• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 兵庫
  • 神戸女子短期大学
  • 入試科目・日程
  • 学校推薦型選抜

神戸女子短期大学の入試科目・日程情報

【注意】下記に掲出されている入試情報は、2020年卒(去年の高校3年生)向けの情報です。

幼児教育学科

公募制推薦入試 後期 スタンダード型

募集人数
6名 ※合計:推薦入試後期(幼児教育学科)
個別学力試験
下記から1科目選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文を除く)
化学|化学基礎
生物|生物基礎
日本史|日本史B(明治時代末まで)
調査書|全体の評定平均値を評価の対象とします。
---
※調査書と基礎学力試験により選考する。配点率は調査書20%、基礎学力試験を80%とする。
※基礎学力試験問題は大学と短大で共通のマークセンス方式です。
※大学と短大の併願受験はもちろん、スタンダード型と得意科目重視型との併願受験も可能です。
ただし、得意科目重視型を受験する場合、必ず同一試験のスタンダード型と併願受験してください。
また、各学科が指定する科目の範囲内であれば、1回の受験で同一試験のすべての併願受験が可能です。
※スタンダード型で大学(2科目)と短大(1科目)とを併願受験する場合、大学と短大の受験科目が同じであることが出願の条件となります。ただし、短大は1科目試験ですので、2科目の中から短大の合否判定に使用したい科目を出願の際に選んでください。
※短大のスタンダード型(1科目)と得意科目重視型とを併願受験する場合、短大でも2科目受験し、スタンダード型(1科目)の合否判定に使用したい科目を出願の際に選んでください。
※2科目試験の場合、120分間で解答してください。(1科目試験は60分間)
試験日程
12/14

公募制推薦入試 後期 得意科目重視型

募集人数
6名 ※合計:推薦入試後期(幼児教育学科)
個別学力試験
下記から2科目選択 高得点の1科目を採用
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文を除く)
化学|化学基礎
生物|生物基礎
日本史|日本史B(明治時代末まで)
調査書|全体の評定平均値を評価の対象とします。
---
※調査書と基礎学力試験により選考する。配点率は調査書20%、基礎学力試験を80%とする。
※基礎学力試験問題は大学と短大で共通のマークセンス方式です。
※大学と短大の併願受験はもちろん、スタンダード型と得意科目重視型との併願受験も可能です。
ただし、得意科目重視型を受験する場合、必ず同一試験のスタンダード型と併願受験してください。
また、各学科が指定する科目の範囲内であれば、1回の受験で同一試験のすべての併願受験が可能です。
※スタンダード型で大学(2科目)と短大(1科目)とを併願受験する場合、大学と短大の受験科目が同じであることが出願の条件となります。ただし、短大は1科目試験ですので、2科目の中から短大の合否判定に使用したい科目を出願の際に選んでください。
※短大のスタンダード型(1科目)と得意科目重視型とを併願受験する場合、短大でも2科目受験し、スタンダード型(1科目)の合否判定に使用したい科目を出願の際に選んでください。
※2科目試験の場合、120分間で解答してください。(1科目試験は60分間)
試験日程
12/14

公募制推薦入試 前期A スタンダード型

募集人数
50名 ※合計:推薦入試前期・自己推薦方式(幼児教育学科)
個別学力試験
下記から2科目選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文を除く)
化学|化学基礎
生物|生物基礎
日本史|日本史B(明治時代末まで)
調査書|全体の評定平均値を評価の対象とします。
---
※調査書と基礎学力試験により選考する。配点率は調査書20%、基礎学力試験を80%とする。
※基礎学力試験問題は大学と短大で共通のマークセンス方式です。
※前期A・Bともに大学と短大の併願受験はもちろん、スタンダード型と得意科目重視型との併願受験も可能です。ただし、得意科目重視型を受験する場合、必ず同一試験のスタンダード型と併願受験してください。
また、各学科が指定する科目の範囲内であれば、1回の受験で同一試験のすべての併願受験が可能です。
※大学・短大ともに《前期A(11月2日)午前》と《前期B(11月2日)午後》の両方に出願することができます。
※前期A・Bともに大学と短大とを併願受験する場合、大学と短大での受験科目が同じであることが出願の条件となります。
※短大の前期Bスタンダード型(1科目)と得意科目重視型を併願受験する場合、短大でも2科目受験し、スタンダード型(1科目)の合否判定に使用したい科目を出願の際に選んでください。
※2科目試験の場合、120分間で解答してください。(1科目試験は60分間)
試験日程
11/2

