• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 愛知
  • 名古屋文理大学短期大学部
  • 学校の特長

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

実習豊富! プロフェッショナルの先生から学べます

栄養士と製菓衛生師、どちらの分野をめざすにしても豊富な実習を通して学べるのが魅力。栄養士専攻では調理学実習や食品学実験など、実験・実習が豊富です。製菓専攻もたくさんのお菓子・パンをつくりながら技術を磨く実習がいっぱい。授業を担当するのは経験豊かなプロフェッショナルな先生方。管理栄養士の資格を持つ先生やプロのパティシエとして人気ケーキ店を経営する先生、その日の室温や湿度でパンの焼き加減を調整するブーランジェの先生などから、本当に役立つことを学ぶことができます。学校の特長1

就職に強い

専門知識と技術+資格取得で就職に強みあり!

栄養士専攻、製菓専攻のどちらも専門知識・技術を身につけ、資格も取得できる(受験資格が得られるものもあり)から就職面でも強みあり! 栄養士専攻では卒業と同時に栄養士免許<国>を取得可能。卒業後3年の実務経験を積めば管理栄養士国家試験の受験資格も得られます。製菓専攻では在学中にパティシエとしての就職にも役立つ製菓衛生師国家試験を受験します。そして資格を取得した先輩たちの多くは実際に資格と技術を活かして専門分野に就職しています。資格を活かして長く働くなど、人生設計をきちんと立てている仲間も多くいます。学校の特長2

歴史や伝統がある

60年を超える伝統の栄養教育。だから業界にも頼れる先輩がいっぱい!

本学は農林省財団(当時)の食糧科学研究所を母体としており、60年を超える伝統のもと、一貫して栄養教育に取り組んできました。こうした伝統に裏づけられた教育は、業界でも高く評価されています。また、多くの卒業生が業界で活躍しているのも伝統のある本学ならでは(東海エリアの栄養業界には名古屋文理の卒業生が多いため、「文理軍団」という言葉もあるとか)。こうした卒業生ネットワークは学生たちの実習や就職、そして就職後の職場でも強力な味方となっています。もちろん、製菓衛生師などをめざす製菓専攻でもこうした実践教育の伝統が息づいています。学校の特長3
名古屋文理大学短期大学部(私立短期大学/愛知)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の特長を見る