• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 東京
  • 星美学園短期大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 高橋 優里佳さん(幼児保育学科/幼稚園教諭)

「次はこんなことを試そう!」と常にチャレンジ

先輩の仕事紹介

日々大きくなっていく子どもたち。間近で成長を喜べることが何よりも嬉しい!

幼稚園教諭
幼児保育学科/2018年3月卒
高橋 優里佳さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

現在は3歳児クラスの担任。子どもたちが安心して楽しく一日を過ごせるように、保育環境を整え活動しています。保育の環境づくりをする上で大切にしているのは、同僚や関係者間でのコミュニケーションです。現職場では年少組を二人で担当しているのですが、保育中や保育後にはペアの先生へ子どもの遊びや保護者からの連絡を共有。さらに、クラスの現状や子どもの様子を他の学年の先生方にも伝えることで、職員全体で協力して園生活の安心・安全を実現しています。子どもたちが私のところに一直線に走ってきてくれる姿や、「先生大好き」という一言など、子どもたちのかわいい表情や何気ない言葉が保育の原動力になっています。

学校で学んだこと・学生時代

学生時代はさまざまな物事に興味をもち、積極的に質問や参加することを心掛けていました。星美学園短期大学には学生が一から物語をつくり、協力して舞台を作りあげていく「テアトロ☆SEIBI」という取り組みがあります。私は脚本係に興味があり立候補。4人の友人と物語を作りあげ、主役のキャストも務めることができました。自分たちが作った物語を自ら演じ、たくさんの人たちに見て頂いたことは、自信につながり、学生生活の一番の思い出となっています。また、学業だけでなく対人関係について学べるのも魅力。学生に対していつでも親身に接してくれる先生方の優しさにふれた経験が、子どもたちに対する関わり方のヒントになっています。

子どもたちをよく見て、一人ひとりに寄り添って指導

分野選びの視点・アドバイス

高校時代に参加したオープンキャンパスでは、不安や疑問が解消できたと同時に学生や先生方の雰囲気を直に感じることでキャンパスライフのイメージを膨らませることができました。学生生活を過ごすのは自分自身。自分で選び、自分の目で見て学校を判断することが大切です。また、子どもたちは十人十色。保育の仕事を目指す場合、一人ひとりの個性を受け止め、良さを引き出していくにはどうしたら良いのかを考えることが重要です。星美学園短期大学では実習前に星美学園幼稚園で事前実習が行われるので、子どもたちの様子や遊び方を見ることができます。講義だけでは知ることができない、子どもたちの姿に実際に触れられたことは大きな強みです。

より良い保育のために職員間の会話も大切にしています

高橋 優里佳さん

学校法人 星美学園幼稚園 勤務/幼児保育学科/2018年3月卒/幼少期に通っていた幼稚園の先生に憧れ、幼稚園教諭を目指したという高橋さん。進路選択時に星美学園短期大学のオープンキャンパスに参加。専攻科に進学することで3年間しっかりと保育を学べる教育プログラムに魅力を感じ、入学を決意した。母園を訪問した保育実習ではやりがいを感じ、夢を再確認。専攻科修了後は園の雰囲気が優しく感じたという現職場へと就職した。「イメージを膨らませて遊ぶ子どもたち。道具を使いこなせなかったり想像通り作れなかったりと、さまざまな様子が見られます」と語る高橋さん。子どもたちの様子から常に学びを深め、自身も成長を続けている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

星美学園短期大学(私立短期大学/東京)
RECRUIT