公募制推薦入試 前期A 得意科目重視型

募集人数
50名 ※合計:推薦入試前期・自己推薦方式(幼児教育学科)
個別学力試験
下記から2科目選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文を除く)
化学|化学基礎
生物|生物基礎
日本史|日本史B(明治時代末まで)
調査書|全体の評定平均値を評価の対象とします。
---
※調査書と基礎学力試験により選考する。配点率は調査書20%、基礎学力試験を80%とする。
※基礎学力試験問題は大学と短大で共通のマークセンス方式です。
※前期A・Bともに大学と短大の併願受験はもちろん、スタンダード型と得意科目重視型との併願受験も可能です。ただし、得意科目重視型を受験する場合、必ず同一試験のスタンダード型と併願受験してください。
また、各学科が指定する科目の範囲内であれば、1回の受験で同一試験のすべての併願受験が可能です。
※大学・短大ともに《前期A(11月2日)午前》と《前期B(11月2日)午後》の両方に出願することができます。
※前期A・Bともに大学と短大とを併願受験する場合、大学と短大での受験科目が同じであることが出願の条件となります。
※短大の前期Bスタンダード型(1科目)と得意科目重視型を併願受験する場合、短大でも2科目受験し、スタンダード型(1科目)の合否判定に使用したい科目を出願の際に選んでください。
※2科目試験の場合、120分間で解答してください。(1科目試験は60分間)
試験日程
11/2

公募制推薦入試 前期B スタンダード型

募集人数
50名 ※合計:推薦入試前期・自己推薦方式(幼児教育学科)
個別学力試験
下記から1科目選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文を除く)
化学|化学基礎
生物|生物基礎
日本史|日本史B(明治時代末まで)
---
※調査書と基礎学力試験により選考する。配点率は調査書30%、基礎学力試験を70%とする。
※基礎学力試験問題は大学と短大で共通のマークセンス方式です。
※前期A・Bともに大学と短大の併願受験はもちろん、スタンダード型と得意科目重視型との併願受験も可能です。ただし、得意科目重視型を受験する場合、必ず同一試験のスタンダード型と併願受験してください。
また、各学科が指定する科目の範囲内であれば、1回の受験で同一試験のすべての併願受験が可能です。
※大学・短大ともに《前期A(11月2日)午前》と《前期B(11月2日)午後》の両方に出願することができます。
※前期A・Bともに大学と短大とを併願受験する場合、大学と短大での受験科目が同じであることが出願の条件となります。
ただし、短大の前期B(スタンダード型)は1科目試験ですので、2科目の中から短大の合否判定に使用したい科目を出願の際に選んでください。
※短大の前期Bスタンダード型(1科目)と得意科目重視型を併願受験する場合、短大でも2科目受験し、スタンダード型(1科目)の合否判定に使用したい科目を出願の際に選んでください。
※2科目試験の場合、120分間で解答してください。(1科目試験は60分間)
試験日程
11/2

公募制推薦入試 前期B 得意科目重視型

募集人数
50名 ※合計:推薦入試前期・自己推薦方式(幼児教育学科)
個別学力試験
下記から2科目選択 高得点1科目を採用
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文を除く)
化学|化学基礎
生物|生物基礎
日本史|日本史B(明治時代末まで)
---
※調査書と基礎学力試験により選考する。配点率は調査書30%、基礎学力試験を70%とする。
※基礎学力試験問題は大学と短大で共通のマークセンス方式です。
※前期A・Bともに大学と短大の併願受験はもちろん、スタンダード型と得意科目重視型との併願受験も可能です。ただし、得意科目重視型を受験する場合、必ず同一試験のスタンダード型と併願受験してください。
また、各学科が指定する科目の範囲内であれば、1回の受験で同一試験のすべての併願受験が可能です。
※大学・短大ともに《前期A(11月2日)午前》と《前期B(11月2日)午後》の両方に出願することができます。
※前期A・Bともに大学と短大とを併願受験する場合、大学と短大での受験科目が同じであることが出願の条件となります。
ただし、短大の前期B(スタンダード型)は1科目試験ですので、2科目の中から短大の合否判定に使用したい科目を出願の際に選んでください。
※短大の前期Bスタンダード型(1科目)と得意科目重視型を併願受験する場合、短大でも2科目受験し、スタンダード型(1科目)の合否判定に使用したい科目を出願の際に選んでください。
※2科目試験の場合、120分間で解答してください。(1科目試験は60分間)
試験日程
11/2

公募制推薦入試 前期C

募集人数
50名 ※合計:推薦入試前期・自己推薦方式(幼児教育学科)
個別学力試験
前期Aの高得点科目
前期B(スタンダード型)の1科目
調査書
---
※個別試験は実施しません。
※前期Aと前期Bの両方受験していることが必須条件です。
※前期Cで大学に出願する場合、前期Aと前期Bで大学を両方受験していることが出願の条件です。
同じく前期Cで短大に出願する場合も、前期Aと前期Bで短大を両方受験していることが出願の条件です。
※大学と短大へはそれぞれ1学科ずつ併願受験が可能です。
※大学は前期Cで出願する学科の指定する科目を前期Aで受験していることが必要です。
短大の場合は前期Cで出願する学科の指定する科目を前期Bで受験していることが必要です。
試験日程
個別試験なし

