• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 愛知
  • 愛知文教女子短期大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 服部 董(生活文化学科 食物栄養専攻/病院管理栄養士)

先輩の仕事紹介

「いつも美味しいよ、ありがとう!私もがんばらなくちゃね」その言葉が私の一番の励み

病院管理栄養士
生活文化学科食物栄養専攻
服部 董

この仕事や研究の魅力・やりがい

私は現在、病院の管理栄養士として、特定保健指導や入院患者様の栄養計画書の作成等の仕事をしています。勤務している病院は急性期病棟、回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病棟があり、給食の管理とともに病棟の入院患者様の栄養管理を行っています。日々、患者様の生活背景から、改善できそうな習慣を適切に見極めるために、些細なお話も聞き逃さないように意識しています。患者様から「いつもおいしいよ、ありがとう!私もがんばらなくちゃね」と声をかけていただいたときや、患者様にとって、食事が楽しみや希望になっていると実感できたときに、とてもやりがいを感じます。実務経験を経て管理栄養士となったことが力になりました。

この分野・仕事を選んだきっかけ

食べることが大好きで、進路を考えているときに栄養士という資格があることを知り、文教女子に進学。在学中は食物アレルギーを中心に、基礎と実践を学びました。正直に言うと調理そのものはあまり上手ではなく、実習中にも失敗するなど、苦手意識が強かったのですが、目標のために頑張りました。文教女子では先生方が親身になって指導して下さり、卒業する頃には調理が大好きになっていました。卒業後に栄養士として働くうちに管理栄養士の仕事にもステップアップしたいと考えるようになり、実務経験を経て受験、合格しました。短大時代の先生方にも応援していただき、頑張り続けることができたと思います。

学校で学んだこと・学生時代

調理の基礎から応用、大量調理の給食管理実習など、実践に基づいて学べました。今では、勤務先の病院の給食管理はもちろんのこと、栄養指導の際にも食材の特徴や調理法などを含めて患者様に的確なアドバイスができるのは、短大でしっかり知識と技術が身についたからだと思います。在学中は勉強だけではなく、さまざまな活動に力を入れました。短大主催の男性料理教室のスタッフや、地域のお祭りのボランティアなど、学内での活動では経験できない多世代の方々との触れ合いを経験することができました。社会との繋がりも感じられた2年間でした。その経験を生かして、病院でも躊躇せずに患者様とコミュニケーションをとることができました。

服部 董

朝日大学病院勤務/生活文化学科食物栄養専攻

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

愛知文教女子短期大学(私立短期大学/愛知)
RECRUIT