• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 群馬医療福祉大学短期大学部
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 境 真緒さん(医療福祉学科/介護福祉士)

私立短期大学/群馬

グンマイリョウフクシダイガクタンキダイガクブ

学校で身につけた礼儀や気づきの姿勢が役立っています

先輩の仕事紹介

利用者さんとの親密なコミュニケーションで、安心してもらえる介護福祉士が目標です

介護福祉士
群馬医療福祉大学短期大学部 医療福祉学科 介護福祉コース/2017年卒
境 真緒さん

この仕事の魅力・やりがい

名前を覚えるのが苦手な利用者さんもいらっしゃるんですが、私から名前をいうよりも、利用者さんに「私の名前」をつけてもらうと、喜んで呼んでくださいます。ある利用者さんは「日本一の女の子」という意味を込めて、「富士子」という名前をつけてくれました。それで、お話するときに「私、誰ですかね?」と伺うと、「日本一の女の子だよね」と答えてくださいます。そうやって利用者さまとコミュニケーションできるようになることが、とても面白いです。利用者さんの状態は毎日変わりますから、他の職種の方とも前もってケアの仕方を相談していっても、当日になって一から考えなおすこともあります。大変だけど、この仕事の面白いところです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

実はいまの職場には、小学生の頃の社会科見学で来ています。そのときは歌を歌ったりしました。「こういうところで働けたら楽しいんじゃないかな」「介護の仕事って素敵だな」と、その経験がとても印象的だったんです。高校生になってから改めて自分の進路を考えたときにも、人のためになる仕事でもあり、前から持っていたこの夢を大事にして、介護福祉士になるためにこの学校に進学しました。いまの職場である「老人保健施設」には看護師さんも常駐しています。学生時代に医療面の知識を学べたことも、連携して利用者さんへの対応をするのに役立っています。

小学生の頃、この仕事を志した施設で働いています

学校で学んだこと・学生時代

介護福祉士資格取得の勉強にはもちろん力を入れましたが、日々の生活や環境美化活動、ボランティア活動を通じて、人間性や礼儀を身につけることがこの学校の特色です。介護の仕事では年長者の方を相手にしますから、そのような態度を在学中に身につけることができて本当に良かったです。また、利用者さんとのコミュニケーションの基本は「話を聴く」ことです。真剣に話を聴いていることを感じてもらえると、楽しくなってどんどんお話していただけます。学校では「人の話を聞くときには、まずノートとペンを持ちなさい」からはじまって、「聴く姿勢」「周りのために自分ができることに気がつく姿勢」を修得することができました。

利用者さんと同じ視点でお話を伺うよう心がけています

【人の役に立つ】を大事に働く先輩のインタビュー動画をチェック!

 

境 真緒さん

老人保健施設一羊館 介護サービス部 介護科/群馬医療福祉大学短期大学部 医療福祉学科 介護福祉コース/2017年卒/小学生の頃に現在の勤め先に社会科見学に来たことがきっかけで、介護の仕事を志す。現在勤める「老人保健施設」は、病院と在宅介護の間に位置づけられるため、一般的に想像される「介護」以外にも、在宅への復帰を目標とする利用者のサポートも重要な仕事。利用者の方々とは祖父母と孫ほどの年齢差があるため、生まれ育った時代の違いや価値観の違いに、発見と驚きの多い日々を送っている。利用者の方々に安心してもらい、いきいきとした生活を送ってもらうことを目標に、現在は細やかで暖かいコミュニケーションを目指している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

群馬医療福祉大学短期大学部(私立短期大学/群馬)