• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 北海道
  • 北海道武蔵女子短期大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 佐藤 里咲さん(経済学科/地方公務員)

先輩の仕事紹介

市民の方から感謝の言葉をいただいた時に、仕事のやりがいをとても実感します

地方公務員
経済学科卒/2021年卒
佐藤 里咲さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

現在は、厚別区役所にて国民健康保険、介護保険、後期高齢者医療に係る事務を行なっています。窓口対応や電話対応のほか、窓口で受け付けた書類を処理しています。札幌市の中では小規模区ですが、幅広く有意義な知識を身につけられていると実感しています。区役所の仕事は、ワーク・ライフ・バランスを実現させられること、全ての仕事が市民のためになっていることが魅力です。窓口対応や電話対応などで、自分が説明した内容に対して、「わかりやすかった」「助かった」「ありがとう」などと感謝の言葉をいただいた時にやりがいを感じています。

学校で学んだこと・学生時代

北海道武蔵女子短期大学へは、就職率が高く、就職活動のサポートの手厚さが魅力で入学。ゼミナールでは、資料を作ってプレゼンテーションをしたり、他のメンバーと協力しながら発表の準備を進めました。人前で話す時のコツや、周りの人と協力しながら物事を進めていくことの難しさ、大切さを学ぶことができました。ゼミナールや学生広報スタッフの活動で培った「人に伝える力」は、どうすれば相手に伝わりやすいのか、また市民の方が何を求めているのかを意識できるようになり、現在の窓口業務でも活きていると実感しています。同級生は、「楽しい時はとことん楽しんで、やる時はやる」等の切り替えができるけじめのある素敵な友人ばかりでした。

笑顔が絶えず、とても賑やかなゼミナールでした

分野選びの視点・アドバイス

在学中は、勉学だけでなくコミュニケーションについても多くを学ぶことができました。また、資格取得、学生広報スタッフ、サークル活動、ボランティア活動などで様々な経験ができたため、自分に自信がつき、就職活動を円滑に進めることができました。今後も付き合っていきたいと思える友人に出会えたことも一生の宝物です。学生時代は自由な時間が多くあると思います。その時間を無駄にせず、様々なことを体験してください!また学生時代にしか体験できないことは沢山あります。その中で得た多くの学びを糧に、社会で活躍してほしいと思っています。

学生広報スタッフとしての経験は大切な宝物です

佐藤 里咲さん

札幌市 厚別区役所 勤務/経済学科卒/2021年卒/課内では仕事の状況の報連相を怠らないこと。それぞれが担当している仕事が違うため、お互いに連携を取り合うことで仕事が円滑に進むと考え、仕事の時間でも話しやすい環境を作るために、少しの休憩時間に積極的にコミュニケーションを取るようにしているという。「札幌市役所は、おおよそ4年に一度のペースで異動があり、様々な仕事を経験できることが特長だと思います。現在は国民健康保険、後期高齢者の給付関係の事務を担っていますが、今後はそれ以外の業務を経験し知識を増やしていきたいです。また市民や職員、様々な人の立場になって物事を考えられる人材が求められると思います。」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

北海道武蔵女子短期大学(私立短期大学/北海道)
RECRUIT