• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 福岡
  • 香蘭女子短期大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 大友 可奈子さん(食物栄養学科/栄養士)

私立短期大学/福岡

コウランジョシタンキダイガク

食の喜びや楽しさを伝えるために工夫を凝らしています

先輩の仕事紹介

「食について語れる幼稚園教諭」として、子どもの食育活動に取り組んでいます

栄養士
食物栄養学科/2009年3月卒
大友 可奈子さん

この仕事の魅力・やりがい

「食べることに楽しさや感謝を感じることができる人間に成長してほしい」。私の職場である貝塚幼稚園は、そんな思いから、食育に力を入れています。私はここで幼稚園教諭として預かり保育の担任をしながら、子どものためのおやつ作りも担当。また、月に1度は各学年に向けた食育活動も行っています。自分の作ったおやつや料理を、子どもたちに「おいしい」と言ってもらえることや、自分が話したことを子どもたちが素直に吸収してくれるのがうれしくて。私が言った言葉や食育活動をきっかけに、子どもが苦手な食べものに興味を持ったり挑戦したりする姿を見ては、やりがいを感じています。

学校で学んだこと・学生時代

栄養士の母、幼稚園教諭のおばの姿を見て育った私。どちらの職業にも興味があり、進路選択に悩みましたが、子どもと遊ぶことや絵を描くことが好きだったこともあり、一旦は保育学科に入学しました。授業は楽しく、真剣に学んでいましたが、幼稚園実習に出かけた先で、子どもの好き嫌いや食べ残しが多い現実を目の当たりにしたのです。自分が幼い頃、母に食べ物の栄養について教えてもらったように、子どもたちに伝えることができたら、もっと食に興味を持ち、食べることを大切にするようになるはず。そんな思いから、「食について語れる幼稚園教諭」になることを決意。食物栄養学科に再入学して、栄養士の資格を取得しました。

純粋で素直な子どもの反応に刺激を受けています

これからかなえたい夢・目標

ゼロから始めた食育活動はテーマや内容、進め方など、試行錯誤の連続です。調理体験を通して箸の持ち方を学んでもらったり、野菜の葉っぱでふりかけを作って食べてもらったりと、子どもの成長段階に合わせて活動メニューはどんどん広がっています。私が伝えることを、子どもは純粋で素直に吸収してくれます。ですから、幼稚園で過ごす時間にできる限り食の大切さを伝えて、毎日の食事の意味や大切さを知り、健康な身体と心の基礎をつくってほしいと思います。そして、私が接した子どもたちが大人になっても、ここで一緒に学んだ食べ物のこと、栄養のことを少しでも覚えていてくれて、自分の生活に活かしてくれたらうれしいです。

食を通して健やかな心と体の基礎をつくりたい

大友 可奈子さん

学校法人 玄海学園 貝塚幼稚園勤務/食物栄養学科/2009年3月卒/大分県立双国高等学校(現:国東高等学校双国校)出身。香蘭女子短期大学 保育学科にて幼稚園教諭・保育士の資格を取得。2007年3月に保育学科を卒業した後、4月に食物栄養学科に再入学し、栄養士・フードスペシャリストの資格を取得する。卒業後は貝塚幼稚園に幼稚園教諭兼栄養士として就職。働きながら調理師・食育指導士(NPO法人日本食育協会認定)の資格も取得。幼児の発達をとらえ、栄養学的観点から「幼児の食のスペシャリスト」(フードコーチング・スーパーバイザー)として活動中。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

香蘭女子短期大学(私立短期大学/福岡)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路