• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 東京
  • 女子栄養大学短期大学部

私立短期大学/東京

ジョシエイヨウダイガクタンキダイガクブ

女子栄養大学短期大学部の風景

伝統ある教育体制で、優れた栄養士を輩出。「食・栄養・健康」のスペシャリストへ

創立80周年余となる本学は、栄養士養成のパイオニア的存在。充実した2年間のカリキュラムで卒業と同時に栄養士の資格を取得し、「食」と「健康」を通して人々の「幸福」に貢献できる人材を養成します。

女子栄養大学短期大学部の特長

女子栄養大学短期大学部の特長1

卒業後の進路も見据え、科目の構成に万全の配慮をしています

本学のカリキュラムは、栄養士資格取得に必要な科目に加え、将来の目的に合わせて学べる選択科目が充実しています。大学での学びは、社会で様々な事例に対応し、生涯成長し続ける専門職となるために大切な基礎となるものです。また、調理のできる栄養士の養成を目指し豊富な調理実習も開講しています。社会で即戦力として活躍する、管理栄養士をめざす、さらに深い学びを目指し女子栄養大学3年次に編入する等、卒業後には幅広い道が開かれています。女子栄養大学への編入を目指す学生に優先的な学園内推薦編入制度(実践栄養学科15名、食文化栄養学科10名)もあります。

女子栄養大学短期大学部の特長2

豊富な実習先で、給食管理の実務を経験。実社会で確かな力を育みます

2年次に給食管理実習を実施し、特定給食施設における栄養士業務の体験・見聞を通じて、栄養士の役割、専門性について理解を深めます。実習先は病院や学校、事業所、福祉施設(老人ホーム、保育所)などの特定給食施設。学生はその中から一施設を選択し、1週間ないし2週間の実務を経験します。実習の前後には、オリエンテーションや実習施設から指導者を招いての特別講義を実施。栄養計画や献立作成といった実習課題の準備を念入りに行います。また、実習後にはテーマごとに討論を重ねるなどのフォローも万全です。

女子栄養大学短期大学部の特長3

荒川区の健康づくり施策『あらかわ満点メニュー』の開発に協力

ゼミの一つ「あらかわ満点メニュー開発支援チーム」(栄養指導研究室/小澤啓子専任講師)が、外食機会の多い働き盛りの人々の健康を食生活の面からサポートするメニューを考案。荒川区の依頼を受け区内53店舗の飲食店と共にメニュー開発をしています(2018年11月現在)。現在では118種類のメニューを開発しています。本学では建学の理念である「実践栄養」の具体化を目的として自治体や企業、教育機関と連携や協力を推進しており、ゼミの学びにも反映されています。

右へ
左へ
女子栄養大学短期大学部の特長1

卒業後の進路も見据え、科目の構成に万全の配慮をしています

本学のカリキュラムは、栄養士資格取得に必要な科目に加え、将来の目的に合わせて学べる選択科目が充実しています。大学での学びは、社会で様々な事例に対応し、生涯成長し続ける専門職となるために大切な基礎となるものです。また、調理のできる栄養士の養成を目指し豊富な調理実習も開講しています。社会で即戦力として活躍する、管理栄養士をめざす、さらに深い学びを目指し女子栄養大学3年次に編入する等、卒業後には幅広い道が開かれています。女子栄養大学への編入を目指す学生に優先的な学園内推薦編入制度(実践栄養学科15名、食文化栄養学科10名)もあります。

女子栄養大学短期大学部の特長2

豊富な実習先で、給食管理の実務を経験。実社会で確かな力を育みます

2年次に給食管理実習を実施し、特定給食施設における栄養士業務の体験・見聞を通じて、栄養士の役割、専門性について理解を深めます。実習先は病院や学校、事業所、福祉施設(老人ホーム、保育所)などの特定給食施設。学生はその中から一施設を選択し、1週間ないし2週間の実務を経験します。実習の前後には、オリエンテーションや実習施設から指導者を招いての特別講義を実施。栄養計画や献立作成といった実習課題の準備を念入りに行います。また、実習後にはテーマごとに討論を重ねるなどのフォローも万全です。

女子栄養大学短期大学部の特長3

荒川区の健康づくり施策『あらかわ満点メニュー』の開発に協力

ゼミの一つ「あらかわ満点メニュー開発支援チーム」(栄養指導研究室/小澤啓子専任講師)が、外食機会の多い働き盛りの人々の健康を食生活の面からサポートするメニューを考案。荒川区の依頼を受け区内53店舗の飲食店と共にメニュー開発をしています(2018年11月現在)。現在では118種類のメニューを開発しています。本学では建学の理念である「実践栄養」の具体化を目的として自治体や企業、教育機関と連携や協力を推進しており、ゼミの学びにも反映されています。

