• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 杉野服飾大学短期大学部
  • 先生・教授一覧
  • 井口 多恵子先生(服飾・被服学)

私立短期大学/東京

スギノフクショクダイガクタンキダイガクブ

こんな先生・教授から学べます

服づくりの技術を、基本の「き」から教えてくれる先生

服飾・被服学
服飾学科 
井口 多恵子先生
先生の取組み内容

本学では、1年次に服づくりの基礎を学んだうえで、2年次から専門性の高いコア科目を選択するカリキュラムを組んでいます。コア科目には「ドレスクリエーション」「コスチュームクリエーション」「アパレルクリエーション」があり、適性や目標に合わせて選択することが可能。私は「ドレスクリエーション」を担当しています。授業では1年次に学んだ服づくりの技術と知識を応用して、ドレスを創作していきます。デザインを考えるところから、製図、型紙、裁断、仮縫い、縫製といった、服づくりの流れをトータルで学ぶことができる授業です。2年次の後期には卒業制作として、自分が着ることを前提としたオリジナルデザインのフォーマルドレスを作成し、ステージで発表します。「服」というツールを使って、自分自身をプロデュースする感性も育んでいきます。

裁縫の経験がない人も、ごく基礎的なことから学んで、服づくりの技術を積み上げられる指導をしています

授業・ゼミの雰囲気

一枚の生地がイメージどおりに形を変え、服が出来上がる…ものづくりの醍醐味を味わえる授業

服は数時間で出来上がるものではない。デザインの作成から縫製までの作業工程をしっかり計画し、つくり上げていく継続力と、集中力が必要になる。「でも、心配いりません」と井口先生。自分が着るものを自らつくる喜び。一枚の生地がイメージしたとおりの形になっていく達成感……。そうしたものづくりの醍醐味を、井口先生の授業では存分に味わうことができる。「技術力が高まるにつれ、表現できることも広がり、さらにやる気が高まります。自分の成長を日々感じながら、楽しく学んでください」

服は着る人の感性や、価値観を伝えるツール。授業では一人ひとりに合った服をつくるセンスも磨きます

キミへのメッセージ

「好き!」という思いが、あなたの夢をきっと叶えます!

「ファッションが好き!」「ものづくりが好き!」という思いが、本学で学ぶ上で一番大切なこと。そのような気持ちがある人なら、必ず技術は身につきます。私たちがしっかり指導するので、ぜひ一緒に頑張りましょう!

服づくりの技術をやさしく指導してくれる井口先生は、多くの学生たちから慕われている

井口 多恵子先生

専門:服飾造形
略歴:杉野女子大学短期大学部被服科卒業後、ドレスメーカー学院師範科を卒業。その後、短期大学部被服研究室に勤務し、コア科目『ドレスクリエーション』を担当。「自分が“好きな服”と“似合う服”が同じとは限りません。またTPOに合う服を身に着けることが大切ですし、着る服にふさわしい振る舞いをすることも大事です。授業ではそうしたことも念頭に置き、服づくりの技術と自己プロデュース力を磨きます」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

杉野服飾大学短期大学部(私立短期大学/東京)