• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 戸板女子短期大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 山田 柚夏さん(服飾芸術科/ウェディングプランナー)

私立短期大学/東京

トイタジョシタンキダイガク

婚礼写真の撮影や披露宴の入場などで大活躍の日本庭園

先輩の仕事紹介

戸板で学び憧れたウエディングプランナーとして、心からやりがいを感じています

ウェディングプランナー
服飾芸術科/2015年3月卒
山田 柚夏さん

この仕事の魅力・やりがい

広大な日本庭園を擁する八芳園で、ウエディングプランナーとして働いています。お二人にとって結婚式が素晴らしい1日となるよう、丁寧にご要望をお聞きし、数か月前から準備を進めます。そして当日、お二人の幸せそうなお姿を拝見したときは、身内のように感動してしまいます。これまで多くの結婚式に立ち合わせていただきましたが、結婚式の数だけ物語があります。また、八芳園では年に1回、式を挙げたお二人を招待する無料パーティを開催するのですが、お子さんの誕生など、嬉しいご報告を頂くことも。お二人から三人、四人と増える幸せを、家族のような気持ちで見守らせていただけるのは、ウエディングプランナー冥利につきると思っています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

母校の戸板女子短期大学には、八芳園の方が講師となり「ウエディングプランナー」の仕事を教えてくださる授業があります。在学時の講師が齋藤さんでした。ウエディングプランナーをめざしていた私にとって、齋藤さんは憧れの的。それだけでなく、穏やかで優しくて、人としても素晴らしい方でした。いつしか齋藤さんを通じ八芳園にも興味を持つようになり、インターンシップに参加。職場の皆さんのプロの仕事を目の当たりにし、勉強になりました。また、12,000坪の緑と列席者からの祝福に包まれた新郎新婦様は本当に幸せそうで、この地でウエディングプランナーになることへの憧れが強くなりました。内定をいただいた時は、本当に嬉しかったです。

今も戸板で講師を務める齋藤ゆきさん。憧れの存在です

業界ココだけ話!

初めてご相談にいらっしゃるカップルの多くが、「結婚式って何をすればいいのかわからない」とおっしゃいます。そこで一般的な流れをご説明し、随所にお二人らしい演出を加えることを提案します。しかし、お二人らしさを探るためには、馴れ初めやご出身、列席者のお顔ぶれなど、これまでの人生や価値観といったプライベートなことをお聞きしなくてはなりません。また、「本当にここでやって良かった」と思っていただけるよう思いの丈をお話しいただきたいので、話しやすい雰囲気づくりを心がけています。お話しを伺ううち、お二人のために素敵な式にしたいという想いが強くなります。結婚式当日、一番感動しているのは私かもしれません。

ご相談では新郎新婦様との信頼関係を築くことが大切

【人の役に立つ】を大事に働く先輩のインタビュー動画をチェック!

 

山田 柚夏さん

(株)八芳園 勤務 ウエディングプランナー/服飾芸術科/2015年3月卒/ウエディングプランナーという仕事を意識したのは中学の頃。お姉さんが取り寄せた進学情報誌に、ウエディングプランナーをめざす学校があったという。「幸せの瞬間をお手伝いできる仕事なんて素敵すぎる!」と感じ、以来一途に憧れていた。そして、戸板女子短期大学に入学。ウエディングプランナーの勉強だけでなく、ITやビジネスマナー、英語など、社会に出たら必要になるであろうスキルが一通り学べることが決め手だった。さらに在学中、八芳園と出会い現在に至る。職歴は3年目。会場をひまわりで埋め尽くす結婚式が憧れだと、ひまわりのような笑顔で語ってくださった。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

戸板女子短期大学(私立短期大学/東京)