右へ
左へ
女子栄養大学短期大学部の特長1

卒業後の進路も見据え、科目の構成に万全の配慮をしています

本学のカリキュラムは、栄養士資格取得に必要な科目に加え、将来の目的に合わせて学べる選択科目が充実しています。大学での学びは、社会で様々な事例に対応し、生涯成長し続ける専門職となるために大切な基礎となるものです。また、調理のできる栄養士の養成を目指し豊富な調理実習も開講しています。社会で即戦力として活躍する、管理栄養士をめざす、さらに深い学びを目指し女子栄養大学3年次に編入する等、卒業後には幅広い道が開かれています。女子栄養大学への編入を目指す学生に優先的な学園内推薦編入制度(実践栄養学科15名、食文化栄養学科10名)もあります。

女子栄養大学短期大学部の特長2

豊富な実習先で、給食管理の実務を経験。実社会で確かな力を育みます

2年次に給食管理実習を実施し、特定給食施設における栄養士業務の体験・見聞を通じて、栄養士の役割、専門性について理解を深めます。実習先は病院や学校、事業所、福祉施設(老人ホーム、保育所)などの特定給食施設。学生はその中から一施設を選択し、1週間ないし2週間の実務を経験します。実習の前後には、オリエンテーションや実習施設から指導者を招いての特別講義を実施。栄養計画や献立作成といった実習課題の準備を念入りに行います。また、実習後にはテーマごとに討論を重ねるなどのフォローも万全です。

女子栄養大学短期大学部の特長3

荒川区の健康づくり施策『あらかわ満点メニュー』の開発に協力

ゼミの一つ「あらかわ満点メニュー開発支援チーム」(栄養指導研究室/小澤啓子専任講師)が、外食機会の多い働き盛りの人々の健康を食生活の面からサポートするメニューを考案。荒川区の依頼を受け区内53店舗の飲食店と共にメニュー開発をしています(2018年11月現在)。現在では118種類のメニューを開発しています。本学では建学の理念である「実践栄養」の具体化を目的として自治体や企業、教育機関と連携や協力を推進しており、ゼミの学びにも反映されています。

右へ
左へ

女子栄養大学短期大学部からのメッセージ

8月のキャンパス見学受付は平日9時~16時までとさせていただきます。

また、8月12日(月)~15日(木)までの4日間および8月17日(土)は閉室となります。
閉室期間中は、坂戸・駒込キャンパスともに専門スタッフが おりません。
見学をご希望の場合は、受付にお申し出ください。

(8/7更新)

女子栄養大学短期大学部の関連ニュース

女子栄養大学短期大学部の学部・学科・コース

女子栄養大学短期大学部の学費(初年度納入金)

■2019年度納入金 <食物栄養学科> 173万9000円
(実験実習教育研究費26万6000円、施設費35万9000円含む)

女子栄養大学短期大学部の就職・資格

卒業後の進路データ (2018年3月卒業生実績)

就職希望者数118名
就職者数118名
就職率100%(就職者数/就職希望者数)
進学者数38名

就職支援

満足度の高い就職を目標に、一人ひとりにきめ細かな支援を心掛けています

1年次後期から就職活動が始まります。1日も早く、自分の将来像を描けるように、栄養士をはじめ「食」に関するさまざまな職種の仕事内容が理解できるような工夫をしています。掲示物を媒体にした紹介のほか、栄養士・商品開発・品質検査・食品製造・事務・料理助手など、実際に社会で活躍している先輩方から仕事の話を聞く機会を設けています。就職試験に関する模擬テスト、2年生の先輩による「就職活動体験談報告会」も開催。面接試験対策も充実させ、「模擬面接」を随時自信が持てるまで何回でも行うなど、一人ひとりの就職活動を力強くサポートしています。

女子栄養大学短期大学部の問い合わせ先・所在地・アクセス

入試広報課

〒350-0288 埼玉県坂戸市千代田 3-9-21
TEL:049-282-7331

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都豊島区駒込3-24-3 JR山手線「駒込」駅から北口を出て徒歩 3分
東京メトロ南北線「駒込」駅から5番出口を出て徒歩 3分

地図

 

