• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 東京
  • 戸板女子短期大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 宮本 麗奈さん(国際コミュニケーション学科/医療事務・医療秘書)

安心して来院いただけるような対応を心がけています

先輩の仕事紹介

「医療従事者の一員」として患者様に寄り添った対応を心がけています

医療事務・医療秘書
国際コミュニケーション学科 卒/2020年3月 卒
宮本 麗奈さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

医療事務の仕事は、病院で診療を受けた患者様の診療費用の計算をはじめ、受付業務からカルテの整理まで多岐にわたります。未だに初めて聞く専門用語があったり、急な対応を要する仕事も多く、日々学ぶことの連続ですが、その度にやりがいも感じています。先輩方も優しく指導してくださるので、自分自身で成長を感じながら働ける、とても恵まれた職場環境です。仕事をする上で気をつけているのは、患者様を温かくお迎えすること。病気という不安を抱えている患者様は、病院の長い待ち時間でさらに負担を感じていらっしゃると思います。少しでもその負担を軽減できるよう、医療事務が配慮し、お声がけすることも大切な仕事の1つだと思います。

この分野・仕事を選んだきっかけ

昔、病気になってしまった家族に付き添って病院に行った時、家族の不安をケアしてくださったスタッフの姿に憧れました。高校生の時、オープンキャンパスで医療事務の体験授業に参加し、会計入力やレセプト業務に興味を持ったことから、医療事務になることを決意。専門的な知識を有する職業のため、資格を持っていれば就職に有利なこと、女性の多い職場なので結婚後や出産後も続けられる仕事であることも決め手になりました。また、戸板女子短期大学は目指すキャリアに合わせ専門知識を学べて、幅広い知識やスキルも身につくと思いました。何より、在学生が優しく親切で、一人ひとりが生き生きと輝いて見えたのが印象的でした。

電話の対応は、「明るく」「丁寧に」を心がけています

学校で学んだこと・学生時代

戸板で過ごした2年間はとても充実していました。在学中は、医療事務の知識や技術だけでなく、医療の現場で使用される英会話、接遇マナー、ITと幅広く学び、多くの資格を取得できたことで自信が芽生え、勉強することが楽しく感じました。また、勉強以外で力を入れていたのが、広報スタッフ「チームといたん」の活動です。オープンキャンパスの企画運営として携わり、沢山の高校生や保護者の方と接するなかで、コミュニケーション能力や主体性、周りを見る力や先を読み行動する力が身につきました。医療事務の仕事は沢山の方々と関わりながら業務を遂行するため、戸板の2年間で得たもの全てが、今の仕事にとても活かせていると思います。

オープンキャンパスではプレゼンも担当しました

宮本 麗奈さん

IMS(イムス)グループ 新松戸中央総合病院 勤務 医療事務/国際コミュニケーション学科 卒/2020年3月 卒

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

戸板女子短期大学(私立短期大学/東京)
RECRUIT