• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 華頂短期大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 近藤 葉月さん(幼児教育学科/保育士)

私立短期大学/京都

カチョウタンキダイガク

子どもたち一人ひとりの成長と向き合えるのが保育士

先輩の仕事紹介

子どもたち一人ひとりと向き合うことで変化と成長を感じることができる仕事です

保育士
幼児教育学科/2016年卒
近藤 葉月さん

この仕事の魅力・やりがい

実習先だった地元の保育園で、2歳児を担当しています。子どもたちとふれあう時間が楽しいのは、学生時代とまったく変わりませんが、保育士として子どもと関わる際は、細かい配慮や工夫が必要だということを実感しています。例えば、絵本を読み出すタイミングや声の大きさ、抑揚のつけ方なども意識しないと、子どもたちの反応が変わります。こういう場合、子どもたちと接した経験が豊富な先輩方に色々聞くようにして学んでいます。もちろんそれ以外にも、私はまだ保育士として学ばなければならないことは多いのですが、これから子ども一人ひとりの成長や発達、性格に合わせて対応し、私ならではの関わり方を見つけていきたいです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

中学生の頃、職場体験で保育園に行ったことがきっかけで、「将来は保育士になりたい」という夢を持ちました。短時間での経験でしたが、子どもたちが無邪気で、とても人懐っこかったことは大きく印象に残りました。また、その時に子どもたちは、毎日様子がちがい、日々成長を感じられることを教わり、保育士の仕事をとても魅力に感じましたね。好きなピアノを生かして仕事ができるという点でも、保育士の仕事は私にぴったりだと思ったのもこの頃。そこから華頂短期大学に入学し、保育士になるための勉強に全力で取り組みました。学校での学びは、自分の夢につながるものばかりなので、楽しく学べました。

華頂短期大学での2年間が保育士の夢を叶えてくれた

学校で学んだこと・学生時代

華頂短期大学では、保育現場の基礎を徹底的に学ぶことができました。たとえば、子どもの歌の内容をカスタネットやリズム楽器、折り紙などを使って表現し、イメージを形作る能力を育てる授業「形象音楽」では、レパートリーが多く、学んだことを今も現場に取り入れています。ピアノについても、とてもきめ細かく丁寧に教えてもらえるので、上達するのも早く、子どもの歌もたくさん学ぶことができました。キャンパス周辺の寺社や動物園に行き、さまざまな体験したことも貴重でした。学生時代の制作物や授業で使用したピアノの楽譜は今でも活用しています。このように、華頂短期大学で学んだことや経験が仕事で生かされています。

華頂短期大学での学び、経験を仕事で生かし働く

近藤 葉月さん

亀岡保育園勤務/幼児教育学科/2016年卒/中学生の頃に行った保育園での職場体験から、保育士になることを決意。華頂短期大学に入学後は、教育原理や心理学、児童福祉などの知識を身につけるほか、ピアノなどの技術も磨き、夢の実現に向けて努力。現在は、地元の亀岡保育園で保育士として2歳児を担当。大好きな子どもたちと毎日ふれあい、充実した毎日を送っている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

華頂短期大学(私立短期大学/京都)