• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 福岡
  • 九州大谷短期大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 飯田 いつみさん(幼児教育学科/保育士)

大谷で学んだ心理の知識が活かされています

先輩の仕事紹介

子ども一人ひとりの背景や特性を理解し、気持ちに寄り添って共に成長できる保育者に!

保育士
幼児教育学科 児童福祉・心理コース/2020年3月卒
飯田 いつみさん

この仕事や研究の魅力・やりがい

子どもたちから「ありがとう」と言われた時や、何かに一生懸命がんばっている姿を見ることができた時に、とてもやりがいを感じます。入職したばかりの頃は、高校生との関わり方に戸惑うこともありましたが、接していく中で少しずつ打ち解けてきたことを感じられた時はとてもうれしかったことを覚えています。子ども一人ひとりの近くで支援を行い、喜怒哀楽を共にし、今後子どもたちが自立した時には、さらに大きな喜びを感じられそうだと思っています。

学校で学んだこと・学生時代

大谷は1年次の早い段階から実習があるので自分自身に足りないことや、どのような保育をしているのかが分かるようになります。また、児童福祉・心理コースでは心理についても学べるので子どもに寄り添い、共に成長できる保育者を目指せます。実際に私自身、子どもの行動や言葉などから「本人が今どのような気持ちなのか」「どのような支援を必要としているのか」といった心理の授業で学んだことが今の現場で活かされていると実感しています。キャンパス内に保育所や幼稚園があって施設が充実していますし、親身でやさしい先生方からたくさんサポートしていただきました!

絵本の読み聞かせも学びました!

これからかなえたい夢・目標

失敗を恐れず、何事にも積極的に取り組むことを心がけています。そして子ども一人ひとりの背景や特性を知って気持ちに寄り添いながら、個人に合った支援を行うようにしています。一定の距離を保ちながらも、しっかりと愛情を持って関わることで将来子どもたちが安心して自立でき、「生まれてきてよかった」と、愛されていることを実感できるようになるといいなと思っています。そうした子どもたちとの関わりの中で私自身も保育者として、もっともっと成長していきたいです。

信頼関係を築けるよう、コミュニケーションを大切に!

飯田 いつみさん

社会福祉法人 甘木山学園 勤務/幼児教育学科 児童福祉・心理コース/2020年3月卒/現在、甘木山学園で保育士として、食事を作って子どもたちと一緒に食べたり、洗濯、掃除、宿題を教えるなど、子どもたちが自立できるように支援を行っている飯田さん。「今ある環境を当たり前と思わず感謝すること」「一人で抱え込まず、周りの人を頼ることも忘れないこと」、プライベートとの気持ちの切り替えも必要だと「自分に合うストレス発散方法を知っておくこと」など、社会人としての心構えを大切に日々、子どもたちと向き合っている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

九州大谷短期大学(私立短期大学/福岡)
RECRUIT