公募制推薦入試 前期D(英検・GTEC方式)

募集人数
50名 ※合計:推薦入試前期・自己推薦方式(幼児教育学科)
個別学力試験
基礎学力試験(前期B)
英検もしくはGTECのスコア

加算のスコア帯
GTEC(旧GTEC〈4技能版〉、GTEC CBT含む)|870以上、800以上、770以上
GTEC(3技能版)|520以上、480以上、460以上
GTEC for STUDENTS|520以上、480以上、460以上
英検(英検CBT含む)|準2級以上
---
※個別試験は実施しません。
※前期Bで2科目受験していることが必須条件です。
※前期Dで短大に出願する場合、前期Bの得意科目重視型に出願する必要があります。
※GTECは検定日受験の「オフィシャルスコア」のみ出願可能です。
※ただし、2018、2017年度実施のGTEC(3技能版)とGTEC for STUDENTSに限り検定日以外に受験した「アセスメントスコア」での出願を認めます。
※GTECスコアは「アセスメントスコア」も含め2年間有効です。
※英検(英検CBT含む)、またはGTECを受験していることが必須条件です。
※英検の、準2級以上の合格証明書をご準備ください。(コピー可。合格した級と氏名がわかる部分を提出してください。)
※GTECを利用する場合は「オフィシャルスコア」のみ出願可能です。ただし、2018、2017年度実施のGTEC(3技能版)とGTEC for STUDENTSに限り検定日以外に受験した「アセスメントスコア」での出願も可能です。スコアレポートの原本をご準備ください。
※追加でスコアレポートを取り寄せる場合は高等学校の担任の先生に問い合わせてください。
※大学と短大へはそれぞれ1学科ずつ併願受験が可能です。
試験日程
個別試験なし

自己推薦方式

募集人数
50名 ※合計:推薦入試前期・自己推薦方式(幼児教育学科)
個別学力試験
下記から1科目選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文を除く)
化学|化学基礎
生物|生物基礎
日本史|日本史B(明治時代末まで)
面接|個人面接方式
自己推薦書|自分が最もアピールしたいことや各学科別テーマに沿った志望動機、入学後の抱負などについての自己推薦文
---
※基礎学力試験問題はマークセンス方式です。
※自己推薦方式での大学と短大との併願受験はできません。
※前期(A・B)との併願受験が可能です。
※配点率は基礎学力試験50%、自己推薦書・面接を50%とする。
試験日程
11/2

神女ファミリー方式

募集人数
若干名
個別学力試験
下記から1科目選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文を除く)
化学|化学基礎
生物|生物基礎
日本史|日本史B(明治時代末まで)
面接|個人面接方式
自己推薦書|自分が最もアピールしたいことや各学科別テーマに沿った志望動機、入学後の抱負などについての自己推薦文
---
※基礎学力試験問題はマークセンス方式です。
※神女ファミリー方式での大学と短大との併願受験はできません。
※前期(A・B)との併願受験が可能です。
※自己推薦方式と神女ファミリー方式は面接を同一時間に実施するため併願受験はできません。
配点率は調査書20%、基礎学力試験60%、自己推薦書・面接を20%とする。
試験日程
11/2

食物栄養学科

公募制推薦入試 後期 スタンダード型

募集人数
7名 ※合計:推薦入試後期(食物栄養学科)
個別学力試験
下記から1科目選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文を除く)
化学|化学基礎
生物|生物基礎
調査書|全体の評定平均値を評価の対象とします。
---
※調査書と基礎学力試験により選考する。配点率は調査書20%、基礎学力試験を80%とする。
※基礎学力試験問題は大学と短大で共通のマークセンス方式です。
※大学と短大の併願受験はもちろん、スタンダード型と得意科目重視型との併願受験も可能です。
ただし、得意科目重視型を受験する場合、必ず同一試験のスタンダード型と併願受験してください。
また、各学科が指定する科目の範囲内であれば、1回の受験で同一試験のすべての併願受験が可能です。
※スタンダード型で大学(2科目)と短大(1科目)とを併願受験する場合、大学と短大の受験科目が同じであることが出願の条件となります。ただし、短大は1科目試験ですので、2科目の中から短大の合否判定に使用したい科目を出願の際に選んでください。
※短大のスタンダード型(1科目)と得意科目重視型とを併願受験する場合、短大でも2科目受験し、スタンダード型(1科目)の合否判定に使用したい科目を出願の際に選んでください。
※2科目試験の場合、120分間で解答してください。(1科目試験は60分間)
試験日程
12/14

