• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 奈良
  • 奈良芸術短期大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 古川 紋奈さん(美術科/バッグデザイナー)

思い切ってバッグデザイナーの世界に飛び込みました

先輩の仕事紹介

お客様の求める場面で自分の技術を最大限に発揮し、お手伝い出来ることが喜びです。

バッグデザイナー
美術科 クラフトデザインコース/2011年卒
古川 紋奈さん

この仕事の魅力・やりがい

現在、オリジナル商品やオーダーメイドの制作を展開し、レザーのバッグ、財布や小物などのデザイン、制作を行っています。お客様の要望にも答えつつ、常に使いやすさを一番に考えて、ものづくりをしています。デザインが良くても使いにくくてはいけないので、デザイン、機能性ともにお客様が満足して頂けるものを考えて制作しています。時代の流れと共に人から求められるものが常に変化をしていくので、「技術の向上と修練」を日ごろから意識してデザインや制作に取り組んでいます。オーダー頂いたお客様に出来上がった商品を納品して「想像以上です!」というお言葉を頂いた時には、仕事の大変さも吹き飛んでしまうくらいやりがいを感じます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

この仕事を選んだきっかけは、エンドユーザーの顔が見れることと、お客様と一緒に選び考え、自らの手で作り出していくこの仕事に魅了されたことです。大学では感覚的に理解していたものが、さらに形になって、見えない部分で今の毎日に活かされていると思います。その道を様々な面から追求してやりこんでいる、プロの先生方がすぐ側にいたという環境が一番よかったなと、仕事をするようになってよく分かりました。学生当時は手縫いだったけれど、革の鞄を作る上で普段から何か持ち歩けるものを作るということに興味があったのかもしれません。

最初から最後まで、全行程を自分ひとりで行っています

これからかなえたい夢・目標

今の世の中は安価で手に取りやすいモノが溢れかえっています。しかし、モノへのこだわりを持った方もいらっしゃいます。そんな中で、どれだけそういった方に出逢えるかというのが、私にとっても一生の課題です。「何かを裏付けるものがないと人を感動させるには難しい世の中になっていくのではないか」と思っています。今後は、新たなオリジナルモデルのバッグを作ることに挑戦していきたいと思っています。これはオーダー品とは別で、個人的に追求して進めたいことです。

デザインはもちろん、機能性にもこだわった作品

古川 紋奈さん

aya(フリーランス)/美術科 クラフトデザインコース/2011年卒/奈良芸術短期大学を卒業して2、3年後くらいから、デザインから制作まで全て自分で担当したいと、フリーランスでの制作を考え始める。現在、オリジナル商品やオーダーメイドの商品を展開中。レザーのバッグ、財布や小物などのデザインから制作までの全行程を全て一人でこなす。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
学校イメージ

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
奈良芸術短期大学(私立短期大学/奈良)