• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 武蔵丘短期大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 小池 美咲さん(健康生活学科 健康栄養専攻/栄養士)

私立短期大学/埼玉

ムサシガオカタンキダイガク

5年生には地産地消を題材に食育を行いました

先輩の仕事紹介

盛り付けや子どもたちの反応を見て献立作りの参考に!

栄養士
健康生活学科・健康栄養専攻/2012年3月卒
小池 美咲さん

この仕事の魅力・やりがい

所属は学校ですが、基本的には給食センターでの勤務。献立作りや事務処理、食材発注、調理員への指示、味や温度の確認などをしています。少しでも温かく美味しい給食を子どもたちに届けられるよう、時間管理や食材の切り方も工夫。苦手な野菜も食べてもらえるよう、味付けや調理方法にもこだわっています。週に一回は学校に行って子どもたちに給食の感想を聞き、家庭科や生活科の時間に食育の授業を行うことも。子どもたちが12月に授業で行ったご飯とお味噌汁づくりを冬休みの宿題で実践したと知った時には「教えたことがしっかり身についている!」と感動しました。子どもたちの「給食おいしかったよ」という声も大きなやりがいになっています。

学校で学んだこと・学生時代

高校時代の恩師が「スポーツだけではなく食事も大事」ということを言ってくださる先生だったので、その時に栄養士の仕事を教えてもらい、スポーツ栄養を学ぶために武蔵丘短期大学に入学。在学中はスポーツ栄養のゼミに入って地域の少年サッカーの食育サポートを行っていました。水分補給のタイミングの他、「水分補給で摂る市販のスポーツ飲料にはたくさんの砂糖が入っているので、オリジナルドリンクを自分で作ってみよう」と子どもたちとスポーツドリンク作りにも挑戦。補食の摂り方や「この食事に何を足せばバランスよく栄養がとれるか」なども教えていました。この時の『人に教える』という経験は今、授業を行う上でとても役に立っています。

盛り付けや子どもたちの反応を見て献立作りの参考に!

分野選びの視点・アドバイス

早く社会に出られることや経済的な負担が少ないこと、興味のあったスポーツ栄養学を学べること、最短の2年で栄養士の国家資格を取得できることに惹かれて入学した武蔵丘短期大学。卒業してから学校で働く栄養技師という夢を叶えて、やはり4年制大学よりも2年早く現場に出られるという経験はとても大きなことだと感じています。栄養士の資格は必要となりますが、早く資格を取って卒業すればそれだけ早く現場で経験を積めます。本を読んで暗記しているだけでは能力を活かせず、現場で身を持って学ぶことで『本当に使えるスキル』を身につけることができたと実感。実務で覚えた知識や技術は忘れることもなく、自分自身の財産となっています。

学校で過ごす給食の時間は感想を聞ける貴重な機会です

小池 美咲さん

東松山市立野本小学校 所属/健康生活学科・健康栄養専攻/2012年3月卒/小学生の頃から食べることも給食も大好きで、将来の夢は「給食のおばちゃん」だったという小池さん。スポーツが好きでバスケットボールに熱中し、高校時代の恩師の影響を受けスポーツ栄養学に興味を抱く。「2年間で栄養学をしっかりと学び、栄養士の資格を取得できたことがよかったです」と学生時代を振り返る。卒業後は福祉施設で栄養士として経験を積み、学校給食の栄養技師へ。「将来は部活でスポーツに励む中学生の栄養指導にも携わりたいです。私と同じように『子どもが好き』『給食が好きで栄養士になりたい!』と思う子が増えればいいなと思っています」と語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
武蔵丘短期大学(私立短期大学/埼玉)