• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 兵庫
  • 豊岡短期大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 川岸 瑠衣さん(こども学科/保育教諭)

毎日前向きにこどもと接することを心がけています

先輩の仕事紹介

細やかな気づきと元気な笑顔で、こどもの毎日を明るくキラキラさせてあげたい

保育教諭
こども学科/2019年3月卒
川岸 瑠衣さん

この仕事の魅力・やりがい

こどもたちに「先生、大好き!」と言われると、やっぱりこの仕事っていいなと思います。私自身先生1年目で、こどもと一緒に自分も成長させてもらっている感じです。また、「きょう◯◯ちゃんはこんなことができるようになりました」と保護者の方に報告すると、「しっかり見てくださってありがとうございます」と感謝されることもしばしば。気づきは保育者の大切なスキルのひとつなので、できるだけたくさん気づいて、その情報を活かしたいです。そして、笑顔で元気よく接することで、こどもの毎日を明るいものにしてあげたい。こどもからも保護者の方からも、信頼される先生を目指して奮闘中です。

学校で学んだこと・学生時代

高校の校外実習で保育園を訪問。こどもをこんなにキラキラ輝かせることができる仕事なのかと感動し、豊岡短大のこども学科に進学しました。2年間で保育士や幼稚園教諭の資格を取得するには、かなり集中して勉強する必要があります。また、実際にこどもを相手にする実習授業は、慣れないうちは少し大変です。でも、2年間一緒だったクラスのみんながいつも励ましてくれました。何かあれば「頑張ろう!」と声をかけ合い、切磋琢磨したから乗り越えることができたと思います。学生だけでなく、大学の先生たちも同じです。何でも相談に乗ってくださる身近な存在の先生たちは、まるでお母さんお父さんのような存在でした。

成長をダイレクトに感じられるのが魅力

分野選びの視点・アドバイス

こどもは意外と大人の様子を見ているものです。こどもの前で少しでも緊張していると、こどもも緊張してしまいます。保育の先生になるのなら、自分をさらけ出すというか、恥をおそれないというか、素の自分を出せるようにしたいですね。あとは元気と笑顔があれば大丈夫。対照的に、保護者の方に対しては、言葉づかいなど最低限のマナーを心がけてほしいと思います。保護者からの信頼は、そういったところからも生まれます。豊岡短期大学は伝統的に人間教育に力を入れてきた大学なので、自然にそういった振る舞いができるようになると思います。

こどもたちに溶け込む身近な先生が目標です

川岸 瑠衣さん

こうのとり認定こども園 勤務/こども学科/2019年3月卒/高校の校外実習で保育の現場を体験し、保育の仕事を目指すようになる。現在勤務する「こうのとり認定こども園」は、大学在学中に実習で何度もお世話になり、さまざまな思い出の詰まった場所でもある。好きな言葉は“努力の上に華が咲く”で、苦手なこともこつこつ克服しようとする頑張り屋さん。オフタイムは、地域の社会人バスケットチームで汗を流す。「この仕事、体力も大事ですから」と語る川岸さん。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

豊岡短期大学(私立短期大学/兵庫)