• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 郡山女子大学短期大学部
  • 先生・教授一覧
  • 山口 猛先生(情報ビジネス)

私立短期大学/福島

コオリヤマジョシダイガクタンキダイガクブ

こんな先生・教授から学べます

先進テクノロジーで教育現場の未来を創る先生

情報ビジネス
地域創成学科 
山口 猛先生
先生の取組み内容

ICT環境対応の支援に関する研究を行っています。ICTはこれまでの学習方法をアクティブラーニング型へと発展させる大きな役割がある一方、従来の教授法に慣れている先生方は、ICTの利活用に四苦八苦しているのが現状です。その大きな問題の一つとして、教材のデジタル化があります。そこで、既存オフィスソフトの標準機能を用いるだけでも十分にデジタル教材が作成でき、また授業運営ができるような方法を研究しています。情報の分野は人々の生活を豊かにするためのツールです。ICTは、教育を支援するための道具でしかありません。利用する人間が情報機器に振り回されるのではなく、明確な目的と、それを実現するためのツールとして情報リテラシー・情報モラルが当たり前になる世の中になればよいと思っています。

ICT(Information and Communication Technology)を授業で実践

授業・ゼミの雰囲気

テクノロジーを正しく使うための「人間力」を、ボランティアを通して楽しく学ぶ

本学ではボランティア活動も積極的に取り入れています。キャンパス内での授業だけではなく、地域社会での活動を通して、考えるチカラや、素敵な大人になるための人間力を身につけてもらうことが目的です。知識・技術を活かすには、基礎となる人間力があってこそ。学生には多くのフィールドワーク・アクティブラーニングを通して、楽しく前向きに学んでもらえるように心がけています。また、テレビ局のスタジオ見学やアナウンサーとの懇談など、従来のマスメディアを理解し、現代社会で正しい判断を得るチカラを養う授業も行っています。

福島中央テレビで、マスメディアの現場を学ぶ授業も実施

キミへのメッセージ

地域創成学科は、様々なジャンルの学びが融合された遊園地のような場所です

将来を決め切れていない、何が得意なのか、何をしたいのかがわからない。そんな不安を抱えている人も多いと思います。地域創成学科はそんな皆さんのための学科です。自分の興味関心に合わせて学びを楽しみましょう!

中・高校時代は陸上部(長距離)に所属。現在もジョギングが趣味。フルマラソン自己ベストは3時間21分。

山口 猛先生

北海道札幌市出身。2002年3月、日本大学大学院工学研究科情報工学専攻修士課程を修了後、同年4月にIT系企業に就職し、文教関連のシステム導入・保守業務等のシステムエンジニア職として勤務し、2011年9月退社。同年10月より郡山女子大学短期大学部に勤務。システムエンジニア経験を活かし、情報処理系資格取得をめざす授業や、ビジネス系授業を担当。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

郡山女子大学短期大学部(私立短期大学/福島)