• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 奈良芸術短期大学
  • 先生・教授一覧
  • カズ・オオモリ先生(イラストレーター、グラフィックアーティスト、アートディレクター)

私立短期大学/奈良

ナラゲイジュツタンキダイガク

こんな先生・教授から学べます

ディズニーUSA公式イラストレーターとして活躍する先生

イラストレーター、グラフィックアーティスト、アートディレクター
美術科 デザインコース
カズ・オオモリ先生
先生の取組み内容

私の研究テーマは『エンターテインメント』です。エンターテインメントは人をワクワク、ドキドキさせてくれますが、「そうした感情は、イラストレーションやグラフィックのアプローチでどのように作用するか」ということについて、現場の仕事を通して研究しています。最近のビジュアルアプローチはモーションに移行しており、デジタルサイネージやプロジェクションマッピングをはじめ、AR(拡張現実)、 VR(バーチャルリアリティ)など動画を効果的に使用したコンテンツが増えつつあります。自分が実際に体感できるようになることで、エンターテインメント性が増す…そういった可能性を秘めていると思います。

技術を磨くことだけでなく、オリジナリティを探すことが大切です

授業・ゼミの雰囲気

デッサン力はもとより、洞察力や創造性も養う

オオモリ先生が担当している『イラストレーション実習』では、描くことの基本であるドローイング、デッサンを修得し、さまざまな画材を使用したアナログ表現、デジタル表現のスキルアップを目標としています。先生自身がデモンストレーションを行い、プロジェクターを活用するなどして現場での進め方を具体的に学びます。イラストレーターというと画力やアイデアなど個人の力だけが必要と思われがちですが、チームで仕事を行うことも数多くあります。あらゆる人と協力しながら作品を作り上げていくコミュニケーション能力も必要なのです。

作り手の立場を理解し、チームとして気持ちよく制作するためのマナーも身につけていく

キミへのメッセージ

絵が下手と感じている人も自信を持とう!キミにしか描けない絵があるはず

夢は叶えるもの。ただし努力なくして成し得ません。自分を信じてやり続けることが大切です。今はインターネットで世界が身近になっています。努力し続けて生まれてくるモノは世界中の誰かが見ていてくれるはずです。

先生も奈良芸卒業生。「少人数制で、学生の質問に対してすぐに役に立つ回答ができるのが魅力だと思います」

カズ・オオモリ先生

専門はイラストレーション、デザイン。デザイン事務所に勤務後、渡米。広告制作スタジオのインハウス・イラストレーターを経て帰国。現在はフリーランスのイラストレーターとして活動しながら、母校でもある奈良芸術短期大学デザインコース准教授として教鞭を執っている。ディズニーUSA公式イラストレーター、ソサエティ・オブ・イラストレーター協会会員、日本グラフィックデザイナー協会会員。(C)KAZ OOMORI/Disney

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

奈良芸術短期大学(私立短期大学/奈良)