• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 岡山
  • 川崎医療短期大学
  • 先生・教授一覧
  • 居村 貴子先生(介護技術)

私立短期大学/岡山

カワサキイリョウタンキダイガク

こんな先生・教授から学べます

「ありがとう」を支えに、利用者本位の介護を追求する先生

介護技術
医療介護福祉科 
居村 貴子先生
先生の取組み内容

介護福祉士とは、支援を必要とする利用者さん対して「心」で寄り添い、最も密接に関わることのできる職種であると私は考えます。生活の場が、在宅・福祉施設・病院のどこであっても、利用者さんはよりよい生活を求めて、望みや目標を持って生活しています。介護福祉士は、利用者さんの「想い」を共有するとともに、望みをかなえるために「その人らしさ」を大切にした支援に取り組みます。そうして、望みや目標がかなった時、ともに喜びを分かち合える感動は何物にも代えがたいものです。現在、介護福祉士の活躍の場は、福祉施設だけではなく病院にも広がっています。医療の知識を備え、チーム医療においても活躍できる介護福祉士の養成をめざし、私自身の経験をもとに、学生たちへ介護のやりがいと技術を伝えています。

介護福祉士は「生活の伴走者」。利用者さんの小さな変化を、その人の一番近くで感じられることが魅力です

授業・ゼミの雰囲気

他科目との連携で知識と技術を接続し、利用者さんに対するコミュニケーション力や観察力を高める授業を展開

居村先生の担当は「介護技術」。学生たちは、2年間をかけて基本的な介護技術(移動・食事・入浴・排せつなどの介助)の習得をめざします。しかし、身体の状態や体調、気分や疲労感などは利用者さん一人ひとりで異なるため、授業では「方法は一つきりではないこと」「その瞬時に、必要な介助を判断できる力を養うこと」を強く伝えています。また、他科目の進捗を細やかに確認し、知識(理論)と技術(実践)を結びつけて理解できるよう授業を展開。医療に強い介護福祉士の養成をめざし、常にチームで介護技術の授業に取り組んでいます。

実習室は12台のベッドと移乗バーが整備され、少人数・個別演習に対応。利用者体験の機会を重視しています

キミへのメッセージ

困っている人がいる時、そっと手を差し伸べられる心優しい人に

相手のことを想い、寄り添うことのできる介護福祉士をめざして一緒に学びましょう。利用者さんの笑顔や「ありがとう」という感謝の言葉は、何物にも代えがたい喜びに溢れています。介護の魅力を共有してみませんか。

介護福祉士の魅力を「生活をともに歩んでいけること」と語る居村先生。利用者さんの笑顔が、意欲の源です

居村 貴子先生

専門分野/介護技術
略歴/福山市立女子短期大学を卒業後、介護老人保健施設にて介護福祉士として勤務。2017年より現職。助教。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

川崎医療短期大学(私立短期大学/岡山)