• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 東京
  • 東京女子体育短期大学
  • 在校生レポート一覧
  • 根本 麻希さん(児童教育学科 幼保コース/2年)

将来、子どもたちの成長に関わっていくためには、幼児教育の基礎的な知識やスキルをしっかり身につけていくことが大切。その勉強を楽しみながらできるのが本学です!

キャンパスライフレポート

子どもたちの成長を自分のこととして喜べる幼稚園の先生になりたい!

児童教育学科 幼保コース 2年
根本 麻希さん
  • 栃木県 茂木高等学校 卒
  • クラブ・サークル: ストリートダンス部

私のキャンパスライフShot!

  • キャンパスライフPhoto

    親身な指導が受けられるので初心者でも安心

  • キャンパスライフPhoto

    練習は放課後、昼休み合わせて週5日です

  • キャンパスライフPhoto

    少人数なので学生同士の結束が強いのが特色

学校で学んでいること・学生生活

幼児教育の基本となる5つの領域(健康・人間関係・環境・言葉・表現)をはじめ、現場に立つために必要な知識を基礎から勉強中です。先生方の熱心さがダイレクトに伝わる少人数制なので学習意欲も高まります。また、個性豊かな先輩たちと触れ合える部活を通して広い視野から自分の将来を考えられるようにもなりました。

これから叶えたい夢・目標

将来は幼稚園教諭になりたいと考えています。私自身が子どもの頃からスポーツに親しみ、それを通してたくさんのことを得てきたので、子どもたちにも体を動かすことの楽しさや、無理のない運動の仕方をわかりやすく教えられるようになることが目標。そのために、授業や実習だけでなく部活も大切にしたいと思っています。

この分野・学校を選んだ理由

保育士をしている母の影響です。保育園の発表会の前などは大変そうでしたが、「こんなことができるようになったのよ」と園児の成長ぶりを嬉しそうに話してくれる母を通してやりがいのある仕事だと感じていました。

分野選びの視点・アドバイス

私が本学への入学を決意したのは、幼児教育だけでなく体育教育についても専門的に学べるカリキュラムがあったから。幼稚園教諭免許や保育士資格に自分の得意なことを付加したいと考えている方にはお勧めです。

1週間のタイムスケジュール

 
1限目 保育・教職(幼稚園)実践演習 スポーツ社会学 コーチング論
2限目 体育理論 子ども家庭支援論 レクリエーション演習 音楽BIV AB 保育内容総論B
3限目 保育・教育課程論AB 乳児保育 IIB 外国語コミュニケーション(英語)IIAB 子どもの食と栄養B
4限目 体育実技(含水泳)AB 子どもの健康と安全B 特別支援教育概論 総合表現(創作オペレッタ)B 社会的養護IIA
5限目
6限目

保育に関する5領域の授業は、保育の現場で必要な知識・スキルを養う実践的な科目。保育園での実習の際に「あの授業で先生が言っていたことは、このことだったのか!」と思い出すことが何度もありました。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が通っているのは...
東京女子体育短期大学(私立短期大学/東京)
RECRUIT