公募制推薦入試 後期 得意科目重視型

募集人数
7名 ※合計:推薦入試後期(食物栄養学科)
個別学力試験
下記から2科目選択 高得点1科目を採用
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文を除く)
化学|化学基礎
生物|生物基礎
調査書|全体の評定平均値を評価の対象とします。
---
※調査書と基礎学力試験により選考する。配点率は調査書20%、基礎学力試験を80%とする。
※基礎学力試験問題は大学と短大で共通のマークセンス方式です。
※大学と短大の併願受験はもちろん、スタンダード型と得意科目重視型との併願受験も可能です。
ただし、得意科目重視型を受験する場合、必ず同一試験のスタンダード型と併願受験してください。
また、各学科が指定する科目の範囲内であれば、1回の受験で同一試験のすべての併願受験が可能です。
※スタンダード型で大学(2科目)と短大(1科目)とを併願受験する場合、大学と短大の受験科目が同じであることが出願の条件となります。ただし、短大は1科目試験ですので、2科目の中から短大の合否判定に使用したい科目を出願の際に選んでください。
※短大のスタンダード型(1科目)と得意科目重視型とを併願受験する場合、短大でも2科目受験し、スタンダード型(1科目)の合否判定に使用したい科目を出願の際に選んでください。
※2科目試験の場合、120分間で解答してください。(1科目試験は60分間)
試験日程
12/14

公募制推薦入試 前期A スタンダード型

募集人数
54名 ※合計:推薦入試前期・自己推薦方式(食物栄養学科)
個別学力試験
下記から2科目選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文を除く)
化学|化学基礎
生物|生物基礎
調査書|全体の評定平均値を評価の対象とします。
---
※調査書と基礎学力試験により選考する。配点率は調査書20%、基礎学力試験を80%とする。
※基礎学力試験問題は大学と短大で共通のマークセンス方式です。
※前期A・Bともに大学と短大の併願受験はもちろん、スタンダード型と得意科目重視型との併願受験も可能です。ただし、得意科目重視型を受験する場合、必ず同一試験のスタンダード型と併願受験してください。
また、各学科が指定する科目の範囲内であれば、1回の受験で同一試験のすべての併願受験が可能です。
※大学・短大ともに《前期A(11月2日)午前》と《前期B(11月2日)午後》の両方に出願することができます。
※前期A・Bともに大学と短大とを併願受験する場合、大学と短大での受験科目が同じであることが出願の条件となります。
※短大の前期Bスタンダード型(1科目)と得意科目重視型を併願受験する場合、短大でも2科目受験し、スタンダード型(1科目)の合否判定に使用したい科目を出願の際に選んでください。
※2科目試験の場合、120分間で解答してください。(1科目試験は60分間)
試験日程
11/2

公募制推薦入試 前期A 得意科目重視型

募集人数
54名 ※合計:推薦入試前期・自己推薦方式(食物栄養学科)
個別学力試験
下記から2科目選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文を除く)
化学|化学基礎
生物|生物基礎
調査書|全体の評定平均値を評価の対象とします。
---
※調査書と基礎学力試験により選考する。配点率は調査書20%、基礎学力試験を80%とする。
※基礎学力試験問題は大学と短大で共通のマークセンス方式です。
※前期A・Bともに大学と短大の併願受験はもちろん、スタンダード型と得意科目重視型との併願受験も可能です。ただし、得意科目重視型を受験する場合、必ず同一試験のスタンダード型と併願受験してください。
また、各学科が指定する科目の範囲内であれば、1回の受験で同一試験のすべての併願受験が可能です。
※大学・短大ともに《前期A(11月2日)午前》と《前期B(11月2日)午後》の両方に出願することができます。
※前期A・Bともに大学と短大とを併願受験する場合、大学と短大での受験科目が同じであることが出願の条件となります。
※短大の前期Bスタンダード型(1科目)と得意科目重視型を併願受験する場合、短大でも2科目受験し、スタンダード型(1科目)の合否判定に使用したい科目を出願の際に選んでください。
※2科目試験の場合、120分間で解答してください。(1科目試験は60分間)
試験日程
11/2

