• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 函館大谷短期大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 佐藤 美優さん(こども学科/保育教諭)

私立短期大学/北海道

ハコダテオオタニタンキダイガク

先輩の仕事紹介

こどもの成長が何よりやりがい。良い成長を叶えるために工夫する毎日が楽しい

保育教諭
こども学科 卒/2017年卒
佐藤 美優さん

この仕事の魅力・やりがい

現在は1歳児クラスを受け持っています。言葉を話し始める瞬間、言葉の数が増えていく毎日、やがて文章で話ができるようになる、こどもながらにルールを覚えながら周囲との関係をつくっていく・・・そんなこどもの毎日の成長を目の前で実感できる環境と、その成長に関わることができる保育の仕事にとても魅力を感じています。とはいえ、逆に責任も重大。1歳児クラスは、言葉を覚え始め、自我が芽生えてくる時期なので、言葉選びや伝え方などで慎重になることもしばしば。たとえば、ダメなことはダメとしっかり伝えるだけでなく、「いやだいやだ」という子には「こうしたらこうだよ」とポジティブな声がけをするようにしています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

母親と姉がともに保育士に従事していて、物心つく頃から保育の仕事を身近に感じる環境で育ちました。さらに、親戚に小さい子が多かったこともあり、中学生の頃から親戚のこども達や姪のお世話をしたり遊んだりする機会が多く、高校入学時には自然と保育士を志すように。進学先は函館で探していて、姉が函館大谷短期大学出身だったため、まずはオープンキャンパスへ参加しました。学内に入った瞬間「フィーリングが合う」と直感。ダンスや影絵などこどもを目の前にした実践的な学びの場所と時間が多いことと、在学生の明るく元気な姿と親身な先生の雰囲気にも惹かれました。姉からも「学生生活を楽しめたよ」と聞いていたので入学を決めました。

保育士の先輩である母親や姉に追いつくため日々奮闘中

学校で学んだこと・学生時代

こどもの発達や幼児教育について基礎から専門的な知識まで幅広く学びました。函館大谷短期大学は実習が多めです。というのも、学校にこども園が併設されていて、そこでの実習が頻繁にあります。こども達の反応や笑顔、先生方のこどもへの接し方に触れられたことで、現場でしか得られない実践力を習得。実際にこども達と触れ合いながら学んだことを実践する機会も多く得られました。また、就職サポートも充実しています。就職活動をしているときに、先生方から「就職先としてどうかしら?」など声をかけてくれただけでなく、それぞれの園の特長なども教えてくれたので、とても心強かったです。

学校で学んだPC操作もとても役に立っています

分野選びの視点・アドバイス

人とのコミュニケーションが好きな方や、こどもと一緒に遊ぶ中で「楽しい」「おもしろい」と素直に感じることができる感性を持っている方も保育士に向いていると思います。教育者のため、挨拶や礼儀など社会性は必須ですので、私も日頃から地域の方に挨拶をしたりするなど、こどもの見本になるように心がけています。

こどもの目線で楽しめる人にもピッタリな職業です

佐藤 美優さん

認定根崎こども園/こども学科 卒/2017年卒/母親も姉も保育士という「保育士一家」で育ち、自らも迷うことなく保育士の道を選択した佐藤さん。2017年に念願の保育士となって楽しく過ごす毎日。学生時代の現場での実習は1ヶ月など決められた期間での関わりだったが、実際に保育士となり責任の違いを実感したそう。「1年間を通しての成長を見るので、保育方法や仕事の計画的な進め方だけでなく、自主性も求められます」と語ってくれた。コミュニケーションをとるのが好きで、本人曰くおしゃべりなほうなのだとか。「こども好きはもちろんですが、人とコミュニケーションをとるのが好きな人にも保育士はおすすめです」とアドバイスもくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

函館大谷短期大学(私立短期大学/北海道)