• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 東京
  • 帝京短期大学
  • 先生・教授一覧
  • 甲斐 範光先生(柔道整復学、保存的療法、徒手整復、固定法)

私立短期大学/東京

テイキョウタンキダイガク

こんな先生・教授から学べます

“治せる力”をもった、柔道整復師の育成に取り組む先生

柔道整復学、保存的療法、徒手整復、固定法
ライフケア学科 柔道整復専攻柔道整復コース(昼間部)
甲斐 範光先生
先生の取組み内容

本コースで目指す資格は柔道整復師です。この国家資格があれば、骨折や脱臼を手術することなく手技で治すことができます。これを徒手整復といい、柔道整復師の技術の一つです。受診する患者さんの症状を見極め、施術ができる柔道整復師の資格は、日本の医療資格の中では医師や歯科医師と同じ業務独占資格の一つなのです。腰や肩の痛みをマッサージで和らげる人というイメージを持たれがちですが、身体を動かすための器官である骨や関節、靱帯などのケガを治すことができるのが本来の柔道整復師の姿です。患者さんが訴える「痛い」にはさまざまな原因があります。患者さんに不安を与えないように気を付けつつ痛みの原因を特定し、最適の施術法を判断して施術ができる能力をもった「治せる柔道整復師」の育成に取組んでいます。

骨折でずれた骨を徒手整復で元に戻し、再びずれないようにギプスで固定する方法を教授。

授業・ゼミの雰囲気

実際に患者を想定した施術行為のシミュレーション試験(OSCE)を実施

「OSCEは医学部や歯学部で行われている『客観的臨床能力試験』のことです。本学はOSCEを取り入れている数少ない柔道整復師養成校の一つで、開学以来実施しています。」患者への挨拶から始まるOSCEでは、模擬患者との会話を通して学生が施術法を判断し、整復(折れた骨や外れた関節を治すこと)、固定を行い、日常生活上の注意を指導します。学生には柔道整復の技術だけでなく、適切な言葉遣いや態度も求められます。「OSCEを通してレベルの高い柔道整復師をどんどん増やしていきたいですね」と甲斐先生。

症状を聞き取りながらケガの状態を把握し、方針を決めたうえで治療を行う。患者への生活指導も大切な仕事。

キミへのメッセージ

『手当の心』をもった、真の医療者を目指しましょう!

医療者には転んだ我が子の膝に咄嗟に手を当てる、子を思う母心『手当の心』が必要です。どんなに高いレベルの知識や技術があっても、心がなければ医療者とはいえません。私たちと一緒に真の医療者を目指しましょう。

骨折や脱臼などのケガを徒手で元の状態に戻し、部位に応じた固定を行う“柔道整復術”を専門とする。

甲斐 範光先生

専門:柔道整復学、保存的療法、徒手整復、固定法
略歴:ライフケア学科の前身である帝京医学技術専門学校柔道整復学科での教育を含め、30年に亘り柔道整復師の教育・育成に携わる。一方で、骨折や脱臼で来院する患者さんに対し保存的療法(手術をしないで治療する方法)を施す。その技術の継承を目指し、“治せる柔道整復師”の育成を目標とする。
ライフケア学科 柔道整復専攻柔道整復コース(昼間部)および(夜間部)を担当。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…
学校イメージ

この学校のおすすめ記事

帝京短期大学(私立短期大学/東京)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路