• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 東京
  • 新渡戸文化短期大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • H.Yさん(生活学科 食物栄養専攻/栄養士)

私立短期大学/東京

ニトベブンカタンキダイガク

給食の感想を言いに来てくれる子どもたちが可愛い!

先輩の仕事紹介

卒園後「保育園の給食、おいしかったなあ」と思い出してくれる給食作りを目指します!

栄養士
生活学科 食物栄養専攻/2015年卒
H.Yさん

この仕事の魅力・やりがい

この仕事の魅力は、子どもたちから「おいしかったよ」という言葉が聞けること。わざわざ給食室に立ち寄って声をかけてくれる子もいて、「いつもありがとう」なんて言われると「作ってよかった」と思いますね。月1回は新しい献立も考えます。まずは試作して、硬かったら柔らかくする方法を考えたり、食感がない時は食感のあるものを足したりと、試行錯誤。子どもは見た目で判断するので、彩りにも気をつけます。全体が茶色くならないように、グリンピースやサヤエンドウを乗せて。最近の人気メニューは、さつまいもをマヨネーズで和えた「さつまいものサラダ」。先生たちにも「おいしい」と評判でした。残さず食べてくれるとやっぱり嬉しいです!

学校で学んだこと・学生時代

新渡戸文化を選んだのは、オープンキャンパスで先生と学生の距離が近いと感じたこと。実際に学生一人ひとりと親身に関わってくれる学校でした。特に印象的だったのは、外部からプロのパティシエやイタリアンのシェフを招いて行われた実習の時間。製菓製パン実習で作ったケーキはおいしかった!保育園では12月にクリスマスケーキを作りますが、学生の時に身につけた知識や技術が役立っていると感じます。実習で様々な国の料理を学ぶことができるのも魅力でした。座学で好きだったのは調理学。例えば「ケーキにバターや牛乳を入れるといい香りがする」など、調理に活きる食材の特性を学ぶことができたので、アレンジの幅にもつながっています。

保育士さんと一緒に、子どもたちの食育をサポート。

これからかなえたい夢・目標

目指すのは、園児たちが小学校や中学校に行っても「保育園の給食、おいしかったなあ」と思い出してくれるくらい、おいしい給食を作れる栄養士になること。それが私の喜びでもあります。好き嫌いをなくす給食作りにも力を入れたいですね。私自身、つい最近までレバーが嫌いだったんですが、この保育園で臭みのないレバーのフライを食べたら克服できました!子どもたちにも苦手をなくしてほしいです。また栄養士の次のステップとして、管理栄養士の資格取得も目指しています。実務経験3年で受験資格が取れるので、働きながら勉強していこうと思っています。学生のころ身につけた知識をもう一度学び直して、管理栄養士を目指していきたいです。

手書きで作る「給食だより」はイラストも描いてます!

H.Yさん

社会福祉法人 誠和会 誠和保育園勤務/生活学科 食物栄養専攻/2015年卒/作った料理を「おいしい」と言ってもらえることに小学生の頃から喜びを感じたHさん。水泳に励むスポーツクラブで栄養士さんと出会い「ステキな職業だなあ」と思ったのが目指すきっかけに。「子どもたちに給食を提供できるのも魅力でしたし、保育士の姉が園から持ち帰ってくる給食がまたおいしくて!『みんな喜んで食べているよ』という言葉を聞いて、保育園の栄養士に決めました」と振り返る。「130名分の大量調理から献立作りや食材発注、カロリー計算、在庫管理まで担当しています。この仕事は『料理好き』が基本。忙しくても苦になりません!」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

新渡戸文化短期大学(私立短期大学/東京)