• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 京都
  • 京都文教短期大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 川添 有也加さん(食物栄養学科/栄養士)

私立短期大学/京都

キョウトブンキョウタンキダイガク

「ありがとう」の言葉が頑張る力になっている

先輩の仕事紹介

栄養バランスだけでなく、食べやすさと美味しさにこだわって作っています。

栄養士
食物栄養学科/2016年3月卒
川添 有也加さん

この仕事の魅力・やりがい

現在、特別養護老人ホームで栄養士として働いています。現在の仕事について「施設利用者の方に合わせて献立のアレンジを工夫しています。栄養バランスはもちろん、食材選びや切り方を工夫して食べやすさと美味しさにこだわった食事を提供しています。利用者様に「いつもありがとう」と言葉をかけていただくこともあり、自分の仕事がみなさんの笑顔につながっていることに大きなやりがいを感じます。

学校で学んだこと・学生時代

大学で学んだ知識はすべて今の仕事に活かされています。毎日の講義や調理の実践、学外実習や100食分もの大量調理などを通して栄養士としてのスキルを磨きました。特に臨床栄養学で学んだ知識は、病状に合わせた減塩食やエネルギーコントロール食などの『展開食』のパターンを考えるうえで、現在の仕事にもとても役立っています。大学の先生方がとても親身になって指導してくださり、分からないことも納得いくまで説明してくださいました。疑問点はしっかり解消しながら知識を積み重ねることができました。

分野選びの視点・アドバイス

大学で取り組んだ調理実習、臨床栄養学、大量調理などの実習は栄養士として働く実践力になります。予習復習を欠かさず、毎日の学びをしっかりと自分の力にしていくことが大切です。私はもともと医療の分野に興味があったので、医療食に特化した企業を選びました。「食」に関わる分野は幅広いので、栄養士としての将来を考えるうえでは、どんな分野で働きたいのかを考え、働く現場を知ることも大切だと思います。京都文教短期大学では、学生一人ひとりの思いに寄り添い、栄養士としての将来像を明確にしながら夢をめざすことができました。みなさんも自分にぴったりの学びの環境で将来の夢を叶えてください。

川添 有也加さん

日清医療食品株式会社勤務/食物栄養学科/2016年3月卒/「栄養バランスだけでなく、食べやすさと美味しさにこだわって作っています。限られた予算のなかで利用者の方々に合った献立を考えるのは大変ですが、みなさんの笑顔ががんばる力になっています。」と笑顔で語る川添さん。「100食分の給食を作る大量調理の実習では、栄養士として献立を作成するだけでなく、調理者として仲間との連携や段取りなども実践的に学ぶことができました。専門知識だけでなく、働くうえで大切なコミュニケーション力も磨くことができました」と学生時代を振り返った。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

京都文教短期大学(私立短期大学/京都)