• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 埼玉
  • 武蔵丘短期大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 國吉 真佳さん(健康生活学科 健康スポーツ専攻/中学校教諭(保健体育))

短大で作ったキャラクターを今も授業で使用しています

先輩の仕事紹介

コミュニケーションを大切に、小さな変化にも気づきサポートできる教師でありたい!

中学校教諭(保健体育)
健康生活学科健康スポーツ専攻/2019年卒
國吉 真佳さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

公立中学校の体育教諭として、日々生徒たちと向き合っています。私のモットーは、「どんなことも生徒と一緒に全力で楽しむ」こと。体育の授業はもちろん、担当している部活動、修学旅行も全力で取り組んでいます。教師の仕事のやりがいは、「活気」と「信頼関係」だと実感することがしばしば。人と人とが関わる仕事ですから、時には感情的にぶつかりあってしまうこともあります。けれどもそれを乗り越えていくことで生徒たちとも分かり合え、よりよい信頼関係が生まれてきます。そのためにも生徒とのコミュニケーションを大切にして、どんな小さな変化にも気づきサポートできる教師でありたいと思っています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

中学生の頃から人と話したり、スポーツを楽しむことが好きでした。好きを仕事にしたいと考えたとき思い浮かんだのが体育教師。武蔵丘短期大学への進学を決めたのは、2年間でたくさんのことが学べ、教員免許やさまざまな資格が取得できるカリキュラムに魅かれたからです。教員免許を取得するには4年制の大学に進学する必要があると思っていましたが、武蔵丘短期大学なら2年間で中学校教諭二種免許状(保健体育)が取得できるとの情報を得て、「ここだ!」と思いました。短大のメリットは、2年間という期間で集中して学べること、そして早く社会に出られることです。早く教師として生徒と接したいと思っていた私にとって最適な学校でした。

授業前には「めあて」で流れの確認をしてから行います

学校で学んだこと・学生時代

あっという間の2年間でしたが、授業はどれも楽しく意欲的に参加できるものばかりでした。身体を動かす授業が多く、なかでもエアロビクスの授業はいつも先生方が全力で指導してくださるので、毎回とても楽しみでした。また解剖学やテーピングの授業は、現在部活の指導においてとても役立っています。さらに模擬授業で短大時代から人前に立つことに慣れていたせいか、入職後もあまり緊張することなく初日の授業を終えることができました。今思えば、武蔵丘の授業はすべて現場の仕事に直結するものばかり。在学中はさほど意識していなかったことでも、着実に身についていた実践的なスキルが全部自分の糧になっています。

生徒とともに強くなれる部活動は本当に楽しいです!

國吉 真佳さん

埼玉県公立中学校/健康生活学科健康スポーツ専攻/2019年卒/短大を卒業してから臨時教員として勤務し、埼玉県教員採用試験に合格して2021年4月より正規教員として勤務予定。短大卒業後2年目となり、ちょうど4年制大学を卒業したのと同じ採用になる。「毎日元気な生徒と向き合うには健康で明るく、人間性豊かな教育が求められることを実感。授業中は広い視野で常に生徒の動きに目を配り、安心・安全な授業運営に取り組んでいます。また授業以外にも教員にはやるべきことがたくさんあります。生徒、同僚、保護者に信頼されるような教員目指してこれからも頑張りたいですね」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

武蔵丘短期大学(私立短期大学/埼玉)
RECRUIT