• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 岡山短期大学
  • 先生・教授一覧
  • 関野 智子講師(教育学(美術))

私立短期大学/岡山

オカヤマタンキダイガク

こんな先生・教授から学べます

子どもの心を育む造形表現を、子どもと共に遊び、学ぶ先生

教育学(美術)
幼児教育学科 
関野 智子講師
先生の取組み内容

美術とは、正解がない世界。一人ひとりに個性があるように、その人でなければ生み出せない美術があります。子どもたちと美術の世界の出会いをどのようなものにするか、また、子どもたちが自由にのびのびと、自分らしく造形表現活動を行えるようにするには、どのように活動を組み立てたらより良いかを、実践を重ねながら研究しています。週に一度、月に一度、一回30分ほどの学習でも、子どもたちは自ら学んだことや片付けの手順などをしっかりと覚えているもの。子どもたちへ題材や取り組みの内容を提示し、回数を経ることでそれらの学習がどのように積み上がるかといった効果に非常に強い関心を抱いています。また、生涯にわたり造形表現活動を楽しむために、社会人や高齢者に対してどのようなアプローチが考えられるのかについても興味があります。

「色の実験」をテーマとした4歳児対象の色遊び。三原色を用いて、混色や自由な描画を楽しむことが目的です

授業・ゼミの雰囲気

まずは「そこにあるもの」を全身で楽しむこと。演習を通して、子どもの目線を育む活動がいっぱいです

関野先生が担当する分野は、造形による表現。何かを再現的に表現するだけではなく、造形に用いる“材料そのもの”との格闘をはじめ、ものの色や形、季節の光や色彩を全身で楽しむことも美術や表現の世界であることを、演習を重ねることで実感できる授業が特徴です。同時に、保育者として知っておきたい画材や道具の特性、子どもたちと活動する上での注意点も伝えています。グループワークを多く取り入れ、学生同士で協力してアイデアを練り上げる活動を通じて、子どもたちを主体とした活動を考える力を育むことを目的としています。

紙版画など、子どもが安全に取り組める造形遊びを実践。楽しみながら個性ある造形に取り組める授業です

キミへのメッセージ

美術は「ドキドキ」と「わくわく」で一杯です。自由に楽しむ心を忘れずに

美術は好きですか?子どもたちとの造形表現活動は、大人になって凝り固まってしまった価値観を解放してくれるものだと私は考えます。美術に正解はありません。ぜひ、あなただけの表現と感性を楽しんでくださいね。

創作活動と並行し保育園の絵画講師をはじめ、幅広い年齢層を対象に技術・表現の楽しさを伝えてきた関野先生

関野 智子講師

専門分野/教育学(美術)
略歴/岡山大学教育学部特別教科(美術・工芸)教員養成課程卒業後、同大学院教育学研究科を修了。創作活動に取り組み、第43回昭和会展松村賞(2008年)、第9回岡山芸術文化賞準グランプリ(2008年)、公募団体ベストセレクション美術2014(東京都美術館)など、受賞、個展、グループ展など多数。日展会友、光風会会員、大学美術教育学会会員。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

岡山短期大学(私立短期大学/岡山)