路線案内

女子栄養大学短期大学部のブログ・インフォ

  • 2019年07月16日 16:11 facebook

    埼玉県産農畜産物を使用した3色餃子「豚de野彩(とんでやさい)餃子」を開発。 この程、埼玉県、全国農業協同組合連合会埼玉県本部、公益財団法人埼玉県学校給食会との協力により、県産農畜産物を使用した3色餃子「豚de野彩(とんでやさい)餃子」を開発しました。 この試みは、県産農畜産物の魅力を伝えるとともに消費拡大を目的としたもので、本学から、食文化栄養学科の内田静海さん、瀬沼芽衣さんが参加し、考案したものです(指導:田中久子先生)。 今後、11月から県内の学校給食メニューとして、また12月からは、JAグループさいたま組合員への「ふれあい食材」として取扱いが始まる予定です。 ●埼玉県ホームページ https://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/2019/0708-04.html

    https://www.facebook.com/169315756554553/posts/1315918951894222

  • 2019年07月11日 17:14 facebook

    「農園」でジャガイモ収穫祭を実施しました。 7月9日(火)・10日(水)の2日間、女子栄養大学「農園」でジャガイモ収穫祭を実施しました。 「農園」では、選択科目「農園体験」で、「ジャガイモ組」「サツマイモ組」「ダイコン組」に分かれ、実際に作物づくりを体験します。 今回は、ジャガイモの収穫時期にあわせ実施したもので、参加者には、野菜たっぷりのカレーが提供されました(学生は、ご飯持参です)。 秋の収穫時期にも、実施する予定です。

    https://www.facebook.com/169315756554553/posts/1312277735591677

  • 2019年07月06日 12:38 facebook

    原口和久鴻巣市長と学生が面談。 6月27日(木) 、本学食文化栄養学科の関根京佳さんが鴻巣市役所に招かれ、原口市長と面談しました。 関根さんは、「花のまち 鴻巣市」を食用花で盛り上げようとの想いから、日本薬科大学の学生とエディブルフラワー(食用花)を使用したランチを期間限定で提供している「薬食同源プロジェクト」に取り組んでいます。 今回の面談は、この取り組みに原口市長が興味をもたれたことによるもので、原口市長は「市を明るく盛り上げている」との認識を示しされ、感謝のお言葉をいただきました。

    https://www.facebook.com/169315756554553/posts/1308626012623516

  • 2019年06月26日 16:24 facebook

    「第27回関東学生弓道選手権春季トーナメント大会」団体戦で優勝!個人戦で準優勝! 5月4日(土)、東京武道館にて開催された「第27回関東学生弓道選手権春季トーナメント大会」にて、本学弓道部Bチームが団体戦で見事優勝(決勝戦女子出場チーム:11大学、12チーム)しました。 また、個人戦においても、7中/8射の成績により、保健栄養学科栄養科学専攻2年生の佐々木実優さんが準優勝となりました。 なお、今回のトーナメント大会は、「全国大学弓道選抜大会関東地区予選」を兼ねており、Bチームは、6月29(土)・30日(日)、明治神宮武道場至誠館弓道場で開催される「第31回全国大学弓道選抜大会」に出場することとなりました。 まずは、おめでとうございます!そして全国大会での健闘を祈っています!

    https://www.facebook.com/169315756554553/posts/1301506630002121

  • 2019年06月18日 16:51 facebook

    「第2回こどもめばえフェスタ」に「ニコニコ会」が参加します。 6月22日(土)、3331 Arts Chiyodaにおいて行われる「第2回こどもめばえフェスタ」に、学生のサークルである食育ボランティア「ニコニコ会」(指導:西村早苗先生)が、第1回に引き続き参加します。 この催しは、未就学児、小学生を対象としたもので、当日は、「楽しく食べよう♪」をテーマとしたエプロンシアターを行います。 催しの概要は以下よりご覧ください。 ■「第2回こどもめばえフェスタ」 https://kodomomebae.jp/index.html

    https://www.facebook.com/169315756554553/posts/1295226403963477

請求できるパンフはこちら

無料
大学案内資料(2020年度版)
無料
大学案内・募集要項(AO・推薦・一般・センター含む)
無料
2019年度入試問題集
女子栄養大学短期大学部(私立短期大学/東京)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • 大妻女子大学短期大学部

    学び続け、働き続けることのできる自立した女性を育成する。

  • 実践女子大学

    「都心の渋谷」「自然豊かな日野」。未来を育む2つのキャンパスで、社会で輝く女性に

  • 東京家政大学

    職業人養成138年。専門性を力に、生き方を自分で決められる女性に。

  • 帝京短期大学

    人格を磨き、社会で役立つ実学を身につける。

  • 共立女子大学

    東京の中心に位置する都会的で開かれたキャンパスで主体的に学び、「自立した女性」へ

  • 大妻女子大学

    学び続け、働き続けることのできる自立した女性を育成する。

  • 昭和女子大学

    19年9月スーパーグローバルキャンパス誕生。日米合同キャンパスで多様性受容力を養う

  • 東京家政学院大学

    世の中が変わる、家政が変える 東京家政学院大学

  • 女子栄養大学

    「食・栄養・健康」を実践的に学び、人々の健康を守るスペシャリストを育成します。

  • 戸板女子短期大学

    就職に強い!エアライン、ホテル、観光、アパレル、ウエディング、ビューティ、栄養士

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる