• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 川口短期大学
  • 先生・教授一覧
  • 関根 久美准教授(保育)

私立短期大学/埼玉

カワグチタンキダイガク

こんな先生・教授から学べます

「子どもに楽しい時間をプレゼンしたい」がモットーの先生

保育
こども学科 
関根 久美准教授
先生の取組み内容

長年、幼稚園教諭や保育士として活動してきたなかで、私は「保育者ほど楽しくて、やりがいのある仕事はない」と心から実感しています。お話しや手遊び、歌遊びなどを通じて「楽しい時間」を共有するほどに、子どもたちは満面の笑顔で応えてくれます。赤ちゃんから1歳・2歳・3歳・4歳と年を重ねるに連れ、どの子も目に見えて進歩していきます。卒園式で、大きく成長した姿を見るたびに嬉しくなりますし、親御さんからも感謝されるからです。もちろん、保幼のダブル免許の取得には、さまざまな学習の積み重ねが必要ですが、「子どもに楽しい時間をプレゼンしたい」という想いを胸に努力していけば、必ずクリアできますし、現に本学科の卒業生は90%以上、保育園や幼稚園の先生になって活躍しています。ぜひ私と一緒に「楽しい保育」の勉強をしませんか。

これはパネルシアターといって、いろいろなシールをパネルに貼りながら、お話しを進める児童教育法です

授業・ゼミの雰囲気

楽しみながら実技が身につき、保育を幅広く学べるよう、充実したプログラムを用意しています

どうしたら子どもたちがいちばん喜ぶのか? パネルシアターやエプロンシアターなどを作成し、みんなで演じあうことで、楽しみながら保育の実技が身につくようにしています。また、七夕飾りやクリスマスのサンタブーツを手作りして、子どもたちに行事の楽しさを伝える授業、おむつ替えや調理といったベビーシッターの仕事を演習する「在宅保育」にも力を入れています。保育園や幼稚園での実習では、指導案を考えて実践して振り返る取り組みから母親の相談支援まで体験できるようにするなど、幅広く学べるプログラムを整えています。

エプロンシアターは、エプロンを舞台に、ポケットから人形を出したり貼り付けたりしながら物語を演じます

キミへのメッセージ

さあ、「子どもたちの未来の応援団」になりましょう

この学科には「子どもが大好きで、保育者になりたい」という同じ夢を持った学生が集まっています。子どもの笑顔を目の当たりにできる喜びをモチベーションに、子どもたちの未来を応援する保育士を目指しましょう。

オリジナルの手遊びなども制作しています

関根 久美准教授

専門/保育(乳児保育、在宅保育、保育所実習など)
略歴/短期大学卒業後、東京都公立幼稚園教諭として10年間勤務。その後、保育者養成の仕事に携わりながら、玉川大学大学院教育研究科で教育学を専攻し、修士課程を修了。さらに、東洋英和女学院大学など数校の大学を経て、再び保育園の保育士として活躍した後、川口短期大学こども学科の准教授に就任。乳児保育・幼児教育に関わる豊富な経験を活かして学生を指導している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

川口短期大学(私立短期大学/埼玉)