• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 神戸常盤大学短期大学部
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 杉本 彩菜さん(口腔保健学科/歯科衛生士)

私立短期大学/兵庫

コウベトキワダイガクタンキダイガクブ

いつも「笑顔」を心がけて、患者さんに接しています

先輩の仕事紹介

全身の健康に携わる「総合病院の歯科衛生士」の仕事にやりがいを感じています

歯科衛生士
口腔保健学科/2013年3月卒業
杉本 彩菜さん

この仕事の魅力・やりがい

病院歯科の外来には全身疾患を有する患者さんがたくさん来院され、それぞれの方に合わせた対応方法や、治療時の注意点があり、日々勉強しています。全身麻酔下に手術を受けられる方には、歯科衛生士が手術前、手術後に口腔ケアを行い、術後肺炎や感染予防のため積極的に口腔管理を行っています。働くうえで日々学ぶことはたくさんあります。歯科衛生士になった今でもわからないことがありますが、自主的に勉強し知識や技術を高めています。また、積極的に外部の勉強会にも参加し、歯科衛生士としてのスキルアップを目指しています。今後は自分の興味のある分野を明確にし、専門的な学びを深めたいと思っています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

中学時代から手に職をつけたいと考えており、資格が取得できる学校を進路として考えていました。昔から歯並びが良いと周りの友人に言われることが多く、歯並びが整って笑顔が増えると自分の自信にもつながる、そして歯を綺麗に保つことは健康面でとても重要だと知り、歯の健康をサポートする歯科衛生士について興味を持ちました。大学時代ではたくさんのことを学んでいくうちに、栄養を摂るための口の中の状態がきれいであることが健康に影響すると痛感。実習先の病院歯科で、入院患者さんに対して、食事を安全に食べるために歯科衛生士が口腔ケアを行っているのを見学し、全身の健康をサポートする病院の歯科衛生士をめざすようになりました。

患者さんに寄り添う施術を心がけています

分野選びの視点・アドバイス

歯科衛生士は国家資格であるため、結婚や出産後も復帰しやすく女性にとって働きやすい職業だと言われています。歯科衛生士の友人は結婚後も仕事を続けていますし、同じ職場の先輩も産休や育休を利用して復帰しています。就職活動では、実習中に現場を見たり、大学の先生のアドバイスを参考に自分の進みたい専門分野を絞っていきました。実習先では現場の歯科衛生士の生の声を聞くことができるので、将来の勤務先を考える参考になりますよ。また、私は学生時代のアルバイトで歯科医院の歯科助手として働いていました。学生のうちに様々な視点からの意見を聞いて、自分に合った職場を選ぶことで、就職後の満足度が大きく変わってきますよ。

歯科医師・歯科衛生士間の連携が重要です

杉本 彩菜さん

医療法人社団関田会ときわ病院 歯科口腔外科勤務/口腔保健学科/2013年3月卒業/職場では若手ながらも、キャリアを積んできた杉本さん。大学時代のエピソードを聞くと「オープンキャンパスにたくさん参加し、自分に合っていると感じた神戸常盤を選びました。1年次は主に座学で授業の科目数がたくさんあり、歯科以外の解剖や生理学などの勉強もしました。2年次からは1年間の臨地実習があり、日々忙しく過ごしていましたが、同じ歯科衛生士を目指す同級生と励まし合いながら、実習を乗り越え国家試験に向けて勉強しました。休みの日は友人と遊んだり、アルバイト・サークル活動など学生らしい過ごし方ができたと思います。」と語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

神戸常盤大学短期大学部(私立短期大学/兵庫)