• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 香蘭女子短期大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 池田 衣里さん(ファッション総合学科/ファッションディレクター)

私立短期大学/福岡

コウランジョシタンキダイガク

先輩の仕事紹介

着るだけでワクワクした気分になれる魔法のアイテムを、たくさんの人に届けたい

ファッションディレクター
被服科(現 ファッション総合学科)/2009年3月卒
池田 衣里さん

この仕事の魅力・やりがい

テーマを決めてデザインを描き、パタンナーへの説明や生地やパーツのセレクト、サンプルのチェックなど、ディレクターとしてブランドアイテムの企画製作に携わっています。自分が考えたデザインが完成して、それを気に入って購入していただけるのは本当にうれしいです。洋服は着ることによって人の気持ちやモチベーションを変えることができる魔法のアイテム。私はファッションは自分を表現する方法の一つで、自分らしくいるために必要なものだと思っています。商品を買ってくださった方に喜んでいただくのはもちろんのこと、身につけることがその方の自信や力につながるようなアイテムをたくさんつくっていきたいです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

幼い頃から洋服が大好きで、服飾を学ぶために香蘭女子短期大学に進学。販売職にも興味はありましたが、授業で自分の手を動かしてデザインしたりつくったりすることに楽しさとやりがいを感じ、企画に携われるアパレル企業への就職を志望しました。今の会社を選んだのは、可愛いものに関わりながら長く働きたいと考えていたから。長い歴史のあるブランド「PINK HOUSE」を持つ会社なら、自分の理想とする働き方ができると思ったのです。理想の環境で商品づくりに携わることができて、自分のデザインしたものをお客様に手にとっていただけるのは本当にうれしくて、やりがいを感じています。

学校で学んだこと・学生時代

2年という短期間に集中して学び、早く社会に出て経験を積めたのは良かったです。縫製やパターンの技術だけでなく、体のつくりやファッションの歴史、絵画の勉強など、幅広く学べたことが今の仕事に活かせていて、「あの時学べて良かったな」と感じています。チームで協力して作品をつくりあげた卒業制作のファッションショーも、忘れられない思い出です。流行に左右されず、いろいろな系統のファッションを楽しんだことも良い経験になりました。様々な洋服を着たことが、販売でお客様のニーズを引き出すきっかけになったり、デザインを考えるアイデアになったりしました。ぜひみなさんも、学生のうちに全力でファッションを楽しんでくださいね。

池田 衣里さん

株式会社MELROSE/被服科(現 ファッション総合学科)/2009年3月卒/山口県立熊毛北高等学校出身。香蘭女子短期大学卒業後、株式会社MELROSE入社。ファッションアドバイザー(販売員)を6年間経験した後、新ブランド立ち上げメンバーに抜擢され、店長に就任。2年半後にブランドディレクターに就任。女性雑誌の公認インフルエンサー(Instagramフォロワー3.6万人以上)として活動する顔ももつ。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

香蘭女子短期大学(私立短期大学/福岡)