公募制推薦入試 前期B スタンダード型

募集人数
54名 ※合計:推薦入試前期・自己推薦方式(食物栄養学科)
個別学力試験
下記から1科目選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文を除く)
化学|化学基礎
生物|生物基礎
---
※調査書と基礎学力試験により選考する。配点率は調査書30%、基礎学力試験を70%とする。
※基礎学力試験問題は大学と短大で共通のマークセンス方式です。
※前期A・Bともに大学と短大の併願受験はもちろん、スタンダード型と得意科目重視型との併願受験も可能です。ただし、得意科目重視型を受験する場合、必ず同一試験のスタンダード型と併願受験してください。
また、各学科が指定する科目の範囲内であれば、1回の受験で同一試験のすべての併願受験が可能です。
※大学・短大ともに《前期A(11月2日)午前》と《前期B(11月2日)午後》の両方に出願することができます。
※前期A・Bともに大学と短大とを併願受験する場合、大学と短大での受験科目が同じであることが出願の条件となります。
ただし、短大の前期B(スタンダード型)は1科目試験ですので、2科目の中から短大の合否判定に使用したい科目を出願の際に選んでください。
※短大の前期Bスタンダード型(1科目)と得意科目重視型を併願受験する場合、短大でも2科目受験し、スタンダード型(1科目)の合否判定に使用したい科目を出願の際に選んでください。
※2科目試験の場合、120分間で解答してください。(1科目試験は60分間)
試験日程
11/2

公募制推薦入試 前期B 得意科目重視型

募集人数
54名 ※合計:推薦入試前期・自己推薦方式(食物栄養学科)
個別学力試験
下記から2科目選択 高得点1科目を採用
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文を除く)
化学|化学基礎
生物|生物基礎
---
※調査書と基礎学力試験により選考する。配点率は調査書30%、基礎学力試験を70%とする。
※基礎学力試験問題は大学と短大で共通のマークセンス方式です。
※前期A・Bともに大学と短大の併願受験はもちろん、スタンダード型と得意科目重視型との併願受験も可能です。ただし、得意科目重視型を受験する場合、必ず同一試験のスタンダード型と併願受験してください。
また、各学科が指定する科目の範囲内であれば、1回の受験で同一試験のすべての併願受験が可能です。
※大学・短大ともに《前期A(11月2日)午前》と《前期B(11月2日)午後》の両方に出願することができます。
※前期A・Bともに大学と短大とを併願受験する場合、大学と短大での受験科目が同じであることが出願の条件となります。
ただし、短大の前期B(スタンダード型)は1科目試験ですので、2科目の中から短大の合否判定に使用したい科目を出願の際に選んでください。
※短大の前期Bスタンダード型(1科目)と得意科目重視型を併願受験する場合、短大でも2科目受験し、スタンダード型(1科目)の合否判定に使用したい科目を出願の際に選んでください。
※2科目試験の場合、120分間で解答してください。(1科目試験は60分間)
試験日程
11/2

公募制推薦入試 前期C

募集人数
54名 ※合計:推薦入試前期・自己推薦方式(食物栄養学科)
個別学力試験
前期Aの高得点科目
前期B(スタンダード型)の1科目
調査書
---
※個別試験は実施しません。
※前期Aと前期Bの両方受験していることが必須条件です。
※前期Cで大学に出願する場合、前期Aと前期Bで大学を両方受験していることが出願の条件です。
同じく前期Cで短大に出願する場合も、前期Aと前期Bで短大を両方受験していることが出願の条件です。
※大学と短大へはそれぞれ1学科ずつ併願受験が可能です。
※大学は前期Cで出願する学科の指定する科目を前期Aで受験していることが必要です。
短大の場合は前期Cで出願する学科の指定する科目を前期Bで受験していることが必要です。
試験日程
個別試験なし

公募制推薦入試 前期D(英検・GTEC方式)

募集人数
54名 ※合計:推薦入試前期・自己推薦方式(食物栄養学科)
個別学力試験
基礎学力試験(前期B)
英検もしくはGTECのスコア

加算のスコア帯
GTEC(旧GTEC〈4技能版〉、GTEC CBT含む)|870以上、800以上、770以上
GTEC(3技能版)|520以上、480以上、460以上
GTEC for STUDENTS|520以上、480以上、460以上
英検(英検CBT含む)|準2級以上
---
※個別試験は実施しません。
※前期Bで2科目受験していることが必須条件です。
※前期Dで短大に出願する場合、前期Bの得意科目重視型に出願する必要があります。
※GTECは検定日受験の「オフィシャルスコア」のみ出願可能です。
※ただし、2018、2017年度実施のGTEC(3技能版)とGTEC for STUDENTSに限り検定日以外に受験した「アセスメントスコア」での出願を認めます。
※GTECスコアは「アセスメントスコア」も含め2年間有効です。
※英検(英検CBT含む)、またはGTECを受験していることが必須条件です。
※英検の、準2級以上の合格証明書をご準備ください。(コピー可。合格した級と氏名がわかる部分を提出してください。)
※GTECを利用する場合は「オフィシャルスコア」のみ出願可能です。ただし、2018、2017年度実施のGTEC(3技能版)とGTEC for STUDENTSに限り検定日以外に受験した「アセスメントスコア」での出願も可能です。スコアレポートの原本をご準備ください。
※追加でスコアレポートを取り寄せる場合は高等学校の担任の先生に問い合わせてください。
※大学と短大へはそれぞれ1学科ずつ併願受験が可能です。
試験日程
個別試験なし

