れるまでに苦労しました。先生方の丁寧な指導のおかげで大切な基礎が身に付き、今では様々な料理に応用しています。

栄養バランスを考えてレシピを考案するのが大変でした。

右へ
左へ

企業の課題を解決!実践力を伸ばす授業も豊富

実践的な学びの機会も豊富に用意されています。例えば企業から出された課題に対し、メニューを考案する「実践栄養学演習」です。前回はマスタードを販売する企業から「マスタード×ビタミンB」や「マスタード×フルーツ」といった課題が出され、マスタードの味を活かした食材の組み合わせや味付けを研究。おいしく味わってもらうことにこだわり、マスタードの香りが際立つ「フルーツサラダ」や「豚肉のから揚げ」を作りました。

グループ活動を通じて企業の課題を解決する授業も。

右へ
左へ

先生との距離が近いからこそ、進路相談もしやすい環境です。

先生や先輩との距離も近いので、私にとってすごく居心地がいいです。先生は一人ひとり学生の顔を覚えてくれているので、学内や授業中でも気軽に話しかけてくれます。みずほには大学生活のことや進路について相談できる「チューター制度」があり、高校でいう担任の先生のようなチューター教員がついてくれます。2年間で進路を決断するのはなかなか難しいですが、親身になって相談に乗ってくれる先生がいるのは心強いですね。

放課後は友達とおしゃべりをしたり、先生と進路相談をしたり。

右へ
左へ

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が通っているのは...

この学校のおすすめ記事

愛知みずほ短期大学(私立短期大学/愛知)
RECRUIT