• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 愛知
  • 愛知学泉短期大学
  • 在校生レポート一覧
  • 平岩 亜純さん(生活デザイン総合学科)

長期交換留学・海外研修プログラム

右へ
左へ

授業料、往復の交通費、滞在費などを短大が負担してくれる交換留学制度。

ホテル業界への就職をめざしている平岩さんが留学したのは韓国の烏山(オサン)大学。ホテル業界についてだけでなく、韓国語やマーケティングなどの授業も心に残っているという1年間の経験についてお聞きました。

語学、コミュニケーション学を学ぶ
生活デザイン総合学科
(2017年入学)
平岩 亜純さん
  • 韓国1年間 留学
  • 愛知県 幸田高等学校 卒
自信をもって韓国語で話し掛けることができるようになりました。

知り合いがいないところで病気になった時のことを想像して不安でした。

K-POPや韓流ドラマが大好きです。憧れの韓国で大学生活を送りたいという夢がありました。同じ短大に通っていた姉が韓国への留学制度があることを教えてくれ、この短大に進学しましたが、実際に留学することが決まってからは「病気になったらどうしよう」という不安がありました。そのため、使い慣れている日本の薬を少し多めに用意し、日本食が恋しくなることも想像できたのでインスタントの日本食もたくさん準備しました。

オープンキャンパスで韓国留学のことを聞き、進学を決めました。

右へ
左へ

異文化を肌で感じながらホテル業界で働くのに必要な知識を学びました。

烏山大学ではホテル観光学科で学びました。韓国語や日本からのお客様に対応するため、日本語で観光サービスを行うツアーコンダクターの授業はもちろん、ワインソムリエの仕事内容の職業、カフェ経営の授業など、全てがホテル業界への就職をめざす私にとって役立つものでした。また、私は人見知りなのですが、韓国の学生が積極的に話し掛けてきてくれたことも印象に残っています。そのおかげで積極性も身についたと思います。

留学中は日本の食べ物や文化を紹介する授業も行いました。

韓国の学生たちとハロウィーンを楽しんだことも良い思い出です。

留学が終わるタイミングに合わせて卒業式にも参加できました。

右へ
左へ

語学を身に付けるには積極性が大切。聞き取りも話すことも随分上達しました。

留学から帰ってきた際、自信を持って成果を報告できました。

積極的に発表する行動力が身についたのも留学したおかげです。

韓国語はかなり上達したと感じています。留学した当初は聞き取りが少ししかできず、苦労しましたし、下手な韓国語を話すのが恥ずかしくなり、話し掛けるのを躊躇するようになりました。そんな私の姿を見て周りの学生が話し掛けてきてくれたため、徐々に話せるようになり、現在ではほとんど不自由なくコミュニケーションを取れるようになりました。留学を通して自信をもって話せる韓国語を身につけることができました。

青山晴美先生からのメッセージ

  • 青山晴美先生/生活デザイン総合学科教員・国際交流委員長

この短大はカナダ、中国、台湾、韓国の大学と交流提携を結んでおり、交換留学や長期休暇を利用した短期語学・文化研修を実施しています。日本にいるだけでは学べないことを体験しに世界に出てみましょう。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が通っているのは...

この学校のおすすめ記事

愛知学泉短期大学(私立短期大学/愛知)