自己推薦方式

募集人数
54名 ※合計:推薦入試前期・自己推薦方式(食物栄養学科)
個別学力試験
下記から1科目選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文を除く)
化学|化学基礎
生物|生物基礎
面接|個人面接方式
自己推薦書|自分が最もアピールしたいことや各学科別テーマに沿った志望動機、入学後の抱負などについての自己推薦文
---
※基礎学力試験問題はマークセンス方式です。
※自己推薦方式での大学と短大との併願受験はできません。
※前期(A・B)との併願受験が可能です。
※配点率は基礎学力試験50%、自己推薦書・面接を50%とする。
試験日程
11/2

神女ファミリー方式

募集人数
若干名
個別学力試験
下記から1科目選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文を除く)
化学|化学基礎
生物|生物基礎
面接|個人面接方式
自己推薦書|自分が最もアピールしたいことや各学科別テーマに沿った志望動機、入学後の抱負などについての自己推薦文
---
※基礎学力試験問題はマークセンス方式です。
※神女ファミリー方式での大学と短大との併願受験はできません。
※前期(A・B)との併願受験が可能です。
※自己推薦方式と神女ファミリー方式は面接を同一時間に実施するため併願受験はできません。
配点率は調査書20%、基礎学力試験60%、自己推薦書・面接を20%とする。
試験日程
11/2

総合生活学科

公募制推薦入試 後期 スタンダード型

募集人数
7名 ※合計:推薦入試後期(総合生活学科)
個別学力試験
下記から1科目選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文を除く)
化学|化学基礎
生物|生物基礎
日本史|日本史B(明治時代末まで)
調査書|全体の評定平均値を評価の対象とします。
---
※調査書と基礎学力試験により選考する。配点率は調査書20%、基礎学力試験を80%とする。
※基礎学力試験問題は大学と短大で共通のマークセンス方式です。
※大学と短大の併願受験はもちろん、スタンダード型と得意科目重視型との併願受験も可能です。
ただし、得意科目重視型を受験する場合、必ず同一試験のスタンダード型と併願受験してください。
また、各学科が指定する科目の範囲内であれば、1回の受験で同一試験のすべての併願受験が可能です。
※スタンダード型で大学(2科目)と短大(1科目)とを併願受験する場合、大学と短大の受験科目が同じであることが出願の条件となります。ただし、短大は1科目試験ですので、2科目の中から短大の合否判定に使用したい科目を出願の際に選んでください。
※短大のスタンダード型(1科目)と得意科目重視型とを併願受験する場合、短大でも2科目受験し、スタンダード型(1科目)の合否判定に使用したい科目を出願の際に選んでください。
※2科目試験の場合、120分間で解答してください。(1科目試験は60分間)
試験日程
12/14

公募制推薦入試 後期 得意科目重視型

募集人数
7名 ※合計:推薦入試後期(総合生活学科)
個別学力試験
下記から2科目選択 高得点の1科目を採用
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文を除く)
化学|化学基礎
生物|生物基礎
日本史|日本史B(明治時代末まで)
調査書|全体の評定平均値を評価の対象とします。
---
※調査書と基礎学力試験により選考する。配点率は調査書20%、基礎学力試験を80%とする。
※基礎学力試験問題は大学と短大で共通のマークセンス方式です。
※大学と短大の併願受験はもちろん、スタンダード型と得意科目重視型との併願受験も可能です。
ただし、得意科目重視型を受験する場合、必ず同一試験のスタンダード型と併願受験してください。
また、各学科が指定する科目の範囲内であれば、1回の受験で同一試験のすべての併願受験が可能です。
※スタンダード型で大学(2科目)と短大(1科目)とを併願受験する場合、大学と短大の受験科目が同じであることが出願の条件となります。ただし、短大は1科目試験ですので、2科目の中から短大の合否判定に使用したい科目を出願の際に選んでください。
※短大のスタンダード型(1科目)と得意科目重視型とを併願受験する場合、短大でも2科目受験し、スタンダード型(1科目)の合否判定に使用したい科目を出願の際に選んでください。
※2科目試験の場合、120分間で解答してください。(1科目試験は60分間)
試験日程
12/14

