• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 愛知文教女子短期大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 村井 志帆さん(幼児教育学科/保育士)

私立短期大学/愛知

アイチブンキョウジョシタンキダイガク

先輩の仕事紹介

子どもの成長を間近で感じられる。しかも保護者の方々といっしょに喜べる。それがこの仕事の魅力です。

保育士
幼児教育学科 第3部/2017年卒
村井 志帆さん

この仕事の魅力・やりがい

もともと「保育士になりたい」という夢を持っていましたが、高校時代までは「乳児院で働きたい」と考えていました。「保育園で働きたい」という気持ちが強くなったのは短大に入学してからです。保育園での実習を経験した際、実習担当の先生から「保護者の方々といっしょに子どもの成長を喜べるのはとてもやりがいを感じられること。保育園の方がそれを強く感じられるよ」と聞き、目標がより具体的になりました。短大で学んだ「手遊び」は特に仕事で役立っています。「手遊び」は子どもと一対一で関わる時のコミュニケーションのひとつ。子どもが楽しんでいるのを保育士も共有できるため、多くの「手遊び」を学べて本当に良かったと思います。

学校で学んだこと・学生時代

オープンキャンパスに参加した時、なんでも相談しやすい雰囲気を感じたことがきっかけとなり、「ここで学びたい」と考えましたが、その印象は本当にその通りでした。短大ではいろいろなことを経験をすることもできました。入学して間がない頃は、例えば絵本を読むことひとつとっても緊張することが多く、不安な気持ちが大きかったのですが、授業で何度も発表を繰り返すうちに自分を表現することの楽しさを感じるようになりました。また、ボランティアスタッフとして稲沢福祉まつりに参加し、館内アナウンスや駐車場の整備などに関わったことも良い思い出です。普段あまり接することのない人たちと出会い、自分の世界を広げることができました。

短大の授業を通じて人前でなにかをする時でも自信をもって取り組むことができるようになりました。その経験は仕事でも役立っています。

これからかなえたい夢・目標

就職活動の時に何度も面接の練習をしてくださったり、履歴書の書き方を細かいところまで丁寧に教えてくださったりと、本当にお世話になりました。そのため安心して就職活動をすることができました。短大同様、働いている保育園にも家庭のようなあたたかさがあります。乳児でも子どもと保育士がいっしょに食事をするのを見て、「ここで働きたい」と考えました。幼児期は人格形成にとって大切な時期です。私が短大で感じたり、この保育園で感じているようなあたたかさを子どもたちにも感じてもらいながら一人の人として成長していくお手伝いをしたいです。また、「子どもからも保護者の方からも信頼される保育士になる」ということも目標です。

愛知文教女子短期大学は先生方と学生の距離が近いのが特徴です。私が働いている保育園も同じ。子どもと保育士の関係に通ずるところがあると思います。

村井 志帆さん

あさひにこにこ保育園/幼児教育学科 第3部/2017年卒

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

愛知文教女子短期大学(私立短期大学/愛知)