• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東海学院大学短期大学部
  • 先生・教授一覧
  • 木戸 久二子先生(幼稚園教諭)

私立短期大学/岐阜

トウカイガクインダイガクタンキダイガクブ

先生・教授

子どもたちへの「正しい日本語」の伝え方を考え続ける 先生

木戸 久二子先生

幼児教育学科

【幼稚園教諭】
幼児教育 ・国語

言葉の基礎を身につけ、語彙数が急激に増加する大切な乳幼児期。その時期に教育者として接するのが保育士や幼稚園教諭です。この仕事を目指す人には、言葉の大切さを理解して子どもたちに伝えてほしい。そのためには自分の言葉も見直してほしいと思っています。日本語を話すこと、書くこと、読むこと。全てにおいて正しく、丁寧に、相手がわかりやすいようにと意識することが大切です。保護者などへの対応においても、正しい日本語を身につけておくことは重要です。保護者への連絡帳など手書きで文章を書く機会も多いのですが、その際に誤字脱字があったり、文字が汚かったりしたらどうでしょうか。場合によっては人格まで否定されてしまうこともあります。子どものためにも自分のためにも、恥ずかしくない日本語を身につけてほしいと願っています。

子どもへの読み聞かせでは、ただ声を出すだけではなく、興味を持ってくれるように話す工夫が大切です

授業・ゼミの雰囲気

質問や発表があるから、講義中も気が抜けない。幼児教育者としての基礎力が身につく

専門科目「保育内容の指導法・言葉」では、子どもの年齢に応じた言葉の発達や障害、言葉あそびの手法など、資格取得に必要な理論と保育法を学ぶ。授業の中で先生が心掛けているのが「声を出すこと」。「保育士や幼稚園教諭は自分が声を出して指導していく立場なのだから、学生のうちにしっかり出せるようになってほしい」と常に質問をしたり、積極的に意見を発表させたりしている。「子どもが好きというだけではなく、指導者としての知識・能力を身につけて、前向きに頑張れる人に保育者を目指してほしいですね」と木戸先生。

「国語」の授業では敬語も学ぶ。園長や保護者などに対して正しく敬語を話せるよう、声に出して覚える

キミへのメッセージ

保育・幼児教育にプラスできる強みを身につけることができます

本学では保育士や幼稚園教諭の資格とあわせて、様々な資格取得も目指せるので、自分の強みを持てますよ。「幼児教育の現場で活躍がしたい」というチャレンジ精神旺盛な人の入学を待っています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。
東海学院大学短期大学部(私立短期大学/岐阜)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路