公募制推薦入試 前期A スタンダード型

募集人数
54名 ※合計:推薦入試前期・自己推薦方式(総合生活学科)
個別学力試験
下記から2科目選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文を除く)
化学|化学基礎
生物|生物基礎
日本史|日本史B(明治時代末まで)
調査書|全体の評定平均値を評価の対象とします。
---
※調査書と基礎学力試験により選考する。配点率は調査書20%、基礎学力試験を80%とする。
※基礎学力試験問題は大学と短大で共通のマークセンス方式です。
※前期A・Bともに大学と短大の併願受験はもちろん、スタンダード型と得意科目重視型との併願受験も可能です。ただし、得意科目重視型を受験する場合、必ず同一試験のスタンダード型と併願受験してください。
また、各学科が指定する科目の範囲内であれば、1回の受験で同一試験のすべての併願受験が可能です。
※大学・短大ともに《前期A(11月2日)午前》と《前期B(11月2日)午後》の両方に出願することができます。
※前期A・Bともに大学と短大とを併願受験する場合、大学と短大での受験科目が同じであることが出願の条件となります。
※短大の前期Bスタンダード型(1科目)と得意科目重視型を併願受験する場合、短大でも2科目受験し、スタンダード型(1科目)の合否判定に使用したい科目を出願の際に選んでください。
※2科目試験の場合、120分間で解答してください。(1科目試験は60分間)
試験日程
11/2

公募制推薦入試 前期A 得意科目重視型

募集人数
54名 ※合計:推薦入試前期・自己推薦方式(総合生活学科)
個別学力試験
下記から2科目選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文を除く)
化学|化学基礎
生物|生物基礎
日本史|日本史B(明治時代末まで)
調査書|全体の評定平均値を評価の対象とします。
---
※調査書と基礎学力試験により選考する。配点率は調査書20%、基礎学力試験を80%とする。
※基礎学力試験問題は大学と短大で共通のマークセンス方式です。
※前期A・Bともに大学と短大の併願受験はもちろん、スタンダード型と得意科目重視型との併願受験も可能です。ただし、得意科目重視型を受験する場合、必ず同一試験のスタンダード型と併願受験してください。
また、各学科が指定する科目の範囲内であれば、1回の受験で同一試験のすべての併願受験が可能です。
※大学・短大ともに《前期A(11月2日)午前》と《前期B(11月2日)午後》の両方に出願することができます。
※前期A・Bともに大学と短大とを併願受験する場合、大学と短大での受験科目が同じであることが出願の条件となります。
※短大の前期Bスタンダード型(1科目)と得意科目重視型を併願受験する場合、短大でも2科目受験し、スタンダード型(1科目)の合否判定に使用したい科目を出願の際に選んでください。
※2科目試験の場合、120分間で解答してください。(1科目試験は60分間)
試験日程
11/2

公募制推薦入試 前期B スタンダード型

募集人数
54名 ※合計:推薦入試前期・自己推薦方式(総合生活学科)
個別学力試験
下記から1科目選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文を除く)
化学|化学基礎
生物|生物基礎
日本史|日本史B(明治時代末まで)
---
※調査書と基礎学力試験により選考する。配点率は調査書30%、基礎学力試験を70%とする。
※基礎学力試験問題は大学と短大で共通のマークセンス方式です。
※前期A・Bともに大学と短大の併願受験はもちろん、スタンダード型と得意科目重視型との併願受験も可能です。ただし、得意科目重視型を受験する場合、必ず同一試験のスタンダード型と併願受験してください。
また、各学科が指定する科目の範囲内であれば、1回の受験で同一試験のすべての併願受験が可能です。
※大学・短大ともに《前期A(11月2日)午前》と《前期B(11月2日)午後》の両方に出願することができます。
※前期A・Bともに大学と短大とを併願受験する場合、大学と短大での受験科目が同じであることが出願の条件となります。
ただし、短大の前期B(スタンダード型)は1科目試験ですので、2科目の中から短大の合否判定に使用したい科目を出願の際に選んでください。
※短大の前期Bスタンダード型(1科目)と得意科目重視型を併願受験する場合、短大でも2科目受験し、スタンダード型(1科目)の合否判定に使用したい科目を出願の際に選んでください。
※2科目試験の場合、120分間で解答してください。(1科目試験は60分間)
試験日程
11/2

公募制推薦入試 前期B 得意科目重視型

募集人数
54名 ※合計:推薦入試前期・自己推薦方式(総合生活学科)
個別学力試験
下記から2科目選択 高得点1科目を採用
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文を除く)
化学|化学基礎
生物|生物基礎
日本史|日本史B(明治時代末まで)
---
※調査書と基礎学力試験により選考する。配点率は調査書30%、基礎学力試験を70%とする。
※基礎学力試験問題は大学と短大で共通のマークセンス方式です。
※前期A・Bともに大学と短大の併願受験はもちろん、スタンダード型と得意科目重視型との併願受験も可能です。ただし、得意科目重視型を受験する場合、必ず同一試験のスタンダード型と併願受験してください。
また、各学科が指定する科目の範囲内であれば、1回の受験で同一試験のすべての併願受験が可能です。
※大学・短大ともに《前期A(11月2日)午前》と《前期B(11月2日)午後》の両方に出願することができます。
※前期A・Bともに大学と短大とを併願受験する場合、大学と短大での受験科目が同じであることが出願の条件となります。
ただし、短大の前期B(スタンダード型)は1科目試験ですので、2科目の中から短大の合否判定に使用したい科目を出願の際に選んでください。
※短大の前期Bスタンダード型(1科目)と得意科目重視型を併願受験する場合、短大でも2科目受験し、スタンダード型(1科目)の合否判定に使用したい科目を出願の際に選んでください。
※2科目試験の場合、120分間で解答してください。(1科目試験は60分間)
試験日程
11/2

