• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 岐阜
  • 中京学院大学短期大学部
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 小林 沙依さん(健康栄養学科/栄養士)

夢だった病院の栄養管理部で働いています。

先輩の仕事紹介

「病院でこんな食事ができるなんて!」と、患者さまに感激してもらえる献立を。

栄養士
健康栄養学科 卒/2015年卒
小林 沙依さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

病院の栄養士として、献立作成から発注、食数の管理などを行っています。自分のつくった献立が調理師さんの手によって形になり、患者さまに「美味しかった」と言ってもらえたときはとても嬉しかったし、達成感を覚えました。献立を立てるうえで私が心がけているのは、どんなメニューなら子どもからお年寄りまで喜んでもらえるのか、同じ食材や似たようなメニューが続いていないかなどです。喫食調査での結果や、過去に患者さまからいただいたコメントなどをもとに、喜んでいただける献立を考えています。「こんなメニューを病院で食べられるとは思わなかった!」と、患者さまに驚きと喜びを感じていただくことができたら最高ですね。

学校で学んだこと・学生時代

中京学院大学短期大学部の健康栄養学科では、栄養士になるために必要な栄養学などの専門知識を学びました。アットホームな短大なので同級生たちとはみんな仲が良く、授業でわからないことがあると、一緒に悩んで考えたり、教えあったりして、ともに成長することができたと思います。また、授業のほかに調理実習の時間がしっかりあったことも、いまの仕事に役立っています。実際に自分でつくってみることで、同じ食材でも調理法や盛り付け方によってさまざまな料理にできることを知り、さらに食に興味がわきましたし、調理する人のことも考えながら献立を立てることができるようになったと思います。

経験を重ね、今では発注管理を任されています。

分野選びの視点・アドバイス

ご存じのように、食物アレルギーを持つ方は年々増えています。そんな時代の栄養士は、さまざまなアレルギー除去食などに的確に対応できなければなりませんし、そのうえで子どもからお年寄りまで幅広い人に喜んでもらえる献立づくりができるスキルを身につけなくてはなりません。責任の重い仕事ですから、学生時代にしっかりと栄養学などの基礎知識と調理技術の両方を習得することが重要です。

正しい食事がセットされているか、入念にチェック!

小林 沙依さん

日清医療食品株式会社 所属/健康栄養学科 卒/2015年卒/小林さんが栄養士になろうと決めたのは、高校3年生のころ。幼いころから料理をしたりお菓子をつくったりするのが好きで、特技を生かし食に関する仕事がしたいと思ったのがきっかけだった。中京学院大学短期大学部では、勉強も遊びもアルバイトも、すべてに手を抜くことなく全力で楽しんだ小林さん。卒業後も良い関係でいられる友人ができたことが財産だと語る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

中京学院大学短期大学部(私立短期大学/岐阜)
RECRUIT