• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 郡山女子大学短期大学部
  • 先生・教授一覧
  • 小林 澄枝先生(栄養士)

私立短期大学/福島

コオリヤマジョシダイガクタンキダイガクブ

こんな先生・教授から学べます

栄養士という仕事の素晴らしさを教えてくれる先生

栄養士
健康栄養学科 
小林 澄枝先生
先生の取組み内容

栄養学の根っこにあるもの、それは「相手を思いやる心」です。その精神を身に付けてもらうため、父と子の協働調理により家庭での積極的調理の参加を喚起し、食材の知識を深め健康的な食生活と生きる力を育む食育の一環「パパズキッチン」や「海と日本さばける塾」を地域の方をお招きして毎年開催しています。学生にとっては、サービス精神、思いやり、おもてなしの心、この全てを身を持って理解できるチャンス。そして、地域の中にある大学の教員だからこそ、学生だからこそできることや発想を大事にして、普段生活する地域と住民の活性化に努めることが私たちにできる社会貢献です。自分のために一生懸命やってみても幸福感には繋がらない。人様のお役に立ったと思うと「幸せ」だと実感します。それこそが「相手を思いやる心」なのです。

パパズキッチンの様子。まずは小林先生が調理を実演。その後、学生のサポートと共に親子で調理を実践する

授業・ゼミの雰囲気

「気づき」が「自信」に繋がり、社会性・積極性が養われる授業や実習

授業や実習・実験などを通して、また、特別な学びの場がたくさんあります。例えば、学内実習では附属幼稚園のお弁当を提供します。園児の喜ぶ顔を見ると、また美味しくお弁当を作ろうと思うことでしょう。校外実習では、希望により病院・介護福祉施設・小学校・事業所などで実習を行います。社会の厳しさや、人に対する優しさを経験します。その他、オープンキャンパス、学科行事、ボランティア、インターシップ、サークル活動などに積極的に参加することで新たな自分を発見し自信をつけることができることでしょう。

「相手を思いやる心」「サービス精神」がしっかり身に付く指導を心がけているそう

キミへのメッセージ

できる時にできることを実践し、輝く存在として自己実現してください

人生の中で、できる時にできることを実践してください。郡山女子大学の建学の精神「尊敬」「責任」「自由」は、女性として人間としてどの様に生きるべきかを示したものです。この学校で、輝く自分を実現しましょう!

病院勤務時代に患者さんから貰った感謝の手紙は、冊子にまとめて宝物にしている

小林 澄枝先生

小林先生自身も郡山女子大学の卒業生。卒業後は総合病院などに管理栄養士として23年間勤務。「食事の喜びは7日間しかもたない」という考えから、病院では10日間ごとにイベントを実施し、患者さんの心を食事面からもサポートすることを心掛けていたそう。「食事を提供して喜んでもらえたり、退院の際に長いお手紙をいただいたり、栄養士のやりがいや素晴らしさを学生に教えるためこの学校に戻ってきました」と小林先生は語る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

郡山女子大学短期大学部(私立短期大学/福島)