公募制推薦入試 前期C

募集人数
54名 ※合計:推薦入試前期・自己推薦方式(総合生活学科)
個別学力試験
前期Aの高得点科目
前期B(スタンダード型)の1科目
調査書
---
※個別試験は実施しません。
※前期Aと前期Bの両方受験していることが必須条件です。
※前期Cで大学に出願する場合、前期Aと前期Bで大学を両方受験していることが出願の条件です。
同じく前期Cで短大に出願する場合も、前期Aと前期Bで短大を両方受験していることが出願の条件です。
※大学と短大へはそれぞれ1学科ずつ併願受験が可能です。
※大学は前期Cで出願する学科の指定する科目を前期Aで受験していることが必要です。
短大の場合は前期Cで出願する学科の指定する科目を前期Bで受験していることが必要です。
試験日程
個別試験なし

公募制推薦入試 前期D(英検・GTEC方式)

募集人数
54名 ※合計:推薦入試前期・自己推薦方式(総合生活学科)
個別学力試験
基礎学力試験(前期B)
英検もしくはGTECのスコア

加算のスコア帯
GTEC(旧GTEC〈4技能版〉、GTEC CBT含む)|870以上、800以上、770以上
GTEC(3技能版)|520以上、480以上、460以上
GTEC for STUDENTS|520以上、480以上、460以上
英検(英検CBT含む)|準2級以上
---
※個別試験は実施しません。
※前期Bで2科目受験していることが必須条件です。
※前期Dで短大に出願する場合、前期Bの得意科目重視型に出願する必要があります。
※GTECは検定日受験の「オフィシャルスコア」のみ出願可能です。
※ただし、2018、2017年度実施のGTEC(3技能版)とGTEC for STUDENTSに限り検定日以外に受験した「アセスメントスコア」での出願を認めます。
※GTECスコアは「アセスメントスコア」も含め2年間有効です。
※英検(英検CBT含む)、またはGTECを受験していることが必須条件です。
※英検の、準2級以上の合格証明書をご準備ください。(コピー可。合格した級と氏名がわかる部分を提出してください。)
※GTECを利用する場合は「オフィシャルスコア」のみ出願可能です。ただし、2018、2017年度実施のGTEC(3技能版)とGTEC for STUDENTSに限り検定日以外に受験した「アセスメントスコア」での出願も可能です。スコアレポートの原本をご準備ください。
※追加でスコアレポートを取り寄せる場合は高等学校の担任の先生に問い合わせてください。
※大学と短大へはそれぞれ1学科ずつ併願受験が可能です。
試験日程
個別試験なし

自己推薦方式

募集人数
54名 ※合計:推薦入試前期・自己推薦方式(総合生活学科)
個別学力試験
下記から1科目選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文を除く)
化学|化学基礎
生物|生物基礎
日本史|日本史B(明治時代末まで)
面接|個人面接方式
自己推薦書|自分が最もアピールしたいことや各学科別テーマに沿った志望動機、入学後の抱負などについての自己推薦文
---
※基礎学力試験問題はマークセンス方式です。
※自己推薦方式での大学と短大との併願受験はできません。
※前期(A・B)との併願受験が可能です。
※配点率は基礎学力試験50%、自己推薦書・面接を50%とする。
試験日程
11/2

神女ファミリー方式

募集人数
若干名
個別学力試験
下記から1科目選択
英語|コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
国語|国語総合(古文・漢文を除く)
化学|化学基礎
生物|生物基礎
日本史|日本史B(明治時代末まで)
面接|個人面接方式
自己推薦書|自分が最もアピールしたいことや各学科別テーマに沿った志望動機、入学後の抱負などについての自己推薦文
---
※基礎学力試験問題はマークセンス方式です。
※神女ファミリー方式での大学と短大との併願受験はできません。
※前期(A・B)との併願受験が可能です。
※自己推薦方式と神女ファミリー方式は面接を同一時間に実施するため併願受験はできません。
配点率は調査書20%、基礎学力試験60%、自己推薦書・面接を20%とする。
試験日程
11/2
神戸女子短期大学(私立短期大学/兵庫)