• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 東京
  • 星美学園短期大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 後藤 香澄さん(幼児保育学科/施設保育士)

私立短期大学/東京

セイビガクエンタンキダイガク

子どもの日常生活に密着できるのが魅力です

先輩の仕事紹介

家族的な関わりの中で子どもたちと接する今の職場環境は、理想そのものでした

施設保育士
幼児保育学科/2016年3月卒
後藤 香澄さん

この仕事の魅力・やりがい

楽しい!と思うことは毎日。大泣きされて当たられて、大変だと思うこともたくさんありますが、それも含めて今の仕事がとても好きで、日々幸せです。現在入職2年目。2歳から6歳までの子どもを8人受け持っているのですが、まだ私に対する試し行動が抜けない子もいて対応に悩むことも多々あります。しかし、子どもとの関わりの中での葛藤や不安を話せる同期も身近にいますし、頼りになる心理士さんやすぐに相談に乗ってくれるリーダーさんなど、周りには話を聞いてくれる方ばかり。あたたかい職場環境はありがたいです。家族的な関係の中でたくさん子どもと触れ合える今の仕事が自分の理想とほぼ一致しているので、やりがいは「すべての業務」です。

この分野・仕事を選んだきっかけ

中高時代から子どもたちの面倒を見たり遊んだりすることが好きで、保育士を目指すように。高校2年生の頃、星美のオープンキャンパスに来てフレンドリーな先輩方や、幼稚園教諭と保育士、特別支援学校教諭の資格を取得できる本科と専攻科のカリキュラム、星美学園幼稚園での5回の事前実習などに惹かれて入学を決意。5回の事前実習を経て幼稚園や保育所の実習を行ったものの「理想の保育とはなんか違う」と、幼稚園・保育所での働き方に違和感を覚えていました。そんな時、体験したのが泊まり込みで子どもたちと生活を共にする児童養護施設での施設実習。児童養護施設での働き方や子どもとの関わり方に魅力を感じ、今の仕事を選択しました。

外遊びはみんな元気いっぱい!庭や砂場で遊びます

学校で学んだこと・学生時代

よく覚えているのは5回の事前実習です。1回目は幼稚園児たちが帰った後に園見学。2回目は普段の子どもの様子を見学してみる、というように少しずつ子どもと関わる時間を増やし、5回目には子どもたちの前で部分実習として絵本の読み聞かせや、手遊び等の実演を体験。本実習に入る上での心構えや実習までの段取り、用意するものなどがハッキリとわかるようになっていて頼もしいシステムでした。保育の現場には多様な子どもたちと接するため、年齢ごとの成長過程や特別支援教育などを通じて、障がいを持っている子どもへの対応を学べたこともとても役立っています。今考えると怒涛の学生生活でしたが、毎日が学びの連続でした。

食事の準備や片付けも。家事力もアップします!

後藤 香澄さん

社会福祉法人扶助者聖母会星美ホーム 勤務/幼児保育学科/2016年3月卒/幼児保育学科卒業後、幼児保育専攻科(1年間)に進学し保育士の資格を取得。「5回の事前実習は保育の土台と言ってもいいくらい役立ちました」と当時を振り返る。保育士をめざしていたが、施設実習をきっかけに児童養護施設の保育士に興味を抱いた後藤さん。「星美ホームの方が授業で就職の説明に来てくださったのが今の職場を選んだきっかけ。職員の方の雰囲気に魅力を感じ試験を受けました」と語る。野外調理などの就職試験にも合格し、就職後は幼児部で2~6歳児のクラスを担当。園には『かすみちゃーん』と後藤さんを慕う子どもたちの声が響いていた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

星美学園短期大学(私立短期大学/東京)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路